のどの痛みに要注意。インフルエンザの経過と症状

咳をする女性

鼻水がでて、喉が痛い……。でも熱はないみたいだし、ただの風邪かな、と思っていたら大変重たい病気になっていた、なんてこともよく聞く話しですよね。

インフルエンザの症状としてよく出るのが高熱と体のだるさ。実はインフルエンザにおいて鼻水や喉の痛みはむしろ快方へ向かっている途中にあらわれることが多いのですね。

しかし、風邪の症状からインフルエンザへと以降することがあり、その時には喉の痛みはインフルエンザの前駆症状のように見えることがあるのです。

インフルエンザによる喉の痛みには適切な対処法を撮ることが必要です。この記事では、インフルエンザの喉の痛みと風邪の喉の痛みについて説明いたします。

スポンサーリンク

インフルエンザと風邪の関係

インフルエンザは、1日から3日程度の潜伏期間をおいて、病気が発症するとまず全身症状がでます。例えば

  • 38度以上の高熱
  • 関節痛、筋肉痛、頭痛
  • 全身の倦怠感、食欲不振

といった症状ですね。こうした全身症状は1日から3日ほど続きます。この時には悪寒や熱などが起こるのですが、これに続いて部分症状と呼ばれる症状が発症します。

  • 喉の痛み
  • 鼻水

このような症状は風邪の諸症状に酷似しています。インフルエンザで喉の痛みなどが発症するのは、実は治りかけの時が多いのです

インフルエンザと風邪は、ウイルスの種類や流行時期などが大きく異なります。風邪は、アデノウイルスやコロナウイルス、ライノウイルスや様々な細菌によって引き起こされます。37度から38度程度の微熱が起こります。喉の痛み、咳、鼻水や鼻づまりなどが起こります。また一年を通じて罹患する可能性がありますが、3日程度で治ることが多いそうです。症状がゆっくり進むことも特徴的です。

インフルエンザでは急激に全身症状がおき、インフルエンザウイルスによって引き起こされます。40度近い高熱を出します。乾燥した冬季に引き起こされ、世界的な流行(パンデミック)が引き起こされることがあります。

のどの痛みに注意が必要

薬を飲む女性

このように、インフルエンザでは急激な症状悪化が引き起こされるため、喉の痛みを感じてもそれは風邪の症状だと思い込んでしまうことが少なくありません。

しかし、のどの痛みは気道に細菌やウイルスが入り込んでいる時、あるいは気道が乾燥している時に起こるものです。喉の痛みは、喉や気道に炎症が起きている可能性が高く、粘膜が破壊されているため様々なウイルスや細菌が住み着きやすくなるのです。

のどの痛みの対処法

つまり、のどの痛みは体の弱りを伝えてくれるものなのです。のどが痛い時には体をいたわり、ゆっくり休むのがよいでしょう。しかし、それだけではインフルエンザ予防に十分とはいえません。また、インフルエンザで喉の痛みを感じる時には、実は快方へと向かっている時期であることが多いのですが、そこから風邪に罹患するということもあります。

のどが痛い時には、以下のようなことに気をつけましょう。

空気の乾燥に注意

空気の乾燥はのどに非常に悪い影響を与えます。空気が乾燥していると、のどに大きな負担がかかり、気道に細菌やウイルスがはり鋳込みやすくなってしまいます。最低でも湿度は35%以上に維持するのが理想です。

加湿器をかけているのがよいでしょうが、同時に空気清浄機もかけておくとより安心です。

のど飴やトローチをなめる

のど飴やトローチは喉を湿らせる効果があり、ものによっては殺菌消毒の効果も期待できます。トローチ剤は喉の痛みを抑える医薬品もありますので効果があります。

また、手頃にはハチミツやはちみつれもんを食べることもよいでしょう。特にハチミツは喉の痛みを抑える効果もあり、高い効果を期待することができます。

手洗いうがいを欠かさずに行う

手洗いとうがいをするようにしてみましょう。うがいはうがい薬の利用が薦められることもありますが、喉がひどく痛む場合には無理にうがい薬を使う必要はありません。

インフルエンザのウイルスは20分程度で細胞の中に入り込んでしまい、インフルエンザのウイルス退治にうがい自体はそれほど有効ではありません。しかし、定期的にうがいをすることで、喉の不快感を減らすことができ、痰や膿を吐き出すことができます。

また、炎症を抑える効果もあり、増殖したウイルスが気道をつたっていくことを少し防止することができるのも治療効果の一環として効果的です。

【第3類医薬品】のどぬ~るスプレー大容量 25mL
小林製薬 (2013-07-05)
売り上げランキング: 16,015

まとめ:インフルエンザ時ののどの痛みは快方の証拠

インフルエンザは最初に全身症状ができ、次に部分症状がでてきます。のどの痛みはその部分症状にあたり、風邪の症状にそっくりですが、実はこれは快方ヘ向かっている時のサインなのです。

インフルエンザ時の喉の痛みは、湿度を高め、うがいをしたりのど飴を舐めることでしのぎましょう。逆に、風邪の時の喉の痛みは、以降悪化していくことがあります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment