インフルエンザは一週間の安静が最高の治療薬

医師

インフルエンザは高い高熱と体調の悪化を招く大変な病気です。
最悪のケースでは死に至ることもありますが、昨今ではそこまで強力なウイルスはまだ流行していないようです。12月から2月、3月までの間、世界中で流行します。

20世紀には大量の死者を出したことで、製薬会社が様々な薬を開発していますが、まだ特効薬と呼べるものはないようです。インフルエンザウイルスに対しては、体内の免疫活動と安静にすることが最大の治療であると言えるでしょう。

インフルエンザは健康な成人であれば一週間程度で治療できますが、その間にもいくつか症状の遷移がおこります。

この記事では、インフルエンザの一週間を追いながら、適宜必要な治療について記述致します。

スポンサーリンク

インフルエンザの一週間

医師

インフルエンザは、1,2歳から罹患することがあり、成人であっても強い免疫機構が働く重篤な症状を引き起こす病気です。

インフルエンザの治療のためには「タミフル」や「リレンザ」といった医薬品が用いられますが、これは「罹患後48時間以内に投与」しなければ効果がなく、また特効薬ではなく発熱期間を抑えるために使われるものです。

インフルエンザに離間すると、大きくこの3つの時期を超えて治療されるプロセスが一般的なようです。

  • 潜伏期間……インフルエンザウイルスが体内に入ると、1日から3日程度潜伏期間として体内でウイルスが増殖する時期が続きます。この時期に人にあったり無理をすることで体調を崩してしまうことがあります。
  • 全身症状期間……初発症状、初期症状として、体のだるさ、熱、悪寒、全身の筋肉痛など様々な症状がでてきます。この時期に非常に高い高熱を発することがあります。ウイルスを体外へと追いだすために免疫機構が働いているのですが、この時期は絶対安静と水分補給が必要です。
  • 部分症状期間……解熱後、鼻水やくしゃみなどの通常の風邪でも起こるような症状が見られることがあります。これを部分症状といいますが、この時期になると治ったと思う人が多いようです。しかしながら、この期間は弱ったウイルスを体外へと排出している時期。まだ外にでるのは控えたほうがよいようです

インフルエンザで認められる休みの期間

インフルエンザなどにかかると、学校や職場にいくことができなくなります。高校までは、インフルエンザに罹患した場合解熱後2日程度には復帰するようにと指示されています。

しかしながら、インフルエンザにかかった場合、解熱後4日は休んだほうがよいと言われています。発熱後のウイルス散布のほうが怖いと言われています。

インフルエンザの一週間の治療方法

それでは、インフルエンザに罹患した場合、これらの症状に合わせて治療を行うにはどのようにしたらよいでしょうか。

まず、高熱を感じたら外出は控え、病院に行きましょう。そこで処方された薬は飲んでも大丈夫です。解熱剤を飲む場合には完治が遅れることがありますので注意が必要です。

高熱の全身症状の時期

まず、この時期には加湿器をつけるなどして水分補給を欠かさないようにすることが大事です。布団も多くかぶってゆっくり休むことが重要です。

そして、栄養がある消化のよいものを食べるようにしましょう。大根おろしを混ぜたおかゆなどが効果的です。栄養のあるハチミツなども風邪に抜群の効果がありますね。

そして睡眠を十分にとって無理をしないことです。寒気を感じることがありますが、もしあまりにも寒く感じるようでしたら、アセトアミノフェンを含んだ解熱剤を飲むのもよいでしょう。茄子やトマトなどは解熱作用があるので、柔らかく煮込んで食べるのもいいですね。

部分症状期

熱がおさまり、くしゃみや咳などがでてきたら、人に合わないようにしてマスクをします。手洗いをする時などはアルコール消毒をするようにしてください。アルコール消毒はインフルエンザウイルスに高い効果があります。

この時期は汗を書いたらこまめに下着をかえるのがポイントです。体がからウイルスを排出しているため、汗や唾液などで風邪をうつしてしまうことがあります。

熱が収まり、咳なども収まってきたら完治です。途中で体力がなくなった時期に風邪や腎炎などが併発する可能性がありますので、もしなかなか具合が良くならない場合には改めて医療機関に相談してください。

まとめ:インフルエンザの一週間を細かくケアしよう

インフルエンザは症状が遷移する病気です。治療には様々な注意がありますが、特効薬はありません。インフルエンザは高熱がおさまると治ったように思われることが多いのですが、それは誤解です。中途半端な時期に外出すると多くの場合さらに別の感染者を増やしてしまい、さらに体力を奪われることで治療が遅れることもあります。

症状に併せた治療と、安静にして水分を取ることをお忘れなく。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment