吸入タイプの抗インフルエンザ薬の特徴と注意点

空

インフルエンザの薬には色々な種類がありますが、吸入するタイプの薬はリレンザとイナビルの2つだけです。

この2つの薬の市販タイプはありませんので、病院で処方してもらわなければなりません。この2つは比較的副作用が少なく安心して使うことができる抗インフルエンザ薬だと言われていますが、やはり薬ですのである程度注意することが必要です。ですから、吸入タイプのリレンザやイナビルを使用する前に、その薬の特徴と注意点を良く知っておく必要があるでしょう。

それでは、吸入タイプのリレンザとイナビルにはどのような特徴と注意するべき点があるのでしょうか?この記事ではこれらの点を幾つかご紹介してみたいと思います。抗インフルエンザ薬としてこれらの薬が処方された場合に、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

吸入タイプの抗インフルエンザ薬の特徴と注意点

インフルエンザの女性

吸入タイプの抗インフルエンザ薬として代表的なものはリレンザとイナビルだけだと思われます。他にも内服薬や点滴薬がありますが、どの薬を処方するのかということは、お医者さんによって違うようです。今回は吸入タイプの抗インフルエンザ薬を取り上げてみたいと思いますが、他の薬についてもある程度調べられることをおすすめ致します。

リレンザの特徴その1:効き目が早い

リレンザは効き目が早いことで知られています。これは、インフルエンザの症状に苦しめられている方にとって非常にありがたいことです。抗インフルエンザ薬としてリレンザが処方された場合は、使用上の説明を読んだうえで速やかに使用しましょう。また、リレンザに耐性を持つウィルスは国内ではまだ報告されていないと言われています。

リレンザの特徴その2:予防薬として使用できる

リレンザはインフルエンザの予防薬として使用することができます。といっても予防接種のような使用方法ではありません。インフルエンザを発症している家族がいる人で、高齢者、慢性心疾患者、糖尿病などの代謝性疾患患者、腎機能障害者の人がインフルエンザの予防としてリレンザを服用することができます。限定的ではありますが予防薬として使えるというのもリレンザの特徴だと言えます。

それでは次にリレンザの注意点についてご紹介致します。

リレンザの注意点その1:呼吸器系の病気の方には使用できない

リレンザは吸入タイプの抗インフルエンザ薬なので、呼吸器に問題のある方は使用することができません。このような場合、お薬手帳などを持っていれば薬剤師さんが気付いてくれると思いますが、そうでない場合は自分で呼吸器系の病気があることをお医者さんに申し出るようにしましょう。

リレンザの注意点その2:副作用

リレンザも薬ですので、どうしても副作用という問題を除くことはできません。副作用が起きたという人はタミフルに比べて少ないようですが、それでも発疹や蕁麻疹、また少しですが異常行動も報告されています。リレンザを使用するにあたっては副作用に注意することが必要です。

ここまでで抗インフルエンザ薬リレンザの特徴と注意点について幾つかご紹介いたしました。では次に同じ吸入タイプの薬であるイナビルの特徴や注意点をご紹介いたします。

イナビルの特徴その1:吸引が1度だけで済む

イナビルは長期作用型というタイプの抗インフルエンザ薬です。そのため、処方された場合一度使用すればタミフル5日分の効果が得られます。飲み忘れることもないという点がこの薬の大きな特徴です。

イナビルの特徴その2:純国産

イナビルは国産の抗インフルエンザ薬です。国内で始めた開発された薬剤としてよく知られています。国産ということで安心して飲むことができるという方もおられるのではないでしょうか?このこともイナビルの大きな特徴のひとつです。

とはいえイナビルにも注意するべき点はあります。ではご紹介してみたいと思います。

イナビルの注意点その1:呼吸器系に問題のある方は医師に相談してから使用する

イナビルも吸入タイプの抗インフルエンザ薬です。ですから、呼吸器系に問題のある方は注意が必要です。リレンザのように全く使用できないということは無いようですが、使用する前には医師に相談してからにしましょう。

イナビルの注意点その2:副作用

イナビルは重大な副作用が表われることはほとんどないと言われている薬ですが、それでも幾つか症例はあるようです。ショック症状やアナフィラキシーに注意しましょう。その他にも下痢や吐き気、蕁麻疹、発疹などにも注意が必要です。

まとめ:吸入タイプの抗インフルエンザ薬の特徴をよく理解して使用しましょう

この記事では吸入タイプの抗インフルエンザ薬の特徴について幾つかご紹介させていただきました。参考にしていただけたでしょうか?

リレンザやイナビルは比較的安心して使うことができる抗インフルエンザ薬ですが、注意するべき点もあります。使用する前に、よく特徴を理解されるようおすすめ致します。是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment