インフルエンザに対する抗生物質の効果と使い方

医師

インフルエンザにかかった時に、投薬処置としてどのような薬を服用すれば効果があるのか疑問を抱く方が多いと思います。

医者にかかるとほぼ薬を処方されますが、そのほとんどは基礎免疫力を邪魔しないような成分のものが殆どです。では、抗生物質はどうなのでしょうか。

今回は抗生物質がインフルエンザに効果があるのか、抗生物質を服用するのはどういった場合に適しているのかを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

抗生物質とは

最初に、インフルエンザに効果があるかどうかを知るために抗生物質が一体どのような物なのかを知っておく必要があります。まずここでは抗生物質の性質についての説明をしておきましょう。

抗生物質の特徴

寝不足の男

抗生物質は、バクテリアやカビなどの細菌から発症する重病化しやすい病気に対して開発された薬品で、その効果は大変効果がありそれまで重病化・業病化してきた病状を改善するのにとても役立ってきました。

抗生物質がその効果を発揮するのは細菌類の微生物です。これらが原因になっている病気に対しては抗生物質の投与が良く見られます。

副作用について

しかしながら、抗生物質が使用されるようになってからこの乱用が原因となり、抗生物質に耐性を持つ細菌が発生し、さらに強い抗生物質が開発されるという事態が日に日に深刻化しつつあります。

また、アレルギーを持つ患者の場合にはその使用を控えるケースもあります。体質によってあげるぎー反応を起こしショック状態に陥ってしまうペニシリンショックなどがその具体例として挙げられます。

そのほかにも、抗生物質そのものに体内最近の善悪を見分ける機能はなく、服用することで町内善玉菌も攻撃し体内環境を整える最近まで死滅させてしまう場合があります。その副作用として胃腸や肝機能の障害、湿疹、頭痛・めまい・精神障害などが発生する場合があります。

抗生物質が効果的な病状

抗生物質が効果がある病状とは、特徴の説明でも触れたようにバクテリアやカビなど細菌が原因の病気を上げることができます。

免疫不全に陥った患者や髄膜炎など体内の炎症を鎮静化する場合、また最近による感染症や赤痢など腸内環境が著しく悪玉菌の活発化に陥った場合などには抗生物質に頼らなければなりません。

インフルエンザに効果があるのか

では、ここからは実際に抗生物質はインフルエンザにどのような効果があるのかを見ていくことにしましょう。

インフルエンザはウィルスによるもの

インフルエンザ発症の原因はウィルスによるものです。ウィルスは細菌とは違います。

バクテリアやカビなどの細菌は自分で繁殖する細胞で、人体に寄生することなく増殖することからその研究も進められており、それぞれの細菌に合わせた抗生物質が開発されています。

また、細菌はDNAとRNA両方の核酸を持っていることで人体に寄生するのではなく体内の栄養素を取り込むことで増殖し、その作用を生み出します。そのため、善玉菌が町内で活発になると体調が回復する作用が働くわけです。

つまり、悪玉菌や人体に悪影響のある細菌は、体内で毒素を生産するために人体に悪影響があり、これらの作用は抗生物質で抑制することができるのです。

それに対し、ウィルスというのは核酸が一つしかないため生きた細胞に寄生しないと増殖することができません。これはどういう事かというと、体内で増殖するために人の細胞に増殖遺伝情報を送り込み、細胞を乗っ取るわけです。

ウィルスによって乗っ取られた細胞は次々と繁殖を繰り返すようになり、体内細胞がウィルスに変わっていくという連鎖が起きます。生きた細胞がある限り次から次へと繁殖を繰り返すウィルスには抗生物質は効果がありません。

インフルエンザなどのウィルス性の感染症は基礎免疫力を高めるのが現在一般的な治療方法とされているのもそのためです。

インフルエンザで用いる場面とは

では、インフルエンザで抗生物質を使うことは全くの的外れな事なのでしょうか?

決してそうではありません。インフルエンザに感染すると、そのウィルスの働きが原因で人体の免疫力は急激に低下していきます。免疫力が低下すると、当然バクテリアなどの細菌が繁殖しやすい環境へと変わっていきます。それらの細菌がみな善玉菌なら問題ないのですが、およそ抵抗力が低下した時に繁殖する細菌は悪さをするものと相場が決まっています。

このような場合には免疫力を補助する意味で抗生物質が非常に役立ちます。ただし、日常的に抗生物質を多用していると、その効果は低減してしまいます。抗生物質はこのような重病化や感染症・合併症のおそれがあるような緊急時のときにこそ、その効果を生かすことができるという事です。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 182

まとめ:インフルエンザで抗生物質を使う時のポイント

今一度抗生物質の特徴をつかみ、インフルエンザの時にどのような効果があってどのように使えばいいのかをもう一度おさらいしておきましょう。

  • インフルエンザウィルスには効果はない
  • インフルエンザからの合併症には効果がある
  • 抗生物質の特性を知っておくことが大切
  • 用法は医師の指示に従う事
  • 普段から多用しない

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment