インフルエンザにかかってからが治るまでの経過について

広告ロゴ
インフルエンザの男

インフルエンザは、発症から治癒までおおむね5日程度の期間が経過することが必要となります。インフルエンザは発症して2日から3日程度が経過するまでは高熱などの症状が出ます。また、その後、2日程度が経過するまではインフルエンザウィルスは体内に残っています。そのため、インフルエンザが完治するまではおおむね5日程度経過することが必要となります。

スポンサーリンク

インフルエンザ感染から治るまで

医者の男

インフルエンザにかかってしまった場合、発症から完治まで一定の経過をたどって回復することになります。インフルエンザは、インフルエンザウィルスへの感染から潜伏期間を経て、発症、回復へという経過をたどります。ただ、インフルエンザによる高熱などの辛い時期が過ぎても、一定期間はインフルエンザウィルスはまだ体内で生きている状態ですので、外出を控えることなどが必要です。

インフルエンザの完全な完治までは1週間程度の期間は必要となります。インフルエンザが発症してから完治するまではどのような経過をたどるのでしょうか。

インフルエンザによる高熱がおさまるまで

インフルエンザが発症すると、急激に高い熱が出ます。具体的には39度から40度にものぼる発熱があります。また、熱と同時にくしゃみ、喉の痛み、鼻水、異常なだるさ、筋肉痛、食欲不振などの症状が現れます。

これらの時期はおおむね2日から3日程度続きます。

この時期に特に注意したい症状はやはり高熱です。高熱の症状は脱水症状などを起こしてしまうこともあり、重症につながることもあります。そのため、インフルエンザで高熱を発症している期間は水分を補給するなどして高熱の症状に配慮しつつ、経過を見ることが大切です。

また、子供、特に5歳程度までの子供の場合には、インフルエンザ脳症・脳炎の発症には極力気をつける必要があります。インフルエンザ脳炎・脳症はインフルエンザウィルスによる脳の炎症(インフルエンザ脳炎)やインフルエンザに対する免疫の過剰反応(インフルエンザ脳症)が生じ、急速に命への危険が生じる状態です。

この意味で小さな子供のインフルエンザの経過はしっかりと見守る必要があると言えます。

熱がおさまるまでの2日から3日程度は、しっかりと休み、経過をしっかりと見守ることがとても大切です。

高熱がおさまってからの経過

インフルエンザで高熱がおさまってからの経過としては、二つの点に注意することがポイントです。まず、インフルエンザの熱が下がってからは、周囲にインフルエンザウィルスを感染させないように配慮して経過を見ることが大切です。

インフルエンザの高熱がおさまってからは、ご自身が活動するうえではあまり支障はなくなります。寝ていることが「退屈」と感じることもあるでしょう。しかし、高熱がおさまってからもインフルエンザの経過には注意する必要があります。

インフルエンザは高熱等の症状がおさまってからも数日間は体内で潜伏を続けます。具体的には、高熱がおさまってからも2日程度は落ち着いて経過を見る必要があります。

高熱がおさまったからといって外出などをすればインフルエンザウィルスを周囲に「撒き散らして」しまうことになります。周囲へインフルエンザウィルスを感染させないように配慮をして経過をみる必要があります。

もう一つはご自身のためにじっくりと休みながら経過をみることが大切です。インフルエンザが治っても体の抵抗力・免疫力は低下していますので、外出などをしてしまうと通常の風邪を引いてしまうこともあります。

高熱がおさまってから2日程度は自宅でゆっくりと過ごして経過を見ることが大切ということができます。

このようにしてインフルエンザは発症から5日程度が経過すると回復して通常の生活をすることができるようになります。インフルエンザにかかってしまった場合には、高熱がおさまるまではご自身の健康維持のため、高熱がおさまってからは周囲への感染を防ぎつつ、ご自身が風邪などを患わないようにするためにゆっくりと休み経過を見ることが大切ということができます。

なお、インフルエンザは1度かかっても、別なタイプのウィルスであれば再度、インフルエンザにかかってしまうことも十分にあります。そのため、一度かかったからといっても
安心することはできませんので、予防はしっかりとし続けることが大切です。

一生インフルエンザにかからない体質の作り方
村上 一裕
フォレスト出版
売り上げランキング: 48,072

まとめ:インフルエンザが治るまでの経過のまとめ

以上、本文で述べましたインフルエンザが治るまでの経過をまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザにかかってしまった場合、高熱が発症してからおさまるまでは水分をしっかりと補給して悪くならないように経過を見ることが大切です。特に小さなお子さんの場合には、インフルエンザ脳炎・脳症などの危険がありえますので、特に経過を注意してあげることが大切です
  • インフルエンザの高熱がおさまってからも、2日程度が経過するまではインフルエンザウィルスは体に残っています。そのため周囲へインフルエンザウィルスが感染しないようにしつつ、ご自身が風邪などを引いてしまわないように  配慮することが大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。