絶対にオススメできない!インフルエンザを放置するとどうなる?

インフルエンザの女性

インフルエンザは放置しておくとどうなるのでしょうか。インフルエンザは放置しておいても決して治らない病気であるとは言えないかもしれません。しかし、インフルエンザを放置しておくことで生じるデメリットは非常に大きなものとなると言えます。本稿ではインフルエンザを仮に放置しておくとどうなるのかということについて述べています。

スポンサーリンク

インフルエンザは放置しても治るか?

医師

インフルエンザにかかってしまった場合には、病院へ行き診察を受けてインフルエンザ治療薬(タミフルやリレンザなど)を処方してもらうのが通常でしょう。しかし、ひとつの可能性・想像としてインフルエンザにかかったにも関わらず、放置していても、インフルエンザは治るものなのでしょうか。

結論から考えれば、インフルエンザは放置していても治るものではあるでしょう。私自身はインフルエンザを放置したことはありませんのであくまでも体感ではなく、考えの筋道として放置しても治るということになるということです。

インフルエンザウィルスが正式に発見されたのは1933年のイギリスです。インフルエンザウィルスは発見されてまだ100年も経っていません。そのため、それ以前はインフルエンザにかかってしまっていても、寝込むなどにより回復を待つという初歩的な治療が行われていたようです。そしてインフルエンザに対するワクチン接種がされたのは日本では1950年という戦後になります。

このような歴史考えればインフルエンザは放置しておいたとしても自然に回復することが可能な病気ということができるでしょう。

インフルエンザ治療の必要性

しかし、インフルエンザウィルスの存在が明らかとなり、治療法も確立している現在、インフルエンザを放置しておくことによるメリットは皆無ということができるでしょう。

インフルエンザウィルスの発見、治療歴史の短さを考えれば、確かにインフルエンザは放置していても治る病気ではあります。しかし、インフルエンザは放置しておくことにより体内でインフルエンザウィルスがどんどん増殖し、症状は悪化の一途をたどります。

インフルエンザ治療薬の主要な作用は、インフルエンザウィルスの増殖を防ぐものですが、
インフルエンザウィルスは体内で24時間で100万個増殖します。このような増殖を放置すれば高熱や筋肉痛などによりたいへん苦しい状況となります。

また、何よりおそろしいのが重賞の肺炎などの合併症です。インフルエンザを放置したことにより重い病気となってしまい、入院等が必要となってしまってはかえって時間や費用等の損失が出ると言えます。また、ご高齢の方や幼児などはインフルエンザの放置により命に関わることもありえます。

さらに、インフルエンザの治療に対しては保険が適用されますので、治療を受けても費用はあまりかかりません。放置をしておくことによるメリットは皆無と言っても過言ではないと言えます。

このように考えればインフルエンザを放置してしまうことはデメリットしかなく、健康な体を早く取り戻すためには早期に治療と治療薬の投与を受ける必要性があるということができるでしょう。

インフルエンザの幼児や要介護者を放置するのは犯罪!?

さらに、理論上幼児や自分自身で病院に行くことができない要介護者の方などについて、インフルエンザにかかっていることを把握しつつ、放置することは犯罪となることもありえます。

刑法第218条は「老年者、幼年者、身体障害者又は病者を保護する責任のある者がこれらの者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をしなかったときは、三月以上五年以下の懲役に処する。」とあり、同法第219条は「前…条の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。」とあります。(第218条を保護責任者遺棄罪・第219条を保護責任者遺棄致死罪といいます)

つまり、親や介護職員等の保護責任がある人がインフルエンザであることを承知して放置し、その結果として死亡してしまったり、重い肺炎となったりした場合(肺炎は第219条の「傷」にあたり得ます)、可能性として遺棄の罪となる事が刑法理論上ありえます。

お子さんなどがインフルエンザにかかってしまっている場合には決して放置せずに必ず病院へと連れて行くことが法的にも道徳的にも義務であるということができるでしょう。

一生インフルエンザにかからない体質の作り方
村上 一裕
フォレスト出版
売り上げランキング: 36,614

まとめ:インフルエンザの放置は百害あって一利なし

以上、本文で述べましたインフルエンザの放置についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザは放置していても治ることはあり得る病気と言いえます   
  • しかし、インフルエンザは放置しておくことで症状がたいへんひどくなってしまうこと、肺炎などの重い合併症を引き起こしてしまう可能性があり得ること、インフルエンザ治療の費用も保険が適用されるので決して高くないことから放置しておくことのメリットは皆無ということができます
  • 幼児や要介護者などがインフルエンザにかかっていることを重々認識しつつ放置すれば犯罪となり得る可能性があります

インフルエンザの放置は百害あって一利なしということができます。必ず、早めに病院へ行くようにされてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment