必見!インフルエンザの2回目の予防接種のベストのタイミング

インフルエンザの男

冬の乾燥した時期に流行しやすいインフルエンザ。学級閉鎖になることもありますし、職場でも流行すると大変なことになってしまうことがありますよね。

インフルエンザウイルスは一度体内に入ってしまうと対処療法が難しい病気として知られています。タミフルなどの医薬品も出てきましたが、大事なのはやはり予防ですよね。

毎年欠かさずにインフルエンザウイルスの予防接種を受けている方も多いかと思いますが、絶対にインフルエンザになるわけにはいかない! という方はインフルエンザの予防接種を2回受けることも効果的です。

しかし、インフルエンザの予防接種は2回目を受けるときにはタイミングが重要です。ここではあまり知られていないインフルエンザの予防接種についてご説明いたします。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの女性

インフルエンザの予防接種とは、体に毒性の低いウイルスを注入することで、抗体を作成させることです。そのため、予防接種をした直後は体調を崩してしまうこともすくなくありません。

ワクチンは子供の頃からできますが、インフルエンザには様々な「型」があり、それらを全部一変に摂取してしまうことは難しいのです。また、抗体の作成も一度に全部出来るわけではないので、インフルエンザの予防接種は一度受ければ大丈夫という物でもないそうです。

インフルエンザウイルスは年ごとに変わります。多くは既存の流行株が交代する程度ですが、稀に全く別種のウイルスに変異することもあります。そのため、インフルエンザウイルスの予防接種は2回に分けて、多種の抗体を作ることが理想とされているのです。

もちろん、一度の摂取でも64%ほどの予防効果はあり、もしインフルエンザにかかったとしても重篤化することは比較的少ないため、一度でも摂取しておくとよいでしょう。2回目の摂取を受けることで94%の予防効果があるとされています。

2回目のインフルエンザ予防接種における注意点

インフルエンザの予防接種を2回目受けるときには、「時期」と「体調」が重要です。まず、インフルエンザの流行は12月から3月までが多いのですが、インフルエンザが流行している時期に受けても実はそれほど効果がありません。

インフルエンザの摂取は10月中旬ごろから受け始めるのが理想です。

そして、3週間程度の間を置いて、二度目の摂取を行うことになります。あるいは4週でも構いませんが、一月と三週間ほど間があいてしまうと、2回目の摂取が受けられなくなってしまうことがあります。インフルエンザの抗体が出来上がってしまい、2回目の摂取の効果がなくなってしまうといわれています。

1月中旬ごろにインフルエンザの摂取を考えている方は、少し遅いかもしれません。

また、体調が悪い時にインフルエンザの接種をしないようにしましょう。風邪等をひいてしまったらインフルエンザの接種が逆効果になってしまいます。

子供の予防接種

子供のインフルエンザの予防接種は、必ず2回目も行うようにしましょう。12歳未満の小児はインフルエンザにかかりやすく、また抗体を十分につくれていないことが多くあります。1度目の接種では十分な抗体を作れないと言われています。

また、前年度にも2回接種を行なっている場合には、1回の接種がよいでしょう。あまた、インフルエンザの予防接種で体調を崩す子供も多いので、かかりつけの医者に相談することが重要です。

予防接種は2回目も必ず

そうはいうものの、大人の方は予防接種を受ける時には2回目も受けるべきだと言われています。「インフルエンザの予防接種は一度で良い」と聞いたこともある方も多いかもしれませんが、実はこれはインフルエンザのワクチンが不足してしまった時に政府が言い始めたことなのです。

一応64%の予防効果はあるとはいえ、実は64%だと予防効果そのものはそれほど高くない数値なのですね。免疫学的には2回目の予防接種は必須であると言えるでしょう。
また、大人になってからインフルエンザに罹患すると、ウイルスが住み着きやすい場所が体内にたくさんあるため大変重篤な症状がでてくることがあります。

インフルエンザの予防接種は2回目もしっかり受けましょう。

一生インフルエンザにかからない体質の作り方
村上 一裕
フォレスト出版
売り上げランキング: 48,072

まとめ:インフルエンザの予防接種は2回目も忘れずに受けよう

インフルエンザの予防接種は、2回目もしっかり受けるようにしましょう。そのためには、最初の一回目を10月中に受け、続いて3週間後程度に忘れずに受けるようにすることが肝心です。

12歳時未満は前年に予防接種を2回受けた場合には、翌年は1度で十分ですが、いずれにせよかかりつけの医師の診断をしっかり仰ぎましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment