インフルエンザで鼻血が出る理由とその対処

広告ロゴ
風邪

冬になれば嫌でも流行するインフルエンザ。どんなに注意してもかかるときはかかってしまう病気です。そんなインフルエンザにかかって鼻血が出ることがあるのをご存知でしょうか。高熱に悩まされ全身症状に苦しんでいる最中に鼻血まで出る、インフルエンザとはなんともやっかいな感染症なのです。

この記事ではインフルエンザの主な症状となぜ鼻血がでるのかについてご説明します。大人でもいきなり鼻血が出れば不安になりますが、子どもの看病をしている親御さんなどは症状の1つ1つが心配のタネになりますよね。この記事をそんな不安や心配を少しでも和らげるご参考にしてください。

スポンサーリンク

インフルエンザの多様な症状

熱

インフルエンザといえば40度を超えることもある高熱が一番目につく症状です。風邪とインフルエンザの違いはいろいろありますが、たいていの人は急激な熱の上がり方で判断するでしょう。けれど実際には熱だけではなく多数の症状があります。しかも症状によっては2週間ほども頭痛やだるさが残ったり、最悪肺炎や脳症などを発症するかなり大変な病気なのです。高熱に加えて全身の倦怠感や頭痛、全身が痛む場合もあります。そして風邪と同じように鼻水や咳が出ます。それらの軽い合併症として鼻血があるのです。

鼻血の理由と対処

インフルエンザは喉や鼻の粘膜にウィルスがくっついてその場で増殖します。つまりいきなりそこで炎症が起きるわけです。そのため2~3日で一気に熱が上がり全身症状が出るのです。インフルエンザの症状には鼻血はありません。あくまで合併症なのですが、なぜ鼻血が出るのでしょうか。

粘膜の炎症と鼻血

インフルエンザに感染するとウィルスがくっついた箇所がまず炎症を起こします。たいていそれは喉か鼻になります。鼻でウィルスが増殖して炎症を起こせばそこに血液が集まって充血状態になります。鼻の粘膜はもともと弱く傷がつきやすいものです。そこに血液が集まってくれば少しの刺激でも鼻血が出るのです。しかも鼻の粘膜は傷が治りにくいため、一度傷がつけばそこはまた出血しやすくなります。子どもであれば気になってついついいじってしまうことも多いでしょう。結果繰り返す鼻血の原因になるのです。

簡易検査と鼻血

インフルエンザかどうかを判断するための簡易キットは、おそらくどこの病院にもあるでしょう。綿棒で鼻の中をぐりぐりして粘膜についたウィルスを取り、検査液につけて調べるあれです。検査のためには綿棒にきちんとウィルスを付着させなければならず、そのため少しきつめに綿棒をこすりつけることになります。その結果粘膜が傷つき鼻血を出す人がいます。一度傷が付けば鼻血は繰り返しやすくなります。

鼻づまりと鼻血

鼻がつまると息が苦しいですよね。なんとか鼻を通したくて何度も鼻をかんだりすすってみたり、小さい子どもだと指であれこれいじってみたりします。高熱で弱っている鼻の粘膜はすぐに傷つきます。そして炎症で充血している分通常以上の鼻血が出ます。大人の場合、朝起きたら枕が血だらけなんてこともあるようです。

鼻血を止めるには

一般的な鼻血はわりとすぐに止まります。結果鼻血がでたらティッシュをつめて横になるといった間違った方法が普及してしまいました。もちろん鼻血はいちおう止まります。けれどティッシュを抜くときにまた粘膜を傷つけてしまうのです。これをインフルエンザのような鼻の粘膜が弱った状態でやれば、再び鼻血が出るようになるだけです。正しい鼻血の止め方は

1.座ってややうつむき加減になります(喉に血がいかないように)
2.脱脂綿かガーゼを鼻の穴につめ、水に潜る時のように左右から小鼻をつまみます
3.そのまま5~10分抑え続けます(冷やしながらやると血管が収縮するので止まりやすくなります)

このようになります。もしもこのやり方で20分たっても血が止まらない場合は耳鼻科を受診しましょう。

一生インフルエンザにかからない体質の作り方
村上 一裕
フォレスト出版
売り上げランキング: 130,877

まとめ:インフルエンザの鼻血は判断が大切です

インフルエンザにかかると鼻血が出やすくなることおわかりいただけたでしょうか。大切なのは鼻血が出たかどうかではなく、その鼻血がその他の異常に繋がっているかどうかの判断です。たとえすぐに鼻血が止まっても、患者がうつろな様子だったり呼びかけに応えなかったり、意味不明な言動や行動をするようなら即刻病院に行くべきです。鼻血が出るか出ないかではなく、どんな状態かが問題なのです。もしもインフルエンザ中に鼻血が出たならば、この記事を少しでもお役に立ててください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。