お金

どんな病気でも予防したり治療を受けたりすると費用が掛かりますが、インフルエンザの場合も例外ではありません。でも、病気の種類によっては国や自治体、また保健機関などから補助金が出る場合があります。

今回は、インフルエンザに関する補助金を出している団体とその内容について、見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

各団体ごとの補助金の有無とその理由

まずは、一般的な団体を対象に補助金が出ているのかどうか、またその理由を見ていきましょう。

国民健康保険の場合

病院

国民健康保険でのインフルエンザを補助金という点から見た位置付けは、予防接種や治療に関して個人の自主性の下に行動するという概念から補助金は出ていません。

ただ、治療に関して保険適用が認められている処方薬や診察費用に関しては国民健康保険がそれぞれに割り当てられている負担額で済ませることができます。

各社会保険団体の場合

社会保険では、所属している団体によって補助金が出ているところもあれば出ていないところもあります。

特に予防接種に関しては定期予防接種に関して補助金を出しているところもありますが、扶養家族の有無や年齢、また就業している業種などの細かい条件を設定している場合が多いようです。

診察や治療に関しては、国民健康保険と同じように保険適用が認められている部分に関して負担割合の金額で済ませることができます。

生命保険会社の場合

加入している保険の種類や詳細な追加項目によっては、インフルエンザに対する補助金がある種類のものもあります。

具体的な例を挙げると、予防接種など予防対策を実施しているにも関わらず感染してしまった場合に、一時見舞金などの形で補助金や保険金が下りてくるというものです。

しかし、残念ながら自分の加入している保険の詳細事項にこのような補助金などが設定されていることを知らずに過ごしてしまう方もいるようです。民間の生命保険などに加入する際には、どのような状況でどのようにいくら位保険金がもらえるのかをしっかり把握しておくことが大切です。

行政の場合

国ではインフルエンザに関する補助金制度などは地方自治体に判断を委ねています。その判断を任されている地方自治体では、やはり各自治体ごとにかなりの差があるという事がわかっています。

また、その自治体の中でもワクチンの接種を行う医療機関によっても大きく差がある場合があります。

国民健康保険でのインフルエンザの位置づけにもあるように、元々インフルエンザの予防や治療は他の殆どの病気と同じように個人の自主性で治療などの行動をすることが基本だと考えられているからなのです。

ですが、ワクチン接種などの補助金が確認できている団体では行政が最も多いというのも事実です。では、行政や医療機関ではどのようにしてワクチン接種などの費用を決めているのでしょうか?

ワクチン接種の金額はなぜ医療機関で違うのか

自治体や医療機関ごとにワクチン接種の金額や補助金の金額が異なるのは、一体なぜなのでしょうか?実際のケースを交えて説明していきましょう。

ワクチン接種の料金は誰が決めているか?

そもそもインフルエンザワクチンの接種というのは健康保険の適用が認められていません。そのため、接種料金は医療機関が決めています。

一口にインフルエンザワクチンと言っても、その種類は豊富で衣料メーカーや仕入れ先の違いによって当然原価にも差が出てきます。

更に、ワクチンを接種するとなると診察したり、医療技術が必要だったりとするわけで、これらを総合してワクチン接種料金が決められます。

また、ワクチンの接種時期には医療機関が定期的に実施している場合と個人が任意で受けに行く場合と二つあります。医療機関が期間を定めて行う場合には、その分コストを下げることが可能になりますので割引などの補助金制度を使うことができることができますが、個人が任意のタイミングで接種を受けにいった場合には、実費がそのままかかります。

ここ平年での平均接種金額は1回目2回目含めた金額で5,000円前後だという事がわかっています。

法定接種基準による金額の違いは?

国では、厚生労働省において法定接種という定めを設けています。

この法定接種というものは、インフルエンザ感染時に特に致死率が高いとされている高齢者を対象とした定めです。簡単に説明すると、65歳以上の高齢者、または条件付きの60歳から65歳までの高齢者に対してはインフルエンザの予防接種を自治体で補助してあげなさいよという法令になっています。

また、自治体によってはこの法令接種の対象者以外でも補助制度を設けているところがあります。
例えば、生活保護世帯を対象としている場合や、仕事などでインフルエンザの流行が確認された国に滞在していた人々を対象にしている場合、あるいは児童を中心に年齢で補助対象を設けている場合などがあります。またその他にも医療機関と行政が協議してなるべく大勢の人が受けられるように接種料金を原価に近づけているところもあります。

これらの補助制度は自治体や医療機関で穂とのどことなりますので、自分の住んでいるところの自治体や病院などに確認してみると、意外と補助を受けられる制度を設けているかもしれません。

一生インフルエンザにかからない体質の作り方
村上 一裕
フォレスト出版
売り上げランキング: 122,772

まとめ:ワクチンの接種に補助金を活用しよう

残念ながら補助金制度を行っていない団体もあるものの、それぞれの地域によってはしっかりとした制度を設けてくれているところもあるという事がお分かりいただけたと思います。

インフルエンザにかかって費用が掛かるり、補助金を受けてワクチンの接種をした方が健康のためにも家計にも優しいという事が言えると思います。

自分の住んでいる地位の補助金制度をしっかりと確認して、上手にインフルエンザワクチンの接種を受けることができるといいですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment