インフルエンザを早く治すための3つのポイント

元気な男

毎年、冬になると猛威をふるい私たちを悩ませるインフルエンザ、気をつけていたつもりでもかかってしまったということはあるかと存じます。

インフルエンザの予防接種も、受けたからといってかからないわけではなく、かかっても重症化しないというのが実のところは正解です。そのため、インフルエンザはかかにでもかかる可能性があるということです。

そんなインフルエンザかかってしまったら1日でも早く治したいですよね。本記事では、インフルエンザにかかってしまったとき、少しでも早く治したいという方に覚えていてほしい3つのポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

インフルエンザの諸症状

星

インフルエンザが流行りだす冬、同時に流行するのが風邪です。インフルエンザの症状は風邪よりもひどく、発症すると外出禁止になるため、寒気がしたり熱が出ると、みなさんインフルエンザではなく風邪でありますようにようにと願われるかと存じます。私も過去にインフルエンザにかかった際は、会社を休むことができなかったので、どうか風邪でありますようにと強く願ったものです。

しかし、インフルエンザであるか風邪であるかはご自身の判断で行うことは避けましょう。なぜかというと、インフルエンザの発症期間を短くするための薬は発症してから時間が過ぎてしまうと、効果を発揮しないからです。風邪だとご自身で判断をし、そのまま病院に行くのが遅れ薬も効かなくなると、その分完治するのが遅れてしまいます。結果、インフルエンザを長引かせてしまうといえるでしょう。

それでは次に、インフルエンザの治療に効果があるとされている薬についてご紹介します。

インフルエンザに効果ある薬について

インフルエンザのウイルスは、周りに突起物があるウニのような形をしています。このウイルスは、私たちの体の細胞の中に入りこみ、増殖していきます。そして数が増えると、細胞を突き破り外へ出て新たな細胞へ入り込むのです。このウイルスの突起物の部分は、ノイラミニダーゼと呼ばれております。

現在存在しているインフルエンザに有効とされる薬は、4つのものがあります。この4つの薬は全てノイラミニダーゼの働きを阻害し、インフルエンザウイルスの増殖を防ぐ働きをするのです。その4つの抗インフルエンザ薬とは、次の通りです。

  • タミフル…成人はカプセル、小児は粉状の最も一般的な抗インフルエンザ薬です。
  • リレンザ…吸入式の薬剤です。喉で増殖するインフルエンザウイルスに直接働きかけます。
  • イナビル…一番新しい吸入式の薬剤です。数回吸入するリレンザと比べて、イナビルは1度の吸引で済みます。
  • ラピアクタ…点滴にて体内に取り込む抗インフルエンザ薬です。約15分ほど、ゆっくりと時間をかけて点滴を行います。

体からインフルエンザのウイルスがなくなると、完治します。そのため、インフルエンザウイルスを増殖させないようにする抗インフルエンザ薬は、早期完治のために効果があるといえるでしょう。しかし、薬を飲むことのほかにも、インフルエンザを早く治すために知っておいてほしい3つのポイントがあります。次に、その3つのポイントについてご案内します。

インフルエンザを早く治すための3つのポイント

かかってしまったインフルエンザを一日でも早く治すために知っておいてほしい3つのポイントとは、次の通りです。

  • 安静にする
  • 水分補給をしっかりとする
  • 部屋の湿度を約60%くらいに保つ

では次に、上記の3つのポイントについて詳しくご案内します。

安静にする

当たり前のことかもしれませんが、安静にするのはインフルエンザを治すのに一番重要なことです。もともと私たちには、体に侵入してきた病原菌をやっつける自己治癒能力があります。病気のときに安静にしていなと、その自己治癒能力を発揮することができません。そのため、しっかりと横になり睡眠をとって安静にしておきましょう。

水分補給をしっかりとする

インフルエンザにかかると高熱が出るのが特徴です。熱を出すと汗をかくので、体からたくさんの水分が失われます。

あまり水分をとらないと脱水症状を引き起こすこともあります。そのため、水分補給をしっかりとしましょう。最近では、発熱時に失われやすいとされる電解質と糖質のバランスを考慮した「経口補水液」などが脱水症状に効果があると話題になっています。よろしければ試されてみてはいかがでしょうか。

部屋の湿度を約60%くらいに保つ

インフルエンザのウイルスは、乾燥している空気中で長生きしやすいとされています。また、私たちの喉は乾燥してしまうとウイルスを撃退する力が弱まるといわれています。そのため、部屋の湿度を上げると良いでしょう。大体湿度は60%が理想的です。冬は暖房器具などにより、空気が乾燥しやすいので、加湿器などを使用して湿度を上げましょう。

おしえて! インフルエンザのひみつ (ポプラサイエンスランド)
岡田 晴恵
ポプラ社
売り上げランキング: 31,703

まとめ:無理をしないのが一番です

本記事では、インフルエンザにかかってしまったとき、少しでも早く治したいという方に覚えていてほしい3つのポイントについてご紹介してきました。もう1度その3つのポイントを確認しましょう。

  • 安静にする
  • 水分補給をしっかりとする
  • 部屋の湿度を約60%くらいに保つ

かかってしまったら辛いインフルエンザですが、しっかり安静にして養生すれば治ります。一番いけないのは、無理をすることです。早くいつも通りの生活に戻りたい気持ちはあっても、無理をすれば更に長引いてしまうでしょう。インフルエンザを早く治したいのであれば、本記事でご紹介したポイントをおさえて早期回復を目指してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment