インフルエンザの予防接種のときにお風呂は入れるのか?

注射

インフルエンザにかかってしまったとき、お風呂に入って良いかという点は悩むところではないかと思います。「高い熱が出ているけれども体が汗で気持ち悪い」ということからお風呂に入りたいと考える方は多いのではないでしょうか。また、インフルエンザの予防接種の際にもお風呂に入っても良いものなのでしょうか。本稿ではこれらインフルエンザやその予防接種の際のお風呂について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザとお風呂

お風呂

インフルエンザにかかってしまうと非常に高い熱が出てしまいますので、体が汗でベトベトになってしまいます。このような時にお風呂に入ってさっぱりしたいとは誰もが感じることではないかと思います。

またインフルエンザの予防接種を受けた時、お風呂に入っても良いのでしょうか。特に子供などはお風呂に入れても大丈夫なのでしょうか。昔、「インフルエンザの予防接種のあった日はお風呂は控えるように」などと注意されたことがある記憶がおありになる方は多いのではないかと思います。

このようなインフルエンザとお風呂についての疑問については現在の医学では一体どのように考えているのでしょうか。

結論から言いますと、インフルエンザにかかってしまった時でもインフルエンザの予防接種の時でも、お風呂に入ることは差し支えがないと考えるのが今の主流の考え方です。ただし、同時にお風呂の入り方については注意をすることが必要とも理解されています。これは具体的にはどういうことなのでしょうか。

インフルエンザにかかってしまった時のお風呂

インフルエンザにかかってしまったときは38度から39度という非常に高い熱が出ます。
高い熱が出ますので、寝汗などにより大変汗をかきます。

この時、お風呂に入りたいという時には、基本的にはお風呂に入っても差し支えはありません。ただし、食欲がなかったり、高熱でふらつくなど体力の減退を感じる時にはお風呂は控える必要があります。

そもそもインフルエンザの時にお風呂に入ることが良くないというのは、お風呂に入ることで体力が一層減退してしまい、体の抵抗力が弱まってしまうことを防止するためです。体力が落ちて抵抗力が弱まれば体調はますます悪くなっていきます。

そのため、インフルエンザの症状によって食欲減退・ふらつきなどがあるときにはお風呂に入ることで一層体力が奪われてしまう結果となりますので、お風呂は控えるべきということができます。しかし、高熱はあるものの、食欲自体は十分であるなどその他の体調が良好であるならばお風呂に入っても差し支えはないということができます。むしろ気持ちをさっぱりさせたほうが精神衛生上も良いことは間違いがありません。

このように、インフルエンザであっても体力の減退がない状態であればお風呂に入ることはおすすめできると言えます。(ただし、高血圧症など他の疾患がある場合にはしっかりと医師のアドバイスを受けなければなりません)

また、家族の方へのインフルエンザ感染予防を考えてお風呂は最後に入ることやタオルは自分だけのものを使用することなどへの配慮は必要です。お風呂は湿気が多いため、基本的にインフルエンザは感染しにくい環境です。というのは、インフルエンザウィルスは湿気がある場所では活動力が著しく低下するためです。しかし、それでも
タオル等から感染する可能性は否定できませんので家族への配慮は欠かせないと言えます。

インフルエンザの予防接種とお風呂

では、インフルエンザの予防接種の時はどうでしょうか。この場合には、基本的に家庭でお風呂に入ることは全く差し支えがないということができます。かつてインフルエンザの予防接種の際にお風呂に入ることを控えるように指導されたのは、家庭のお風呂が十分に普及しておらず、銭湯などの公衆浴場が入浴者の多くを占めていた頃、公衆浴場で最近に感染してしまう可能性がありえたためです。

しかし現在のように、家庭のお風呂が普及している状況ではインフルエンザの予防接種の日であるからといって家庭でお風呂を控える必要性はないということができます。

ただ、インフルエンザの予防接種を終えてすぐにお風呂に入ることはお勧めできません。
インフルエンザの予防接種による拒絶反応がないかを確かめるために30分程度は時間をおいてからお風呂に入られるようにしてください。

まとめ:インフルエンザとお風呂

以上、本文で述べましたインフルエンザとお風呂についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザにかかってしまった時でもお風呂に入ることは基本的に差支えがありません。ただ、食欲がなかったりふらつきがあるなどして体力の減退がある場合には体力が一層奪われてしまうのでお風呂は避けるべきです。また、インフルエンザの家族への感染を予防するために一応、最後にお風呂に入ることやタオルを別のものとすることなどの配慮は必要です
  • インフルエンザの予防接種の際に家庭のお風呂に入ることは差支えがありません。ただ、予防接種後、30分程度は時間をあけてお風呂に入るようにしましょう

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment