いびきを予防するには。簡易な方法から医学的な方法まで

深夜

いびきを予防するためには簡易な方法から医師による治療によって予防するという方法まで様々なものがあります。簡易ないびき予防方法は日常の生活の中で睡眠時の姿勢を帰るということだけでも効果がありますが、いびきの原因が睡眠時無呼吸症候群によるものである場合には、その原因となっている睡眠時無呼吸症候群とともにいびきを予防・解消することが必要となります。

本稿ではいびきのメカニズムや予防方法についてまとめています。

スポンサーリンク

いびき発生のメカニズム

カップル

いびきは睡眠中に起こってしまうものなので、ご自身の意思で睡眠中に予防・コントロールすることは不可能です。いびきは次のようなメカニズムで発生します。つまり、のどなどの空気の通り道を上気道と言いますが、この上気道を通過する空気が粘膜等を振動させることでいびきは発生します。いわば、空気による気道のビブラートがいびきの発生原因です。

いびきが睡眠中に起こるのは、睡眠中は気道が狭くなるためです。睡眠中に気道が狭くなる理由は、多くの場合、肥満による脂肪のたい積が原因ですが、アルコール・上あごの骨格の構造的な問題などでもいびきは発生します。このようにいびきは意識を失っている睡眠中にのみ発生するものですので、自らの意思で止めることはできません。そのため、いびきを予防するための方法を知っておくことがいびきの解消・予防のためには重要となってきます。

簡易ないびき予防法

いびきを予防するために、非常に簡便出来る方法としては、横向きで眠るという方法を挙げることができます。

いびきは上気道が睡眠中に狭くなることが原因で発生しますので、横向きになって睡眠をとるだけである程度いびきを予防することが可能となります。

この予防法は、例えば、いびきを気にする年頃のお子さんが修学旅行などの際に即興でいびきを予防させるための方法として効果的です。

もっとも気にしたい睡眠時無呼吸症候群によるいびきとその予防法

いびきは単に体質として発生するものであれば、よほど大きなものでなければ支障はないと言えるでしょう。また、多少なりともいびきをかくほうが睡眠中にリラックスができているといえますので、いびきの予防を考える必要性は少ないと言えます。

ただ、いびきの原因が睡眠時無呼吸症候群によるものである場合には、いびきの予防・治療が必要です。正確にはいびきそのものよりもその背後にある睡眠時無呼吸症候群を治療することが大切ですが、ここでは便宜上、いびきの予防法という文脈で説明をしていきます。

睡眠時無呼吸症候群の場合、気道が狭くなる程度が著しく、その結果、気道が閉塞してしまうほどになります。つまり、睡眠中に息をしていないという状態になります。当然、気道も狭くなりますので、いびきも非常に大きなものとなります。

睡眠時無呼吸症候群によるいびきは日中の意識障害などを引き起こす恐れがありますので、予防・解消することが必要です。まず睡眠時無呼吸症候群によるいびきであることの確認ですが、基本的には異常な大きさのいびきを周囲から指摘されたり、日中のだるさ、眠っていないかのような疲れ、そして突然の意識障害などがあった場合には睡眠時無呼吸症候群の可能性を疑うことが必要です。

体格としては肥満型の方が睡眠時無呼吸症候群になりやすいと言えます。

睡眠時無呼吸症候群によるいびきの可能性がある場合には医療機関での治療を受け低美姫を予防することとなります。具体的には、CPAPという治療法を中心として睡眠時無呼吸症候群やいびきの予防などを行います。

睡眠時無呼吸症候群の場合には、その治療がそのままいびきの予防となりますので、根気強く病院で治療を受け続けることが大切です。もちろん、いびきの予防のためには肥満症の改善などの生活指導設けることとなります。睡眠時無呼吸症候群によるいびきの治療・予防は、健康的な生活そのものを維持するために重要となりますので、是非とも治療を受けられるようにされてください。

また、その他、いびきがどうしても気になり、予防をするために、気道を切開する手術をするような場合もありえますが、まれなケースということができます。

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)
三晴社 (2006-06-05)
売り上げランキング: 97

まとめ:いびきの予防方法についてのポイントのまとめ

以上、本文で述べましたいびきのメカニズムや予防方法に関してのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • いびきは睡眠中に気道が狭くなってしまうことが原因で生じます。気道がせまくなり、空気の通り道で空気が振動することがいびき発生のメカニズムということになります
  • いびきを予防する非常に簡便な方法として挙げることができるのが横向きで眠るという方法です。眠る際に体を横向きにするだけでいびきを予防することがある程度可能となります
  • いびきで注意したいものは睡眠時無呼吸症候群によるいびきです。睡眠時無呼吸症候群の場合には、いびきの予防とその背後にある睡眠時無呼吸症候群の治療を行うことが健康維持のためにはとても大切です。医師の診断などを通していびきの予防・睡眠時無呼吸症候群の解消をされるようにしてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment