広告ロゴ
鼻水

毎年冬になればニュースになるインフルエンザ。潜伏期間の短さと感染力の強さであっという間に大流行します。風邪と違って全身症状が強く現れますが、風邪と似た症状もあります。その代表が咳や鼻水といった呼吸器の症状です。

この記事ではインフルエンザにかかった時にひどくなることのある鼻水の症状についてご説明します。インフルエンザの症状は高熱だけではないことを知っていただくとともに、自分にできることは何かを考えるためのご参考にしてください。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状

熱

インフルエンザといえば40度を超えることもある高熱が一番目につく症状です。高熱とともに全身倦怠感や関節痛、頭痛や全身の痛みなどの症状が出ます。だいたい2~3日で全身症状は軽くなり、その頃から咳や鼻水といった呼吸器の症状が出てきます。ただし熱が高いうちから鼻水が出るという人は実は結構いるのです。そしてインフルエンザの鼻水はかなりの曲者なのです。

インフルエンザの鼻水と風邪の鼻水の違い

喉がイガイガしたり鼻がむずむずして鼻をかむ回数が増えたり。そんな状態が2、3日続いて38度前後の熱が出るのが普通の風邪です。インフルエンザには前駆症状がありません。気分が悪くなったなと思ったら熱が上がりだして、あっという間に高熱と全身症状が現れます。その過程で呼吸器症状が現れるのです。そして風邪の鼻水がかなり水っぽいのに対して、インフルエンザの鼻水は緑っぽかったり黄色っぽかったりすると言われています。

しかしながら水っぽい鼻が出続けてティッシュを箱で消費したという人もいたりして、これが絶対的なインフルエンザの鼻水だと言うのはなかなか難しいことではあります。最初に鼻や喉に違和感があったなら、たいてい風邪かアレルギー性のものである可能性が高いとはいえます。ただインフルエンザではないとは断言できません。

インフルエンザの鼻水に注意すべきあれこれ

インフルエンザでも風邪でも鼻水は出ます。どちらも辛いことには違いありません。ではなぜインフルエンザの鼻水は注意が必要なのでしょうか。

お薬が使えない

高熱が出て病院へ行ってインフルエンザと診断されたとします。まずたいていの人はインフルエンザ用の抗ウィルス薬を処方されるでしょう。体内のインフルエンザウィルスは増殖が抑えられ、熱はさがってきますし全身症状も少し楽になります。たいていそのあたりで今度は呼吸器の症状がでてきます。その時に抗ウィルス薬を飲んでいた場合、他の薬は併用が難しいのです。頭痛薬も鼻炎薬も飲めない場合がほとんどで、ひたすら鼻水の洪水に耐えるのみです。鼻をすすりすぎたりかみすぎると弱った粘膜に傷がつき、鼻血が出ることもあります。

感染源になる

咳やくしゃみがインフルエンザの感染源になることはよく知られていますが、鼻をかむことも感染源になります。鼻をかんだ後のティッシュはゴミ箱にいれてもそこにウィルスが残ります。鼻をかんだ手にも残っています。その手であちこち触ればそこにもウィルスが付着します。たいていは感染後に鼻水が出始めますが、もし早めに鼻水の症状が出ればくしゃみや咳がなくとも周囲に菌をまき散らすことになるのです。

準備をしておく

鼻水のひどいインフルエンザにかかったら、それを治す方法はありません。できることは備えておくことだけです。鼻水の症状が強い場合、1日で箱ティッシュを使いきってしまうこともあるのです。無くなったからといって買いに行くこともできません。箱ティッシュを数箱常備しておくこと、できればウェットティッシュも用意しておきましょう。

鼻のかみすぎで鼻の周囲が荒れてしまった場合、ウェットティッシュのほうがかむのが楽ですよ。そして鼻をかむときに力いっぱいかむのではなく、軽く押さえる程度にしたほうがいいでしょう。これは鼻の粘膜を傷つけて鼻血が出るのを防ぐことにもなります。

ミューズ泡ハンドソープ泡モイスト本体 250ml
レキットベンキーザー (2013-09-09)
売り上げランキング: 24,224

まとめ:インフルエンザの予防は手洗いうがいが一番です

インフルエンザになった時、抗ウィルス薬を使わずにすませることはなかなか難しいでしょう。抗ウィルス薬を使わなくても治る時が来れば治りますが、その間高熱や全身症状に苦しまなければなりません。特に高齢者や乳幼児であれば命にかかわる場合もあります。やはり大切なのはインフルエンザにかからないことです。そして一番の予防方法は手洗いとうがいなのです。

手洗いとうがいは自分自身がインフルエンザにかからないようにすると同時に、感染していた場合に周囲に菌を撒き散らさないようにする効果もあります。自分のためにも周囲のためにも、手洗いうがいを習慣づけましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。