インフルエンザの副作用の意味と「異常行動」について

泣く子供

インフルエンザは感染それ自体も避けたいものですが、同時にインフルエンザの予防接種・インフルエンザの治療薬(抗インフルエンザ薬)が副作用をもたらさないかということも気になるところではないでしょうか。特に、タミフルという抗インフルエンザ薬については異常行動の可能性が指摘された時期もありました。本稿ではインフルエンザワクチンや抗インフルエンザ薬のもたらし得る副作用について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザの副作用とは?

注射

インフルエンザの副作用といった場合、そこには2つの意味が含まれています。ひとつはインフルエンザワクチン(予防接種)がもたらす副作用です。もう一つが抗インフルエンザ薬(インフルエンザの際に処方される薬)がもたらす副作用です。

どんな薬であれ、副作用の可能性はありえます。薬は体にとっては異物であり、それを摂取した場合、体が拒絶反応を起こすなどして何らかの良くない作用が体に生じる可能性は常にありえます。これはインフルエンザワクチン・抗インフルエンザ薬であっても同じであり、副作用の可能性があります。

ただ、インフルエンザ副作用については一時期、「異常行動をもたらす」などとして非常に強い副作用があるのではないかとして話題になったこともありました。インフルエンザの副作用としてはどのようなものがあるのでしょうか。

インフルエンザワクチンがもたらす副作用

まず、インフルエンザワクチンがもたらし得る副作用についてまとめていきます。

そもそも予防接種で用いられるインフルエンザワクチンは、体内にインフルエンザウィルスを投入するものですが、注入するワクチンは不活化ワクチンであり、病原性はありません。そのため、インフルエンザワクチン自体からインフルエンザになってしまうということはありません。

インフルエンザワクチンがもたらし得る副作用は、アレルギー反応やたまたま別の病気との重なりによって生じるものです。

例えば、インフルエンザワクチンによる副作用としては、ごくまれに熱・悪寒・だるさ等が生じます。これは一時的なものですので、程度は軽く2,3日中におさまります。インフルエンザワクチンによる副作用は、生じてしまう可能性・症状ともに軽微であり、問題がないものがほとんどと言えます。

ただし、極めてごくまれにけいれんやショック、呼吸困難等の副作用が生じたという事例もありえます。万が一、インフルエンザワクチンの接種で極端な異常がある場合には早急な医師の対応を受けることが必要となります。

ただ、可能性は極めて低いものですので基本的にワクチンによる副作用の心配はあまりないと言えます。

抗インフルエンザ薬のもたらす副作用・特にいわゆる異常行動について

次に、抗インフルエンザ薬がもたらし得る副作用です。抗インフルエンザ薬としては、タミフルやリレンザなどが現在用いられています。

タミフルやリレンザはインフルエンザにかかってしまった際に処方されるもので、インフルエンザウィルスの増殖を抑える作用があります。そのため、タミフル等を服用することはインフルエンザの症状が悪化悪してしまうことを抑えるものですので、利用しないわけにはいきません。

この抗インフルエンザ薬がもたらし得る副作用としては、腹痛や下痢、嘔吐などの消化器に関するもの・気管支炎など呼吸器に関するものなどのほか、食欲不振や口の違和感など多様なものが報告されています。ただ、抗インフルエンザ薬が適切な医師の処方のもとでなされている限りは特に重篤な副作用は生じていないことが多いと言えます。

一時期、抗インフルエンザ薬のタミフルについて異常行動という副作用があるのではないかとして議論が起こりました。これはタミフルを服用した未成年の子がマンションから相次いで飛び降りたという事件が起きたためです。

この点に関しては厚生労働省でも調査され、結論としてタミフルが原因として異常行動をとったという因果関係は認められないというものでした。つまり、タミフルの副作用としては異常行動はないという結論が出ました。

ただ、タミフルについては未成年者に対しては基本的には処方しないという措置・結論として落ち着いています。タミフルについては副作用について懐疑的な意見もありますが、現在ではタミフルも危険な副作用はなく、一応の措置として未成年者には処方しないのを原則とすることになっています。

インフルエンザ・ワクチンは打たないで!
母里 啓子
双葉社
売り上げランキング: 53,201

まとめ:インフルエンザの副作用についてのまとめ

以上、本文で述べましたインフルエンザの副作用についてポイントをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザの副作用とは、インフルエンザワクチン(予防接種)がもたらす副作用と抗インフルエンザ薬(インフルエンザの際に処方される薬)の副作用の2つのケースが想定されています
  • インフルエンザワクチンがもたらす副作用は、決して強いものではないものがほとんどです。インフルエンザワクチンの副作用についてはあまり心配をすることはないということができます
  • 抗インフルエンザ薬の副作用としては消化器系や呼吸器系の副作用が生じえます。特に、一時期、タミフルがもたらす副作用について大きく議論されましたが、現在では異常行動の原因とはならないということで結論づけられています

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment