インフルエンザの男

インフルエンザにかかった後、薬を飲んでゆっくり休んでいると、熱が下がり、体調が回復して治ったのではないかと感じてしまいます。体が動かせるようになると外出したくなりますが、インフルエンザが治るまでは外出禁止と言われます。外出禁止はいつまでの期間なのでしょうか。

スポンサーリンク

インフルエンザにかかると外出禁止になる理由

街

インフルエンザは、発症してから完治するまでだいたい5日かかると言われています。また、発症してから2~3日程度は高熱などの症状が現れます。したがって、発症後2日くらいまではインフルエンザウイルスは体内に残っています。

自分の体に免疫ができ始めますので、症状は治まっていきます。しかし、感染力のあるウイルスが体内に残っていますので、体調が回復したからといって外出すると周りの人を感染させてしまうことになります。

厚生労働省が定めた外出禁止期間

厚生労働省のホームページでは、次のように記載されています。

『一般的に、インフルエンザ発症前と発症してから3~7日間はウイルスを排出すると言われています。
(中略)
参考までに、現在、学校保健安全法では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています(ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません)。』

学校は集団感染が最も広がる危険性のある場所の1つなので、きちんと判断できるように法律で定められています。

外出禁止の期間の目安

厚生労働省の見解からも、少なくとも発症後5日、解熱後2日のいずれか遅い方の期間は外出禁止と考えられます。

症状が治まればインフルエンザウイルスも死滅しているというのは誤解です。熱が下がっても感染力のあるインフルエンザウイルスが体内に残っている可能性があります。そのため、体調が回復したからということで外出すると、感染力のあるウイルスをまき散らし、周りの人に感染させてしまうのです。

受診以外では外出は控えてください。

外出禁止の現状

インフルエンザにかかって5日間外出禁止と言われて、どれくらいの人がこの禁止期間を守って自宅待機しているのでしょうか?外出禁止の現状について調べてみました。

インフルエンザを発症した20~50代の人を対象にした『インフルエンザと自宅待機期間の過ごし方に関する意識調査』の結果によると、外出禁止期間にスーパーやコンビニに行っている人が多いということが分かりました。

インフルエンザにかかった時の外出禁止期間に外出したという質問に、30.5%の人が外出したと答えています。外出の理由は、食べ物や飲み物の調達というやむを得ない理由が多く見られました。しかし、熱が下がったからとか、体のだるさが軽くなったから、仕事を休めなかったからなど、感染予防の意識の低さや社会的な体制の不備などによる外出も目立っています。

外出先については、スーパーが55.7%と最も多く、次に多かったのは43.4%のコンビニでした。会社などの仕事と答えた人は32%もいました。外出先に行く交通手段としては、バスが22.1%、電車が19.7%であり、公共交通機関を利用している人が多くいるということも分かりました。

インフルエンザにかかっている人は自宅待機しているからウイルスは外出先には出回っていないだろうと油断してはいけないということが明らかになりました。自分の身は自分で守るという意識が大切です。そのために、手洗い・うがいの励行や、マスクの着用、インフルエンザが流行している時は人が多く集まる場所にできるだけ出かけないなど、個々の予防策が必要です。特に、スーパーやコンビニ、電車やバスなどの公共交通機関を利用する際は、インフルエンザにかかっている人や治りかけの人がいると想定して、最大限に予防をしておくことをおすすめします。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 269

まとめ:インフルエンザの外出禁止期間の目安は発症後5日、解熱後2日

インフルエンザにかかった後、薬を飲んだりしっかり休養をとったりすると、すぐに熱が下がったり体調が回復したりします。しかし、だからといってすぐに外出するのは自分にとっても周りの人にとってもよくありません。
なぜなら、熱が下がってもウイルスが完全に排出できるまで5日くらいかかるからです。ウイルスが排出し終わる前に外出すると、周りの人にうつしてしまう可能性があります。

そのため、インフルエンザの発症後5日、解熱後2日は外出禁止となっています。

しかし、食糧調達や仕事を休めないなどのそれぞれの事情により、外出禁止期間にも関わらず、外出している人も多くいます。インフルエンザにかからないようにするために、マスクの着用やうがい、手洗いなど自分の身は自分で守るという意識や行動が必要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment