症状が似ているインフルエンザと扁桃腺炎を見分けるポイント

広告ロゴ
考える

 

インフルエンザと症状のよく似た病気として扁桃腺炎があります。高熱と関節痛が共通しているので、なかなか見分けがつきにくいです。インフルエンザならばタミフルが効果を示すのに時間の縛りがあり、土日などにかかってしまうと救急へ行くか悩むことになります。

こちらでは、インフルエンザと扁桃腺炎を見分けるポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

インフルエンザと扁桃腺

インフルエンザとは

のd

インフルエンザはインフルエンザウイルスの感染症です。全身症状が強く、さらに、高齢者では肺炎、小児では脳症などを併発し、致命的になることがあります。また、感染力が強いのも特徴です。インフルエンザの主な症状として以下のものが挙げられます。

  • 高熱(38℃後半)
  • 悪寒
  • 関節痛
  • 激しい咳、痰などのどの症状
  • 食欲不振

なおインフルエンザは検査できますが、発熱後8時間経過しないと正しい判定が出ません。

扁桃腺炎

扁桃腺炎とは、風邪や疲労など抵抗力が低下している状態の時に、のどの奥にある扁桃が溶連菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌などの常在菌に感染して炎症を起こすことを言います。

急性扁桃炎の症状

  • 38度から40度の高熱
  • 食事や唾液を飲み込む際に痛む
  • 頭痛・倦怠感
  • 関節痛
  • 寒気
  • リンパ節の腫れ

まず初期段階で扁桃腺が赤く腫れ、痛みを伴い、ものを飲み込む時に違和感を感じるのが特徴です。

扁桃腺炎の治療法

急性扁桃炎はありふれた病気のため放置する人もいますが、炎症が広がると扁桃の周囲に膿がたまって扁桃周囲膿瘍になったり、呼吸困難をおこしたりするので、耳鼻咽喉科を受診したほうがよいでしょう。扁桃腺炎の治療には抗生物質の内服とのどの消毒、鎮痛解熱剤が処方されます。1日か2日程度安静にしていれば良くなることがほとんどです。また、実は菌はいなくなりません。一度感染した扁桃炎の細菌は、基本的に根絶することができないので非常に再発率の高い病気です。もし、扁桃腺炎を一年に4回以上繰り返すようになると、手術しなくてはいけない状況になってしまいますので気をつけましょう。

インフルエンザと扁桃腺炎の見分け方

インフルエンザと扁桃腺炎は症状が似通っています。どちらか見分けるのにはポイントがあります。以下の項目が当てはまれば、インフルエンザかと思われます。チェックしてみましょう。

  • 突然の高い発熱がある
  • 体中の関節が痛い
  • 周囲でインフルエンザの人がいた
  • 物を飲み込んでものどは痛くない

扁桃腺炎を予防するには

扁桃腺炎になる原因は風邪、疲れ、喉の乾燥などがあげられます。また扁桃は、細菌の侵入口にある上に、表面に穴がたくさんあるため細菌の巣になりやすく、かえって感染源になってしまう場合があります。こうした感染を繰り返している扁桃は、大人になっても縮小しきれずに炎症が続き、ある程度の大きさを保つことになります。これが慢性扁桃炎といわれる状態です。このように、扁桃に病原菌が常にいるような人は、疲労のために体の抵抗力が弱った時や、風邪など新たに細菌の侵入を受けた時などに、扁桃の病原菌の力が体の抵抗力を上回り、扁桃炎が再発します。

風邪を引かない

手洗い、うがい、十分な睡眠が風邪予防に効果的です。また加湿を心がけましょう。

疲れを溜めない

ビタミンCを積極的に摂りましょう。サプリメントで摂るのも良いでしょう。睡眠をしっかりとることも必要です。

のどの乾燥を防ぐ

ふだんからマスクを着用しましょう。少しづつ、一日に1,5リットルの水を飲みましょう。部屋の湿度は50%~60%に保つのがよいです。また、たばこを控えるべきです。

うがいをする

日ごろから予防としてうがいをするようにしましょう。症状の軽い場合はうがい薬で炎症を抑えられたりします。お茶でうがいをするのも良いでしょう。お茶に含まれる「カテキン」にはウィルスの繁殖を抑える働きがあります。

正しい手洗いをする

帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。ウイルスは石けんに弱いため、石けんを使って爪の間までしっかり洗うことが大事です。

インフルエンザの予防もしよう

扁桃腺炎の予防はインフルエンザの予防にもつながります。さらにインフルエンザの対策も併せて行うと良いでしょう。

予防接種を受ける
インフルエンザの予防接種も受けておきましょう。もしかかったとしても症状が軽く済みます。

人混みや繁華街への外出を控える
インフルエンザが流行してきたら人ごみや繁華街への外出を控えましょう。

ヨーグルトを食べる
カスピ海ヨーグルトや明治乳業の「R-1」というヨーグルトを食べると菌を減らす効果があるうえ、腸内環境を整える効果がありおススメです。

【第3類医薬品】ハレナース 9包
小林製薬 (2013-09-04)
売り上げランキング: 111,417

まとめ:インフルエンザと扁桃腺炎を見分けるポイント

インフルエンザと症状のよく似た病気として扁桃腺炎があります。高熱と関節痛が共通しているので、なかなか見分けがつきにくいです。しかし見分けるにもポイントがあります。おさらいしておきましょう。

インフルエンザを見分けるポイント

  • 突然の高い発熱がある
  • 体中の関節が痛い
  • 周囲でインフルエンザの人がいた
  • 物を飲み込んでものどは痛くない

タミフルが効くタイムリミットまでに病院にかかりたいですね。この記事を参考に、予防も行ってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。