あなたの愛犬は大丈夫ですか?犬がいびきをかく3つの理由

犬

とっても可愛いあなたの愛犬、寝顔を見ているだけで癒されますよね。そんなときに愛犬がガーガーといびきをかき始めたら、ちょっとびっくりするかもしれません。でも、犬も人間と同じようにいびきをかくことがあるんですよ。そしてこれも人間と同じく、放っておくと大変なことになります。もし愛犬がいびきをかいていたら、ちょっと注意が必要といえるでしょう。

本記事では、犬がいびきをかくメカニズムとその3つの理由についてご紹介します。もし、現在あなたの愛犬がいびきをかいているという場合は、本記事を参考にしてくださいね。あなたの愛犬の症状はあなたにしか分かりません。しっかりといびきの原因を見極め、そして適切な対処をしてあげてください。  

スポンサーリンク

犬がいびきをかくメカニズム

犬

犬が寝ているときの呼吸は、人と同じように鼻や口から空気を吸い込み気管から肺を通ります。しかし、この空気の通り道に何らかの障害があり気管がふさがれた場合、音を立ていびきとなるのです。

犬も人と同じ疲れていたらいびきをかきます。そのため、一時的なものであれば心配する必要はないでしょう。危険なのは、慢性的にいびきをかく場合や年老いてからいびきをかく場合です。そして、そのままいびきを放っておくと大変なことになります。次に、いびきを放置すると起きる症状についてご説明します。

放っておくと大変なことに!

いびきを慢性的にかくと、呼吸に障害をもたらすことがあります。睡眠中に一瞬息が止まったり呼吸を邪魔することとなり、身体全体に酸素が行き渡らなくなるのです。

犬にとって「呼吸」は息をするということだけではありません。呼吸することにより、身体の熱を外に出す働きもしているのです。そのため、寝ている間に呼吸が困難になると身体の熱を発散することができなくなり、熱射病になりやすくなるともいわれています。

上記のように、いびきは慢性的になると可愛い愛犬の健康を損なう可能性があります。しかし、そもそもなぜ犬は慢性的にいびきをかくようになるのでしょうか。原因を知ることでいびきの対処にもつながります。次に、その原因ともいわれている3つの理由をみていきましょう。

犬がいびきをかく3つの理由

犬がいびきをかく理由としてあげられている3つの理由とは次の通りです。

  • 犬種によるもの
  • 体系によるもの
  • 病気によるもの

それでは、上記の3つの理由について詳しくみていきましょう。

犬種によるもの

犬の中には、生まれつきいびきをかきやすい種類があります。代表的な犬種は次の通りです。

  • パグ
  • ピグニーズ
  • ボストンテリア
  • フレンチブルドッグ

上記の犬種に共通していえることは、鼻が短く品種改良されているということです。鼻が短いため鼻腔が狭く、生まれつきいびきをかきやすいのです。また、上記の犬種は軟口蓋(なんこうがい)と呼ばれる、あごの奥にある柔らかい部分が長く、気道がふさがりやすいといわれています。呼吸困難を起こす大きな原因となるので、病院で適切な処置が必要になります。

体系によるもの

人と同じで、犬も太っていると喉の周辺に脂肪がつき、いびきをかくといわれています。これは明らかに食生活や運動不足によるところが大きいです。可愛い愛犬に、ついついおやつを過剰に与えていませんか。人間にとっては少しのおやつでも、体系が異なる犬には大きいカロリーとなるものもあります。まずは食生活を見直し、無理のない適度な運動をさせてあげてください。肥満はいびきだけではなく、犬の健康そのものにも良くありません。飼い主さんであるあなたがしっかりとケアしてあげてくださいね。

病気によるもの

気管虚脱(きかんきょだつ)という病気が原因で、いびきをかく場合もあります。この病気は、犬特有の病気といわれています。通常、犬の気管はどのような態勢をとっても気管がふさがらない造りになっていますが、何らかの原因によってこの気管がふさがってしまい、空気の通り道が狭くなってしまいます。そして、前述で述べた軟口蓋が長すぎる軟口蓋下過長症(なんこうがいかちょうしょう)による疾患も原因になることがあります。ほかにも、鼻腔に腫瘍ができてしまったり、内臓に疾患がある場合なども症状としていびきが発生することがあります。

飼い主さんがしてあげられる対処方法

いびきの原因は以上ですが、慢性的にいびきをかく場合、まずは動物病院に連れて行き何が原因なのかを診断してもらいましょう。犬は人間と違ってしゃべることができませんのでその細かい症状などを判断することは難しいです。専門家であるお医者さんにしっかりと診てもらってくださいね。

ドギーマン asap無添加良品ガムのササミ巻 20本
ドギーマン
売り上げランキング: 33

まとめ:可愛い愛犬を守ってあげられるのはあなただけです

本記事では、犬がいびきをかくメカニズムとその3つの理由についてご紹介してきました。もう一度、犬がいびきをかく3つの理由をおさらいしましょう。

  • 犬種によるもの
  • 体系によるもの
  • 病気によるもの

犬は人間のように、身体に不調があっても訴えることができません。いびきは、身体が不調を訴えている証拠です。飼い主さんであるあなたがしっかりとそのサインに気づき、適切な対処方法をとってあげてくださいね。そのために、本記事がお役に立てればとても嬉しいです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment