実践しよう!子供のインフルエンザ予防に効果的な3つの方法

子供

冬になると私達を悩ます「インフルエンザ」は、感染すると高熱や頭痛、咳、くしゃみ、全身の倦怠感などさまざまな症状があらわれ、大変辛いものです。インフルエンザは風邪よりもその感染力は高く、抵抗力が弱い子供にももちろん感染の恐れがあります。しかも子供は、身体にインフルエンザの抗体が無いことがほとんどなため、大人よりも症状が重くなりがちとされています。小さいお子さんを持つお父さんやお母さんは、とても心配ですよね。

本記事では、子供のインフルエンザの特徴とインフルエンザ予防に効果的な3つの方法をご紹介します。お子さんを持つお父さんとお母さんは、本記事をぜひ参考にしてお子さんのインフルエンザを予防してくださいね。

スポンサーリンク

子供のインフルエンザとは

インフルエンザの男

基本的に子供のインフルエンザは、大人のインフルエンザの症状と大きな違いはないとされています。しかし、大人と違い、自分で意識して病院へ行くことができません。ご両親が気づき、しっかりとケアしてあげることが大切といえます。

まず、インフルエンザの症状は風邪と大変似ています。そのため子供がその症状を訴え、風邪かもしれないと判断される方は多いようです。風邪との違いでとても大きいといわれているのが、です。風邪の場合、熱は徐々に上がるのが特徴ですが、インフルエンザに感染している場合、突然熱が39度や40度に上がるといわれています。ほっぺたが赤いような気がするとご両親が感じ、その後突然高熱が出た場合はインフルエンザを疑ってください。そして早めに病院へ連れて行き、医師に診断をしてもらいましょう。

インフルエンザと診断されたら

病院へ連れて行き、インフルエンザと診断された場合は、すぐに帰宅して療養しましょう。高い熱が続く場合がほとんどですので、水分をしっかりと補給することが大切です。消化が良く栄養のあるものを
食べることが重要ですが、もし食欲がない場合はスポーツドリンクがおススメです。しっかりと療養すれば1週間から10日ほどでその症状は治まるでしょう。

しかし療養している際、足に痛みがあるとお子さんが訴えた場合は、筋肉炎を引き起こしている可能性が考えられます。その場合、再度病院へ行き検査をしてもらいましょう。また、ひきつけなどの症状があらわれた場合もすぐに病院へ行く必要があります。インフルエンザにかかった子供は、高熱により脳炎を引き起こすことがあります。ひきつけが見られる場合、脳炎を起こしているかもしれません。病院へ行くのが遅れると後遺症が残ったり、ひどいときには死亡するケースもあるので注意が必要です。

ご自身のお子さんがインフルエンザに感染し、しんどそうにしている状態を見るのはご両親も大変心配ですし辛いですよね。そのためには、やはり日頃からの予防が大切といえるでしょう。次に、インフルエンザの予防に効果的な3つの方法をご紹介します。

子供のインフルエンザ予防に効果的な3つの方法

子供のインフルエンザ予防に効果的な方法とは、次の3つです。

  • マスクを着用する
  • 予防接種を受ける
  • 手洗いをしっかりする

では次に、上記3つの予防方法について詳しくご案内します。

マスクを着用する

インフルエンザは、インフルエンザウイルスを持っている方、つまりすでに感染している方の咳やくしゃみなどによる飛沫より感染します。そのためマスクを着用することにより、飛沫感染を最小限に抑えることが可能です。小さいお子さんは嫌がる場合もあるかと存じますが、最近ではそんなお子さんのために香りつきのマスクなども販売されています。ちょっと工夫をしてお子さんにマスクを着用するようすすめてみてくださいね。
のどぬ~るぬれマスク こどもマスクイチゴの香り 3枚入

予防接種を受ける

インフルエンザが流行する前に予防接種を受けるのも一つの方法です。しかし実はインフルエンザのワクチンは、一度の接種のみでは完璧な免疫をつくることはできないとされています。何度か接種することにより貯金のように免疫が増えていくのです。されど予防接種を受けておくと、インフルエンザのの予防効果が高まるということは事実です。実際インフルエンザにかかってしまっても重症になることを防ぐことができるでしょう。

手洗いをしっかりする

実は一番大事なのが、基本となる手洗いです。インフルエンザが感染する経路として、ウイルスが付着したものを触ることにより体内にウイルスを侵入させる「接触感染」があります。そのため、こまめに手を洗うことが大切なのです。手洗いはササッと洗って終わりではなく、しっかりと丁寧に時間をかけて洗ってください。15秒から30秒ほどで終わる歌を歌いながら手洗いをするなど、お子さんが率先して楽しく手を洗う習慣をつけると良いでしょう。

まとめ:ご両親や周りの方の協力も必要です

本記事では、子供のインフルエンザの特徴とインフルエンザ予防に効果的な3つの方法をご紹介してきました。もう一度その3つの方法をおさらいしましょう。

  • マスクを着用する
  • 予防接種を受ける
  • 手洗いをしっかりする

上記3つのことにしっかりと気を付けていれば、ひとまず安心です。しかし、前述でも述べたようにインフルエンザの感染力は大変強いといわれています。子供は大人に比べると、インフルエンザを予防しなくては!という意識が異なるかと存じますので、なるべくご両親や周りの方がしっかりと指導してあげることが大切といえるでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment