インフルエンザなのに熱なしの場合の3つの理由

広告ロゴ
熱

インフルエンザなのに熱なし?なんてことがあります。インフルエンザの特徴として、体がだるい、急激に38度以上の高い熱が出る、などの症状が挙げられますが、最近多い熱なしのインフルエンザとは一体どういうことでしょう。本記事では、熱なしのインフルエンザになる3つの理由と、普通の風邪との自覚症状の違い、熱なしインフルエンザのチェックポイントについてご紹介しています。

インフルエンザの流行する季節にウイルス感染者をむやみに増やさないためにも、ぜひ一読して頭の隅に置いてもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

インフルエンザを疑う症状

考える

インフルエンザの流行する冬から春にかけて、身体のだるさ、寒気、関節の痛みがあり、かつ38度以上の熱があるのなら、まず頭に浮かぶのはインフルエンザ感染ですね。しかし、体温は36度台から37度程度の微熱だと、通常の風邪ではないかと判断してしまいがちです。

このような微熱程度の症状でも熱なしインフルエンザかもしれない、と疑うチェックポイントがあります。通常の風邪よりも倦怠感が強い、熱なしなのに体の節々が痛い、頭痛がある、などのまるで発熱しているかのような症状を自覚しているならば、熱なしインフルエンザが疑われます。熱なしでもインフルエンザ検査をする病院も増えていますので大袈裟なことだと思わずに検査を受けましょう。

なぜ熱なしインフルエンザが起きるのか

では、インフルエンザにかかっているのになぜ熱が高くならないのでしょうか。発熱とは体の中でどんなことが起こっているのでしょう。発熱とはウイルスが体内に侵入(感染)して上気道に付着し炎症を起こします。そこで体の免疫機構が働き、白血球が感染を退治しようとします。その時に発熱物質ができるわけです。つまり体は熱で細菌を退治しようとして闘っているのですね。なぜ熱なしインフルエンザが起きるのでしょう。熱なしの理由はいくつか考えられます。

  • 市販の風邪薬を服用している「熱なし」
  • インフルエンザ予防接種を受けている「熱なし」
  • インフルエンザ感染者の半数は「熱なし」である

では次に、「熱なしインフルエンザ」の原因と考えられる3つの理由についてご案内します。

市販の風邪薬を服用している「熱なし」

市販の風邪薬を飲んでしまっている場合は、そこに含まれている発熱、頭痛、関節痛に対応して、すでにインフルエンザの症状を弱めている可能性があります。もしインフルエンザ予防接種も受けていたらなおさらです。インフルエンザに感染しているのに熱なしであれば、たいがい体は通常の風邪よりも辛いはずです。熱なしなのにどうしてこんなにだるいのだろう・・という感覚があれば早目の受診と検査が必要です。

インフルエンザの予防接種を受けている「熱なし」

昨今はインフルエンザの予防接種は必須である、とさえ思われています。予防接種を受けていないと高熱が出て命の危険を伴うのがインフルエンザである、と受け止めている人もいます。しかし、残念ながら予防接種を受けていてもインフルエンザにはかかってしまいます。インフルエンザワクチンにより体に抗体が出来るので症状は軽いものとなり、熱なしの症状が起こります。熱なしこそが感染を見逃す原因でもあるのです。

インフルエンザの感染者の半数は「熱なし」である

実はインフルエンザに感染しても熱が出るのは半数であるという研究報告もあります。熱なし、自覚症状なしの感染者もいるということです。必ず高熱と倦怠感の両方がある状態がインフルエンザだと思わずに、熱なしなのに普段の風邪よりも体がしんどい、熱なしなのに・・・という自覚症状がチェックポイントのひとつです。それと「熱なしインフルエンザ」があることを知っているだけでも役に立ちます。

熱なしインフルエンザでも気を付けなければいけないこと

熱なしなのにとてもだるい、普段の風邪ならこんなことはないのにおかしい、と感じつつも受診せずに過ごしていると、その間に周りの人にインフルエンザウイルスを移してしまうことになりかねません。発熱か、熱なしか、は症状の重さを確認する大事な項目です。しかし、インフルエンザだけでなく他にも熱なしの肺炎など「熱なし」であっても深刻な状態の病気もあります。

またインフルエンザで大事なのは、発症してから投薬までの時間です。発症後12時間以内なら理想的、24時間以内は効果が高い、48時間以上経つと徐々に効果が薄れるというデータがあります。検査でインフルエンザと判れば良い薬があるのに、検査と治療が遅れたために症状を長引かせることにもなるのは残念です。自分のためにも、周りの人のためにも、熱なしでも適切なタイミングで治療することが大切です。

一生インフルエンザにかからない体質の作り方
村上 一裕
フォレスト出版
売り上げランキング: 68,127

まとめ:熱なしでも普段の風邪と違うと思ったら受診をしましょう

本記事では、「熱なしインフルエンザ」と考えられる3つの理由とその時に気を付けることを書いてきました。そこで、適切な判断をすれば熱なしインフルエンザウイルスを周囲に広げることなく最小限に留めることができるとわかりました。また、発熱を伴うインフルエンザの場合も、解熱後も感染力の強いウイルスを保持している期間があります。発熱なしの場合だけでなく解熱後の熱なし状態も体を休め、マスクをして感染防止に努めましょう。

  • 市販の風邪薬を服用しているための「熱なし」
  • インフルエンザの予防接種を受けている「熱なし」
  • インフルエンザ感染者の半数は「熱なし」である

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。