インフルエンザの解熱剤はカロナールで決まり。でも作用の弱さにご注意を

薬を飲む女性

なんだかひどい発熱があって、病院に行った時、インフルエンザと診断を受けたらどのような薬を処方されるのでしょうか。

もしインフルエンザにかかって48時間以内に受診することができたら、「タミフル」や「リレンザ」が処方されると思います。同時に、インフルエンザ時に処方されやすい解熱鎮痛剤である「カロナール」が処方されることと思います。

しかしながら、ネットを見ているとこのカロナールについて効果が薄いところなどから大丈夫だろうかと不安担っている方もいるようです。

この記事では、カロナールについてご説明し、安心な薬であることを述べたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザとカロナール

洗面台

カロナールはとても作用が穏やかな解熱鎮痛剤です。その成分はアセトアミノフェンが主なもので、頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛といった痛みを抑えるものとして普通は使われます。

解熱剤としては、アスピリン等のサルチル酸製剤などに比べると解熱作用が弱いのですが、インフルエンザの時にも使え、タミフルなどと一緒に処方されても大きな副作用を引き起こさないようであることから、医療用医薬品としてインフルエンザ時に広く処方されています。

というのも、アスピリンは、稀に「アスピリン喘息」と呼ばれる副作用を発することが稀にあり、また、インフルエンザ時に服用すると大きな副作用を発揮する可能性があるのです。

また、幼児期のインフルエンザにアスピリンを処方すると「インフルエンザ脳症」あるいは「ライ症候群」とよばれる重篤な症状を引き起こす合併症を引き起こすことがあることが知られています。

そこで、インフルエンザ時には副作用が小さい解熱鎮痛剤を処方するようになっています。その中でも比較的処方されるのがカロナールなのですが、他にイブプロフェンを成分とするもの等があります。

服用の目安としては、37度の熱で200mg×1錠、38度の熱の場合に200mg×2錠と言われています。インフルエンザの場合には38.5度以上ある場合にのみ服用するようにという医師もいます。医師の判断に従うのがよいでしょう。

カロナールは副作用がない?

よく処方されるカロナールですが、全く副作用がないというわけでもありません。アスピリンではなく、アセトアミノフェンであっても「アスピリン喘息」になる可能性がごく稀にあります。

また、薬の多くがそうであるように、肝臓や腎臓へも負担がかかります。処方をまもって利用しましょう。

カロナールを安全に利用するための注意

カロナールは余程の高熱でないかぎり、通常は痛み止めとして服用します。高熱がある時には様々な合併症も引き起こしやすく、処方された薬であっても薬の飲み方や飲み合わせにおいては問題が起こることがよくあります。

ここではカロナールを安全に利用するための方法をご紹介します。

飲み合わせに注意

市販の解熱鎮痛薬には、カロナールの成分であるアセトアミノフェンが配合されている可能性があります。このアセトアミノフェンの過剰摂取は内臓に大きな負担をかけることがあるので、注意が必要です。

アスピリン等(バファリン等)との併せた服用はやめましょう。

さらに、アセトアミノフェンはアルコールと一緒に飲むと肝臓に大きな負担をかけることになります。解熱鎮痛剤を飲んでいる間には、飲まないようにしましょう。

また、血栓の薬であるワルファリンの作用を増強するおそれがあります。使用中の薬を飲んでいる場合には必ず医師に伝えておきましょう。

副作用に注意

ごくごく稀に重たい副作用が出る場合があります。最も重たいのがショック、アナフィキシー様症状と呼ばれるショック症状です。めまいや気持ちの悪さ、冷や汗や顔色の悪化が見られたらすぐに服用を中止しましょう。

軽度の物では、吐き気や食欲不振、腹痛や下痢、蕁麻疹などが起こるらしいことがわかっています。

なお、肝臓病や腎臓病を抱えている人は要注意です。腎臓の重たい病気が発症する事が稀にありまた間質性肺炎などを誘発する要因になりうると言われています。

一生インフルエンザにかからない体質の作り方
村上 一裕
フォレスト出版
売り上げランキング: 17,085

まとめ:安心のカロナールといえども、インフルエンザ時には注意が必要

カロナールは、解熱鎮痛剤としても非常に安定した品質の製薬です。インフルエンザ時には利用できる解熱鎮痛剤が大幅に制限される病気ですが、タミフルなどとも一緒に飲めるためよく処方されています。

その成分であるアセトアミノフェンは、解熱鎮痛剤としては効果が比較的弱いものの副作用が少ない鎮痛成分として様々な市販薬にも使われていますが、まったく副作用がないわけではありません。

カロナールとはいっても、まったく副作用がないわけではないので、もし服用して気持ちが悪くなったりした場合には、無理して服用を続けるのはよくありません。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment