パパとママは絶対注意!1歳児に発生しやすいインフルエンザ脳症の恐怖と予防法

幼児

冬の乾燥した時期に流行しやすいインフルエンザ。実は、大人や子供ばかりではなく、生まれたての赤ちゃんもインフルエンザにかかることがあるんです。恐ろしいことに、このインフルエンザは「インフルエンザ脳症」と呼ばれる重篤な症状を引き起こし、最悪死に至ることもあるのです。

たかが風邪、と侮ってはいけません。パパとママになったら、衛生面も徹底的に注意したいところです。

この記事では、インフルエンザの中でも特に恐ろしいインフルエンザ脳症と1歳時の赤ちゃんとの関係や予防方法について説明いたします。

スポンサーリンク

インフルエンザ脳症の恐怖

幼児

インフルエンザ脳症は、赤ちゃんの時に特に起こりやすいインフルエンザの派生病です。インフルエンザウイルスが脳に侵入し、高熱とけいれん、意識障害や異常行動を起こす恐ろしい病気です。

インフルエンザが流行する1月から3月ごろに患者数が激増し、そのあとに減少していきますが、初期に流行するA型、あるいはB型の両方で発症します。男女差はないとされています。

小児期のインフルエンザ合併症

インフルエンザは通常喉や消化器系に住みつき、様々な症状を発症させますが、注意したいのは小児では急性脳症を合併しやすいことがあります。1才から5才児に多く、高熱を発します。恐ろしいことに、こうなると、1日から3日以内に死亡することがあり、生存したことがあっても重度の後遺症が残ることがあります。

以前ではインフルエンザではそれほど重度の病気にはならないとも言われていましたが、ここ二十年間は、大体100人から200人ほどがインフルエンザ脳症の死亡例として認定されています。

異常があったらすぐに病院に

インフルエンザ脳症の特徴として、高熱につづいて、異常行動が見られることがあります。わけもなく何かを怖がったり、見えないものが見えるといったり、見えるはずなのに見えなかったりする場合です。たとえば、そばにいる母親の姿わからなかったり、浮ついて意味不明な詞を話し始める、あるいは目つきがおかしくなる、立てなくなる、など、その症状は明らかに異なります。

こうした症状が少しでも見られたら急ぎ病院にいきましょう。早期治療によって死亡ないし重篤な傷害が残るリスクを大幅に低減できます。

インフルエンザの疑いがある場合の対処法

実は、小児期のインフルエンザ脳症についての特効薬や治療薬は現在にいたっても存在しません。大人用の解熱剤に含まれるアスピリンなどの成分が脳症を発症させる可能性も指摘されており、服薬には最新の注意が必要です。

つまり、もっとも重要な事は、インフルエンザにかからないように予防することなのです。ここでは1歳の赤ちゃんがインフルエンザにかからないようにするための方法についてご紹介いたします。

パパママが清潔に保つ

単純なことですが、注意したいのはパパママが自分自身を清潔に保つ ということです。外の乾燥した空気や、衣服の隙間にウイルスが入り込みやすいのです。子供と触れ合うパパやママは体を清潔に保ち、細菌やウイルスを移さないように心がけましょう。

赤ちゃんの部屋の温度と湿度を保つ

インフルエンザのウイルスは乾燥した空気が大好物です。空気清浄機や加湿器を使うことでウイルスの繁殖しにくい環境を作ることが大事です。とくに加湿器の効果は非常に高いので、部屋のサイズにあった加湿器を購入してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃん自身の水分補給をかかしてはいけませんね。皮膚などをベビーパウダーなどを使って守ってあげましょう。

ワクチンの予防接種を受ける

1歳時では勧められないという医師もいますが、ワクチンの予防接種を受けることができます。とくに熱性けいれんと呼ばれる重たいけいれんを起こしたことが有る子供には有効だとされています。2回程度の予防接種が必要ですが、数千円で可能です。

まとめ:インフルエンザの予防はパパママから

インフルエンザ脳症は現在でも有効な治療法がない病気で、3分の1は死亡してしまう重たい病気です。インフルエンザにかからないように、パパママの配慮がもっとも重要な予防策となるでしょう。

加湿器の利用や、空気清浄機の利用、そして赤ちゃんが冷えないようにしっかりとした保温・保湿対策を練ることから始まり、もし一度でも熱性けいれんを起こしたことがあるのであれば、ワクチンの摂取なども良いでしょう。

一度発症してしまえば、点滴などの対処療法しかありません。インフルエンザの予防を行うためにはまずはパパママがインフルエンザにかからないように気をつけることが重要なのです。

また、異常行動や高温の発熱が合った時にはすぐに小児科医の診断を受けましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment