インフルエンザの時に母乳を与えることでの影響の有無

広告ロゴ
インフルエンザの女性

 
かかるまいと思っていてもかかってしまう怖いインフルエンザ。母乳で育てているママならば赤ちゃんにうつってしまわないか心配になりますよね。また予防接種の影響も出てしまわないか、普段お酒も飲まないで頑張っているママには気になるところです。

こちらでは、インフルエンザと母乳への影響についてご紹介します。

スポンサーリンク


インフルエンザと赤ちゃん

インフルエンザは母乳からは感染しない

インフルエンザの女性

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。咳やくしゃみで空気中にウイルスが飛び散り、それを他の人が吸い込むことによって感染します。血液の中にも少量のウイルスが出現することがありますが、母乳中にでる量はごくごく少量で、母乳によってインフルエンザが赤ちゃんに感染することはありません。

母乳を飲ませ続けるほうが軽くてすむ

お母さんと赤ちゃんとのふれあいは濃厚ですので、インフルエンザの症状が出る前の潜伏期間に、赤ちゃんにも感染してしまっている可能性が高いと思われます。そして母乳には多種類の感染防御因子が含まれているため、授乳を続けるほうが赤ちゃんには利点が多いと考えられます。

したがって、母乳を中止することの意味はあまりなく、基本的には中止する必要はありません。しかし、お母さんがインフルエンザによる高熱で体力的にも消耗しているときの授乳は大変だと思いますので、そのときの様子を見ながら、無理のない範囲で、と考えるのがよいと思われます。

インフルエンザの薬を飲んだら

抗インフルエンザ薬が母乳に移行したとしてもごくわずかです。現在、日本で使用されている抗インフルエンザ薬は3種類です。

A型にもB型にも有効な薬剤には、ザナミビル(商品名;リレンザ)とオセルタミビル(商品名;タミフル)があります。そのうち、ザナミビルは吸入薬で、体内に吸収される量は少なく母乳中への移行はほとんどないと考えられていますので、授乳中のお母さんが使用するのに適しているとされています。

また、オセルタミビルも、内服した場合の血中の薬の濃度は低く、母乳中に移行したとしても赤ちゃんへの影響はほとんどないとされています。実際には、オセルタミビルは小児にも広く使用されている薬剤です。

A型インフルエンザにのみ有効なアマンタジン(商品名;シンメトレルなど)は、母乳中にわずかに移行します。しかし、お母さんがアマンタジンを飲んで授乳し、赤ちゃんに影響が出たという報告はありません。ただし、アマンタジンは母乳の産生を促すプロラクチンの分泌を抑制しますので、授乳中のお母さんにはできるだけ使うべきではないとされています。

現在のところ服用してもよいとする意見や、薬の量を減らすか服用日数を少なくするなどの工夫をすべきといった意見がありますが、医師の多くは抗インフルエンザ薬を使用した場合は、薬剤が母乳中に移行するとして服薬中に母乳を与えることは避けるよう指示を出すようです。医師の指示に従いましょう。

授乳を中断しなければならないとき

どうしても授乳を中断しなければならないときは、必ず3時間おきに搾乳することです。搾乳によるトラブルを防ぎ、分泌を維持できます。

インフルエンザの予防

母乳を飲むことが予防

インフルエンザの一番の予防法は、お母さんが日常生活に気をつけて疲れを溜めないように、細切れでも充分に睡眠を確保し、栄養のある食事をとって、体力をつけておくことです。また、赤ちゃんにとっての一番の予防は、免疫のいっぱいはいった母乳を飲ませることです。

授乳中の予防接種は?

授乳期間中にインフルエンザワクチンを接種しても支障はありません。母乳を通してお子さんに影響を与えることもありません。

一方、母親がインフルエンザワクチンを接種したことによって、乳児に直接のインフルエンザワクチン感染の予防効果を期待することはできません。家族みんなが手洗い・うがいを徹底します。予防接種を家族全員で受ければ効果も高いでしょう。お母さんが予防接種を受けたときも、母乳を飲ませてかまいません。

まとめ:インフルエンザと母乳への影響

もしお母さんがインフルエンザにかかったらインフルエンザの症状が出る前の潜伏期間に、赤ちゃんにも感染してしまっている可能性が高いと思われます。さて、母乳がオススメのわけおさらいしておきましょう。

  • インフルエンザは母乳からは感染しない
  • 母乳には多種類の感染防御因子が含まれているため、授乳を続けるほうが赤ちゃんには利点が多い
  • 授乳期間中にインフルエンザワクチンを接種しても支障はなく母乳を通して赤ちゃんに影響を与えることもない

大事なのは予防です。家族みんなで手洗い・うがいを徹底し予防接種を家族全員で受ければ効果も高いでしょう。赤ちゃんにはたっぷり母乳をあげてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。