どう過ごす?インフルエンザと学級閉鎖について知っておこう

学校

 

毎年、年が明けて少し経つと、インフルエンザが流行して児童生徒の欠席も多くなり、学級閉鎖や学年閉鎖・休校の措置をとったなどというニュースを聞きます。必ずといっていいほど流行るインフルエンザ。しかしその学級閉鎖の基準は各自治体によってまちまちなようです。

こちらでは、インフルエンザと学級閉鎖についてご紹介します。

スポンサーリンク


学級閉鎖とは

何で定められている?

学校教育法や学校保健法において、インフルエンザ等の伝染病が発生した場合、状況に応じて出席停止や臨時休業等の措置をとることができるとしています。

病気欠席ではなく出席停止

医者

学校でインフルエンザと診断された児童生徒が出た場合、その児童生徒は出席停止になります。実際には学校側で出席停止を命じなくても高熱や頭痛等で出席できない状態にあるわけですが、この場合、出席簿での扱いは一般の「病気欠席」とはならず「出席停止」扱いになります。

出席停止解除のタイミング

インフルエンザの場合、出席停止の期間が「解熱した後2日を経過するまで」、あるいは医師が伝染病予防上支障がないと認めたときということに注意しなくてはなりません。インフルエンザの伝染期間は発症から3~5日程度(小児の場合は7日程度)となっています。発症後5日程度で熱が下がっても、その後2日程度はインフルエンザウイルスを出していると考えられます。熱が下がったからとすぐに出席すれば、他の児童生徒を感染させてしまうおそれもあるので、出席にあたっては平熱に戻ってから2日が経過したこと、あるいは医師が出席を許可したことを確認してから、出席停止を解除しなくてはなりません。

インフルエンザと学級閉鎖

インフルエンザの発症が少人数の場合には、個々の児童生徒への出席停止という措置で対応できますが、発症者が多い場合には、学級あるいは学校としての「臨時休業」いわゆる学級閉鎖等の措置が必要になることもあります。多くの児童生徒が長時間いっしょに暮らす学校という場は、インフルエンザ伝染の危険性も高いので、伝染を予防し、発症した児童生徒の病状が回復するのを待つためには、学級閉鎖あるいは学年閉鎖・休校という措置も効果が大きいと考えられます。

学級閉鎖の基準

基本的に学級の児童数の内2割以上の児童が欠席した時点で学校長が担当医師の判断を基に決定します。しかし、昔と異なり土日が休みになってからは授業日数が少なく学級閉鎖すると年間の授業時間数を確保するのが困難になりました。それで、学級閉鎖せず、短縮事業などで対応している学校もあるようです。インフルエンザ対策としての学級閉鎖の基準は都道府県により異なります。

学級閉鎖中の過ごし方

発症していなければ外出しても良い?

学級閉鎖中の過ごし方について、悩まれている保護者の方が多いようです。基本的には、学校から「外出は禁止。家庭学習」という指示があると思います。これにはきちんと理由があり、まず学校に行くべき日に遊ぶこと自体が間違っているという点。そして、インフルエンザなどの感染症の潜伏期間を考慮しての指示なのです。感染症には潜伏期間というものがあります。感染症の種類にもよりますが、インフルエンザでしたら一般的には1~2日といわれており、その後に症状が出ます。短い潜伏期間では24時間後に症状が出て、長い場合は4日後あたりに症状が出ることもあるようです。そのため、インフルエンザでの学級閉鎖の期間が、4日程度なのです。

学級閉鎖の目的は、この潜伏期にある子どもたちと、感染していない子どもたちをあわせないことでもあり、潜伏期にある子どもが全員発症し終わるまでクラスの児童たちを一緒にさせるべきではありません。ですから、今はインフルエンザにかかっていなそうな友達であっても、やはり学級閉鎖中は会わせるべきではないといえるでしょう。

家での過ごし方

流行の噂を耳にしたら、保護者が学級閉鎖・学校閉鎖中に備えておけることがあります。

教科書やノート、副教材などを学校に置きっぱなしにさせない
自宅待機になった時にもこれで復習や宿題を支障なくこなすことができます。テスト前でも慌てずに済みます。

一人で過ごせる時間はどのくらいか、親が改めて把握する
1日の中に適宜一人で取り組む時間を設けて、保護者も少し息をつける時間をつくっておけば、少し長い休みになっても行き詰らないでしょう。

家庭で時間割を作る
家で時間の目安がないと、生活リズムが作りづらくなり、結局ダラダラ過ごしてしまいがちなので時間割を作りましょう。40分単位で作るのがポイントです。また、体をしっかり目覚めさせ、体内時計をしっかり整えるためにも、日光を浴びさせて軽く体を動く時間を作るようにすると良いでしょう。

インフルエンザ・ワクチンは打たないで!
母里 啓子
双葉社
売り上げランキング: 27,133

まとめ:インフルエンザと学級閉鎖について知っておこう

インフルエンザという感染症の特性から、学級閉鎖は有効と考えられますが、その実施の基準は自治体によって違います。突然のことで慌てる前に事前に準備をしておきましょう。

事前に準備しておきたいこと

  • 自治体の学級閉鎖の基準を知っておく
  • 教科書やノート、副教材などを学校に置きっぱなしにさせない
  • >一人で過ごせる時間を把握する
  • 家庭で時間割を作る

時間を持て余せるぐらい元気な方が良いです。インフルエンザの予防をしっかりして乗り切りましょうね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment