気になるいびきを治したい人のための様々な治療方法

いびきをかいて寝る男

いびきの治療を本格的に行うためには、専門医による治療を受けることがおすすめできます。

いびきの治療は、CPAP療法やマウスピースを利用した治療法などが確立しており、専門医による治療を受けることで多くの場合は解消することが可能です。また、睡眠時無呼吸症候群が原因でいびきが起きている場合には、専門医の治療によって、睡眠時無呼吸症候群と一緒にいびきを治療してもらうことが効率的です。

本稿ではいびきの様々な治療方法を中心にまとめています。

スポンサーリンク

いびきとは

月夜

いびきとは、睡眠中にのどや鼻などの上気道がせまくなることにより、空気が通る時に起こる振動音のことをいいます。いびきは男性に多く、男性の場合には約5人にひとりがいびきをかくと言われます。これに対して女性の場合にはいびきをかくのは10人に1人以下の割合と言われます。

いびきは肥満体質の方、扁桃腺が大きい方、顎が小さい方(小顎症の方)などがいびきをかきやすい傾向です。これらの体質の方は睡眠時に上気道が特に狭くなる傾向にあるためです。上気道の狭まり具合が極度になってしまい、息を吸うことができない程になってしまうと睡眠時無呼吸症候群となるおそれがあります。睡眠時無呼吸症候群の場合には、日中の眠気などから作業効率の低下などを招くので可能な限り早めに治療をしたいものです。

また、睡眠時無呼吸症候群ではなかったとしてもいびきは家族の迷惑になってしまったり仲間で旅行に行くような場合、修学旅行などの場合に迷惑になってしまうことがありえます。そのため、いびきは、できるのであれば、やはり治療をしておきたい症状であると言えます。

いびきの治療方法としては様々なものがあります。

ご自身で行うことができるいびきの治療方法

いびきの治療方法としては、医療機関で行う治療方法とご自身で行うことができる治療方法とがあります。まずはご自身ですることができるいびきの治療方法について述べていきます。ご自身で行うことができるいびきの治療方法としては、非常に簡単なものとして睡眠時の体位を帰るという方法が効果的です。具体的には横向きで眠るということがいびきをとめる上では有効です。

また、お酒を控えるということも自分で行うことができるいびきの治療方法としては効果的です。お酒は睡眠中の上気道を狭めますので、強いいびきを誘発します。

さらに、肥満体質の方の場合には、ダイエットをすることがいびきの治療につながります。これらがご自身で行うことができるいびきの治療方法となります。

専門の医療機関で行われるいびきの治療方法

次に、専門医によるいびきの治療方法としては、以下のようなものがあります。

まず、CPAP療法と呼ばれるいびきの治療方法です。CPAP療法は睡眠中に上気道が狭くなるのを防ぐ鼻マスクを装着するという方法です。そして、鼻マスクからは空気が送り込まれて上気道が狭くなるのを防止します。

CPAP療法はいびきの治療方法としては非常に効果的と言われます。多くのいびきに対する治療機関でCPAP療法が実施されています。なお、費用は国民健康保険が適用されることから、3割負担であり、月額5000円程度で受けることが可能です。

他に、専門医が行ういびきの治療方法としては特殊なマウスピースを利用した治療方法があります。マウスピースを装着し、いびきが起きるのを防止するという治療方法です。

さらに、扁桃腺の腫れなどいびきの原因となっている部位がはっきりしている場合には、いびきの治療方法として手術が実施されることもありえます。ただ、いびきの治療方法として手術が行われるのは非常に稀であり、実際にはCPAP療法やマウスピースを利用した治療方法が行われるのが一般的です。

そして、肥満体質がいびきの大きな原因と考えられる場合には、肥満の解消を指導されることもあります。このように医療機関で実施されるいびきの治療方法は様々なものがあります。

ご自身で行ういびきの治療方法は、非常に簡易なものであり、根本的な解決になるとは言えない方法が多いため、本気でいびきの治療をされたい場合には、医師によるいびきの治療を受けることがおすすめできます。

なお、いびきの治療を専門にしている医院・専門医はインターネットでも数多く探すことができますので、インターネットで自宅から通院可能ないびきの治療機関を探すことがおすすめです。

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)
三晴社 (2006-06-05)
売り上げランキング: 151

いびきの原因と治療方法のまとめ

以上述べましたことをまとめると以下のようになります。

  • いびきは上気道が狭くなることが原因となって発症します。いびきは家族への迷惑となったり、睡眠時無呼吸症候群が原因となっており、健康への悪影響が考えられることもあるので可能であればいびきの治療を受けることがおすすめです
  • いびきの治療方法はご自身で横向きで眠るなどの方法である程度改善することは可能ですが、根本から治すためには専門医による治療を受けることがおすすめできます
  • いびき治療の専門医などはインターネットでも検索することができるので、通院可能圏内の専門医をインターネットなどを通して探すことがおすすめできます。

いびきを治療して、気持ちの良い睡眠を取られることをお祈りしております。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment