インフルエンザの胃痛は危険!B型インフルエンザで多いウイルス性胃腸炎の危険性

医者

インフルエンザの季節になると、「今年は何型が流行しそうです」といったアナウンスをあちこちで耳にすることがあると思います。インフルエンザウイルスには複数の型があり、それぞれ遺伝子構造や、人の体に及ぼす影響が若干異なると言われています。

インフルエンザの代表格といえば、世界中で猛威をふるうこともある、強力な感染力をもつインフルエンザA型が有名です。Pandemicと呼ばれる大規模で破壊的な流行をもたらすことがあり、高熱や下痢で重たい症状を引き起こします。

ところが、A型の陰に隠れて(?)目立たたないB型のインフルエンザも注意が必要です。感染力はA型に比べて弱いとされており、ワクチンがよく効くことから目立たないところがありますが、B型インフルエンザでは「ウイルス性胃腸炎」が代表的な症状としられ、人によっては高熱や関節痛よりもつらいということもよくあります。

この記事では、インフルエンザによる胃痛の原因とその危険性、対処法についてご説明いたします。

スポンサーリンク

ウイルス性胃腸炎の診断とその体調

医者

インフルエンザは感染力が強いウイルスです。インフルエンザウイルスが体内にはいると、わずか20分で粘膜の内部に入り込んでしまいます。このようなインフルエンザウイルスにとって「うがい」はほとんど意味を持ちません。

しかし、粘膜に入ってからは、ウイルスの型によって様々な活動が繰り広げられます。胃に来る場合もあれば、喉から全身に広がっていく場合等もあります。いずれにせよ、まず激しい高熱が起こることになります。

強力な感染力と増殖力をもつインフルエンザA型のウイルスに比べて、B型のウイルスはやや弱く、血流やリンパにのって全身に広がるより前に、胃で増殖するケースが多いようです。これが「ウイルス性胃腸炎」を引き起こします。

ウイルス性胃腸炎に罹患すると、胃の内部が腫れ上がり、食道弁などが壊れて吐き戻しなどが起こります。突然の吐き気に襲われ高熱がでる場合には、このウイルス性胃腸炎に罹患している可能性が非常に高いといえるでしょう。

インフルエンザよりも恐ろしいのがノロウイルスです。ノロウイルスにせよインフルエンザにせよ、特効薬はいまのところありません。

ウイルス性胃腸炎の症状

ウイルス性胃腸炎に離間すると、吐瀉や嘔吐、めまいや吐き気が間断なく襲ってきます。水を飲んでもはいてしまうというぐらいにつらいのです。さらに、高熱がでてくると寒気を感じます。この「寒気」がさらに胃や腸を収縮させ、吐き気を増大させてしまうことになるのです。

このようなウイルス性胃腸炎にかかると、ウイルスが体外に排出されるまで手のうちようがありません。インフルエンザウイルスを原因とする胃腸炎は、高熱や全身痛などの合併症状もつらく、QOLも大幅に下がってしまいます。

インフルエンザによる胃痛を起こさないために

しかしながら、対処法は様々なものがあります。インフルエンザによる胃痛やウイルス性胃腸炎に罹患したらすぐに医療機関の診療を受けましょう。

インフルエンザウイルスに対する予防策

インフルエンザウイルスとウイルス性胃腸炎に対する予防策としては、以下のようなことが重要です。

  • インフルエンザのワクチンを接種する。2度の接種で90%以上の予防効果があるとされており、特にB型については極めて強力な効果がある
  • 睡眠時間をしっかりとり休養する
  • 水分補給をこまめに行う
  • 加湿器や空気清浄機を使い、ウイルスが生きにくい環境を作る
  • 人混みの多い所になるべく行かないようにして、どうしても行く場合にはマスクを着用する

ウイルス性胃腸炎になってしまった場合の対処法

それでも、ウイルス性胃腸炎になってしまった場合には以下のような対処法を行いましょう。

  • 吐き戻したい時には我慢せずに吐き戻す
  • 横になり、体を横たえて安静にする
  • 少しずつでも水を飲む
  • 尿意や便意を我慢せずトイレにこまめにいく
  • 点滴を打ってもらう。脱水症状に注意
  • 下着はこまめに取り替える

などです。ノロを原因とするウイルス性胃腸炎の場合には、もっと症状が重く長期にわたります。吐瀉した場合などはすぐに清掃し、塩素系漂白剤を薄めたものなどで殺菌消毒しましょう。

まとめ:ウイルス性胃腸炎に罹患したら外出は注意

ウイルス性胃腸炎は、治療法がなくつらい症状を引き起こします。インフルエンザの場合はB型インフルエンザウイルスによるケースが多いため、ワクチンを接種しておけば大丈夫ですが、ノロウイルスの場合には注意が必要です。

いずれにせよ、罹患しないように細心の注意をはらうこと。そして、もしウイルス性胃腸炎にかかってしまった場合には水分をとって安静にしておくことです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment