インフルエンザにバファリンは厳禁!真冬の解熱鎮痛剤の選び方

インフルエンザの女性

真冬に仕事していると、嫌でも繁華街なんかにいかなければならない時がありますよね。
インフルエンザは潜伏期間が短いものの、発症する前に人に感染してしまうことがあります。ある日突然高熱がでて、頭も痛い!

と思っても、すぐに解熱鎮痛剤を飲むのは危険です。特に小さいお子さんがインフルエンザの症状を起こした場合、大人用の解熱鎮痛剤を飲ませるのは危ないでしょう。

特に気をつけたいのが、解熱鎮痛剤の代名詞ともいえる「バファリン」です。

この記事では、注意したいインフルエンザとバファリンとの関係についてご説明いたします。

スポンサーリンク

バファリンとインフルエンザの関係

インフルエンザの女性

バファリンは、痛み止めや解熱剤として広く流通している製剤です。頭痛、生理痛、歯の痛み、喉の痛みなどにもよく効き、効果が早く胃薬の成分も配合されているため、副作用も比較的小さいため解熱鎮痛剤の王様と呼ばれることも多いようですね。

バファリンには「バファリンA」「バファリンプラスS」「バファリンルナi」「バファリンかぜEX」「キッズバファリン」「小児用バファリン」と様々なシリーズがあります。

バファリンの解熱剤成分としては、「アスピリン」と「イブプロフェン」の両方が配合されています。インフルエンザ時に接種すると危ないのが、この「アスピリン」という成分です。

アスピリンは別名、アセチルサリチル酸と呼ばれます。解熱鎮痛剤の成分には様々なものがあるのですが、非ピリン系の解熱鎮痛剤としても鎮痛・解熱作用が強く、効きが早い解熱鎮痛剤として古くから使われていますが、かつては胃を荒らし眠くなりやすいといった副作用がありました。

バファリンはそれらに対応するように様々な成分を配合し、副作用を抑えたまま強い効き目を維持することに成功しました。そこで広く使われるようにもなったのですが、子供には少々効き目が強く、アスピリンが配合されていない「小児用バファリン」などを発売するようにもなりました。

アスピリンとインフルエンザ

インフルエンザ時にアスピリンを投与することが危険だとされるのは、特に小児において「インフルエンザ脳症」及び「ライ症候群」と呼ばれる重篤な症状を引き起こすことが多いからです。

インフルエンザ脳症とは、インフルエンザの合併症として知られるもので、1,2歳時に多く、小児がインフルエンザにかかった場合に極稀に発症する恐ろしい病気です。これにかかると、異常行動やうわ言などをいい、高熱や神経障害が起きます。罹患すると3分の1は死亡し、峠を超えても重たい後遺症が残ることが多いようです。

年間100から200名ほどが命をおとしますが、症例は多いとはいえず診断が遅れることも稀にあります。

大人になってからの症例はほとんどないと思われますが、アスピリンの副作用で「アスピリン喘息」などが発症しやすく、15歳以上の大人であってもアスピリンの接種は避けたほうがよいと言われています。

インフルエンザ時の解熱について

インフルエンザにかかった場合、解熱材は無理に飲まなくてもよいとされています。寒気がひどい場合などには飲んだほうがよいでしょうが、特効薬はなく、タミフルやリレンザといったインフルエンザの薬はインフルエンザに罹患してから48時間以内に飲まなければ効果がないとされています。

しかし、アスピリン等ではなく、比較的効果がある解熱鎮痛剤であれば、利用してもよいものがあります。

イブプロフェン

アスピリンを含まず、イブプロフェンという成分を主成分にしている解熱鎮痛剤は少量であればインフルエンザ時でも利用が可能です。バファリンのようにアスピリンと一緒に配合されている場合もあるので注意が必要です。イブプロフェンは眠くなる成分が含まれていないので、仕事中などにも飲むことができます。

解熱鎮痛剤では「イブ」シリーズなどがイブプロフェンを主成分としています。

アセトアミノフェン

アセトアミノフェンは非常に穏やかな作用の解熱鎮痛剤です。タミフルなどと同時に飲むこともでき、子供でも安心して使えます。

「小児用バファリン」や「カロナール」と呼ばれる医薬品に含まれています。あるいは、「タイノール」という鎮痛剤も主成分はアセトアミノフェンです。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 214

まとめ:バファリンは使わずに治しましょう

インフルエンザに罹患した場合、高熱がでてもバファリンを投与してはいけません。インフルエンザは解熱鎮痛剤無しでも治ることが多いのですが、高熱がひどい場合にはアセトアミノフェンを含む鎮痛剤を飲むのがよいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment