子供のインフルエンザの症状について気を付けてあげたいこと

インフルエンザの女性

子供がインフルエンザの症状にかかると、学校・園を5日間は休まなくてはならず、毎冬猛威をふるうインフルエンザのせいで学級閉鎖になってしまうところも多数出ますよね。インフルエンザウイルスには、A型・B型・C型と三種類もの型が存在し、このうちよく流行するのがA型とB型です。主なインフルエンザの特徴的な症状として、高熱(38~40度)が出るというのは大人も子供も同じです。

では、子供のインフルエンザの症状について、大人と違って気を付けてあげたい大切なことは何でしょう。子供は大人と違って日頃から体温も高く、高熱が出ても「あれ、いつもの風邪と違うぞ。これは大変だ」と大人のようには判断することが出来ません。そのため大人よりも発見が遅れがちになってしまいます。そして何より怖いのが子供のインフルエンザの症状から引き起こされる合併症です。

今回は、これらを親御さんが把握しておくため、子供のインフルエンザの症状と、それについて引き起こされる合併症などについてもう少し詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

風邪とインフルエンザの見分け方を把握する

子供

子供のインフルエンザの症状として、さっきまで元気に遊んでいたのに、急に高熱が出た!といった感じで始まることが多いです。普通の風邪は、主にのどの痛みや鼻水などの初期症状から始まります。このように他にも様々な症状の違いが見受けられます。

空気感染と接触感染

インフルエンザは空気感染です。その中でも飛沫感染が最も可能性が高く、飛沫感染とは、咳やくしゃみなどのしぶきに含まれる病原微生物を、周囲の人が吸い込むことで感染します。この場合、空気感染と違ってしぶきの届く範囲に限られ、病原微生物が長時間空気中に漂うことはありません。しかし、空気感染で症状が出てしまうことはないとは言えませんので、インフルエンザの症状が出たら、別部屋に隔離した方が良いと言われるのです。

一方、風邪は接触感染です。皮膚や粘膜に直接接することで感染します。例えば、感染者が、鼻水などに触れた手で何かに触れますよね。その場所を他の人が触れます。その手で鼻などを触れると感染する、という経路です。

全身症状で判断

インフルエンザは、まず地域内でインフルエンザの流行があった場合注意することは当たり前のことですよね。元気に遊んでいたのに急にぐったりしてきた、ほっぺが赤いなと思っていたら突然高熱が出たなど、38℃以上の発熱と悪寒がインフルエンザの場合は予告なしに訪れます。また、関節や筋肉の痛み、頭痛、全身に倦怠感やだるさなど激しい全身症状が現れるのが特徴です。

そこから通常の風邪のように鼻やのどの症状が起こり、大体5日くらい症状が続きます。

一方、風邪は、まず鼻や咽喉の乾燥感、くしゃみから始まり、のどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳、37℃~38℃程度の発熱が現れるのが特徴です。インフルエンザにみられるような激しい全身症状はなく、熱が多少あっても比較的元気に遊び回っている、といった感じです。期間も比較的短期間で治ります。

迅速診断キット

病院受診すると、インフルエンザかどうかを診断する迅速診断キットが使われます。綿棒でのどや鼻の粘膜を採取し、キットに入れると15分くらいでインフルエンザウイルスに感染しているかどうかが診断できます。

ただし、この診断キットも精度は90%程度という見解もあり、インフルエンザに感染していても、ワクチン接種をしている場合や、すでに治療を始めた場合などは陰性とでることもあるようです。

インフルエンザの合併症を把握する

子供のインフルエンザの症状で心配なのが合併症です。では、どんな合併症があるのでしょうか。見てみましょう。

合併症

  • 中耳炎
  • 熱性けいれん
  • ウイルスによる肺炎
  • 気管支炎
  • ライ症候群(アスピリンとの関連があるとされている)
  • インフルエンザ脳炎・脳症

などがあげられます。

インフルエンザの合併症でよく聞くのが脳炎・脳症です。毎年100人程が死亡し、ほぼ同数の後遺症患者が出ていると報告されています。0~7歳の小児が亡くなっているなど、恐ろしい現状です。

脳炎・脳症の原因と症状

原因はやはりインフルエンザ感染です。なぜ発症するのかは現時点では不明だそうです。しかし、一部の解熱剤との関連性が囁かれているそうです。発症は、インフルエンザにかかってから0~2日以内だそうです。

また症状は、高熱時に突然のけいれんや意識障害(昏睡状態や異常に暴れる、意味不明なことを言うなど)を起こし、短期間に全身症状が悪化し、死に至るという恐ろしい病気です。約3分の1が死亡、約3分の1に後遺症が残るといわれています。

このような症状の場合はすぐ病院へ

  • けいれんを起こす
  • 何度起こしても起きない
  • 嘔吐しながらずっと眠っている
  • 立つことができない
  • 狂ったように暴れる、異常に興奮する
  • 頭をぐるぐる回す
  • 意味不明のことを言う
  • 奇声や悲鳴をあげる、またはそれで怯えだす
  • 幻覚をみて怯える

いつもの高熱時と区別がつきにくい症状もありますが、何かいつもと違う、と胸騒ぎを感じた時は、迷わずすぐに受診しましょう。

よくわかるインフルエンザのすべて
河合 直樹
医薬ジャーナル社
売り上げランキング: 446,502

まとめ:子供のインフルエンザの症状の知識をしっかり親が把握すること

子供がインフルエンザにかかっても、大人のように自分で対処していくことは困難です。普通の風邪でも子供の場合、気付かず元気に走り回っていることが多いですので、インフルエンザのような辛い症状でも自分からは症状を告げることがない場合もあります。親御さんがしっかり観察をして、さらに一般的なインフルエンザの症状を把握しておくことが大事です。

最後にもう一度、確認してみましょう。

  • 風邪とインフルエンザの見分け方を把握する
  • >インフルエンザの合併症を把握する

大切なことは高熱時いつもと何か違うと感じたらすぐ受診することです。インフルエンザをただの風邪と思わずに対処してあげてくださいね。

また、症状の把握、合併症の知識もあるのとないのとでは大きな違いとなってきます。お子さんへの観察をしっかりしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment