本当は怖い犬のいびき!いぬのいびきに気が付いたら

犬

 

オジサンみたい。こう言って愛犬の寝姿を表現して笑ったことはありませんか。犬もいびきをかきます。

犬がいびきをかく仕組みは人と同じです。何らかの理由で上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)が狭くなったり塞がって、そこを早い流れで空気が通るために粘膜の振動音や抵抗音が発生し、いびきとなります。

いびき自体は決して悪いことではありません。しかし、これもまた人間と同じで怖い病気が隠れている場合があるのです。シーズーやパグといった短頭種の犬はよくいびきをかき異常ではありませんが、短頭種以外の犬がいびきをかくことは異常とされています。こちらではいびきの原因、対処法をご紹介しています。

スポンサーリンク


犬のいびきがおこる原因

犬

前述の通り、犬と人のイビキをかく仕組みは同じです。ここでは、一般的な原因を紹介していきます。

鼻が短い

人間の愛玩犬として鼻を短く改良されたピグニーズ、パグ、ボストンテリアなどの犬種は、長い鼻の犬種に比べて、より鼻音が響きやすく、鼻腔への空気の通りが妨げられやすいです。なのでこのような鼻の短い犬種はよくイビキをかきます。

肥満によるもの

愛犬を上から見たときにウエストはありますか。もしウエストが発見できないのであれば、それは、あなたの愛犬は太っていることになります。人間同様、太った犬はいびきをかきやすくなります。喉周りについている脂肪が気道を押し上げ、上気道が狭くなりイビキの原因になります。
ダイエットに励ませましょう。

鼻づまり

犬も寒さや、アレルギー等で鼻水が出ます。鼻水は、上気道を詰まりやすくするので、イビキの原因になります。ですので、犬の鼻水、鼻づまりが改善すると、通常はイビキもかかなくなってきます。

飼い主がタバコを吸う場合

タバコの煙というのは、大きな刺激物になります。もし、飼い主がタバコを吸う部屋と、愛犬が生活する部屋が同じであれば、いびきをかきやすい環境と言えます。

精神安定剤の使用

病気でお薬を飲ませていませんか。痛み止めや、症状緩和などの薬を飲むと、筋肉が緩和し、上気道の空気の通り道を塞いでしまいます。

軟口蓋過長症によるもの

軟口蓋が長く、気道を閉塞してしまう先天性疾患。ブルドッグやシーズーなど短頭の犬種に多い病気です。いびきのほか、食べ物が飲み込みにくいなどの症状があり、通常は軟口蓋の切除手術で快方します。

気管虚脱によるもの

気管がたるんでしまい、扁平化することで気道が狭まる病気。チワワやヨークシャーテリアなど小型犬に多く見られます。 気管支拡張剤などの薬物投与や外科手術で治療します。

鼻腔内やのどの腫瘍によるもの

呼吸に係わる部位に腫瘍ができるといびきが発生することがあります。 早期では外科手術が一番確実ですが、年齢や状態に合わせて適切な治療をすることが大切です。

犬のいびきの解消法

人間のようなアイデアグッズは使えない犬のいびき。解消するにはどんな方法があるでしょうか。

体勢を変える

犬がいびきをかく時、大抵人間のように大の字で寝ています。もしあなたの愛犬が決まった体勢の時にイビキをかくようであれば、体勢を変えさせてみてください。 背中を丸めて寝られるようにすると、それほどイビキをかかなくなるようになると思います。 犬用のベッドを購入することをオススメします。

散歩に気を付ける

肥満が原因でいびきをかいているようであれば、おやつを減らし、散歩の時間を伸ばしてダイエットさせましょう。

また、あなたの愛犬にアレルギー傾向があるようであれば、花粉や交通量が少ない時間帯に散歩をするようにしてみてください。

空気清浄機をつける

もし愛犬にアレルギー傾向があり、飼い主がタバコを吸うようであれば、空気清浄機を付けるのが効果的です。しゃべれない愛犬が、苦しんでいるサインとしていびきをかくのかもしれません。

診察を受ける

下記のような場合は注意が必要です。もしかすると病気の兆候かも知れないので病院で診察を受けた方が良いでしょう。

  • ご飯の食いつきがよくない
  • 以前はイビキをかかなかったのに、急にかき始めえるようになった
  • 眠るときに、喘いでいるように思える
  • ゼイゼイと言いながら目覚め、呼吸するのに苦労しているように思える

上記に当てはまらなくても、非常に大きいいびきをかくようであれば病院へかかった方が良いかもしれません。

犬語の教科書-楽しく暮らすための共通のことば
池田書店
売り上げランキング: 118,122

まとめ:犬のいびきに悩んだ時、あなたができること

かわいい愛犬のいびき、様々な原因があります。もう一度振り返ってみましょう。

  • 体型によるもの:肥満、鼻が短い
  • 体質、環境:アレルギー、タバコの煙、薬
  • 病気

では解消法には、どんなものがあったでしょうか。

  • 体勢を変える
  • 散歩に気を付ける
  • 空気清浄機をつける
  • 診察を受ける

あなたの愛犬のいびきの原因と対策はみつかりましたか。たかがいびき、されどいびき。病気のサインという場合もあるので、もし心配であれば獣医さんに診てもらってください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment