インフルエンザでの完治証明の必要性と入手方法

医師

インフルエンザにかかってしまった場合に、学校や会社から完治証明が求められる場合があります。この完治証明を発行してもらうための条件や方法とは一体どのような物なのでしょうか?

今回はこの完治証明に関する疑問について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

なぜ完治証明が必要なのか?

まずは集団の場に赴く際に、なぜ完治証明が必要とされるのかを見ていきましょう。

インフルエンザは重病化しやすい

医師

普通の風邪と違い、インフルエンザの症状は重く合併症や後遺症の危険がある病気として知られています。また、蔓延が拡大する可能性があると一時的に学級閉鎖や学校閉鎖したり、企業でも同等の措置が取られることがあります。

このようなことにならない為にあらかじめ感染してしまった者に対して隔離措置をとる意味で、完治するまでは自宅で療養し、他の者に感染しないようにして下さいという処置が必要になります。

完治までの期間について

インフルエンザが完治したとみなされる期間は厚生労働省のガイダンスに告知されていますが、発症後5日が経過し、かつ解熱後2日が経過している事と定められており、主に児童を対象にこの決まりを守るように促しています。

ただ、診察をした医師が完治していると判断した場合にはこの限りではないともしています。つまり、病院でもう治りましたよと判断された場合には上記の日数が経過していなくとも完治したという事で登校が認められるという事になります。

完治証明は必ず提出しなければならないのか?

基本的に医師の診断で完治が告げられて場合、その旨を学校や会社に報告し、登校や出社の許可をもらうというのが一般的ですが、会社によってはローカルルールというものがある場合もあります。

会社の規則でインフルエンザに感染して休暇を取った場合、診断書あるいは完治証明のいずれか、もしくは両方とも必要としているところもあるようです。多くの従業員を抱える企業として、インフルエンザの蔓延を危惧するためにこのような規則を設けている企業があります。

とはいえ、完治証明は国や自治体がその提出を義務付けているものではなく、飽くまで所属している企業や団体、学校などでローカルルール―として定めているのが現状です。

完治証明はどうすればもらえる?

それでは、実際にインフルエンザにかかってしまった時に、自分の所属している学校や会社が
完治証明を必要としていた場合どのようにして完治証明を発行してもらえばよいのかを見ていきましょう。

完治証明を発行できる医師

完治証明を発行してもらうには、まず診察をしてもらっていなければなりません。インフルエンザにかかっていると診断した医者に完治証明を発行してもらうのが正しい手続きになります。

しかし、やむを得ない理由によって初期診断の医師に診察してもらえない場合には、別の医師に完治証明を出してもらわなければなりません。その場合には、その旨を説明して、もう現在はインフルエンザにかかっていませんよという診断書になるケースが殆どです。

基本的には最初にその病状をインフルエンザと診断した医師でなければ完治証明の発行はできないという事になっています。これは医師法で定められていることですので、患者側の医師ではどうにもなりません。

完治証明の発行にお金はかかるのか

完治証明は診断書として考えられていますので、当然発行してもらうにはお金がかかります。普通の診断書を発行してもらうには、病院によって金が鵜が異なることもありますがおよそ2,000円~3,000円程かかります。完治証明もこのぐらいの発行費用が掛かると思って間違いないでしょう。

また、企業によっては子の診断書の発行費用を会社側が負担してくれるところもあるようですので、自分の所属している企業や団体の社則を調べてみるのもいいかもしれません。

完治証明を発行してもらえないことはあるのか

先ほど触れた医師法では、診察をした医師が患者から診断書や検案書などの提出を求め得られた場合、正当な事由がなく拒んではならないと定められています。また、自ら診察をしていない症状について診断書や検案書を交付してはならないともあります。

つまり、診断書の類は診察してもらった医者でないと基本的に発行してもらえないという事になります。インフルエンザにかかったときに診察してもらった医者と診断書の発行をしてもらう医者は別々ではいけないという事です。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 187

まとめ:完治証明を発行してもらうために必要なこと

インフルエンザの完治証明を発行してもらうためには、最初に受診した医者と完治証明を発行する医者が同じ医者でなければなりません。

また、法的に定められてはいなあいものの、企業や団体、学校などで提出が義務付けられている場合にはやはり提出しなければならないでしょう。

そのためにも、インフルエンザにかかってしまったらきちんと医師に診察してもらい、最終的に完治したかどうかを再度診察してもらうことが大切だという事です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment