いびきと肥満の関係と解消方法

ブタ

肥満はいびきの原因となり、肥満によるいびきを治すためには2つのアプローチ方法があるということができます。つまり、肥満を治し、その結果としていびきを治すという方法といびき専門の治療を行うという方法です。

スポンサーリンク

いびきと肥満の関係

デブ

いびきは疲れているときやお酒を飲んだ時などには誰でも出てしまうものです。しかし、肥満体質の場合には大きないびきをしてしまうことにつながりやすくなります。

いびきのメカニズムは睡眠中に上気道(鼻やのど)が狭くなり、空気の通り道が細くなることで生じますが、肥満であると睡眠中に上気道が狭くなることが多くなります。このため、肥満の場合には、いびきが大きくなりやすくなります。このように肥満はいびきの原因となっているということができます。

ご存知のとおり肥満は様々な生活習慣病の原因となります。また、肥満によるいびきは場合によっては睡眠時無呼吸症候群という睡眠障害を起こし、突然の意識喪失などで大きな事故を起こす可能性があるなど危険性があるということができます。

そのため、肥満とそれに基づくいびきは「セット」で治してしまいたいものです。つまり、肥満の解消によっていびきも治すという形が理想的ということができます。

肥満といびきの治療方法

肥満によるいびきを治すためには、肥満の治療をすることが望ましいと言えますが、肥満の治療方法としては運動療法と食事療法が一般的です。運動療法は、長時間をかけて無理のない範囲で行うのが肥満対策としての運動療法です。無理をして大きな負荷をかけた運動は、肥満解消のための運動としてはあまり向いてはいません。

具体的には、全力の50パーセント程度の強度でウォーキングを行うことなどが肥満解消のためには効果的です。最近ではエアロバイクやウォーキングマシーンなど室内で適度な運動をすることができる器具もあるので、高血圧の方など屋外での運動がかえって健康を害するおそれがある方は、エアロバイクやウォーキングマシーンを利用して屋内で運動をすることがおすすめできます。

肥満解消・ひいてはいびき解消のためには運動療法に加えて食事療法も行います。食事療法はご自身でメニューを一から考えるなどよりも医師や栄養士の指示に従ったほうが、ご自身の肥満解消のために効果的なメニュー・食事方法をアドバイスしてもらうことができます。
このようにして、運動療法と食事療法を併用して肥満を解消することでいびきの解消を目指すことが重要です。

肥満によるいびきに特化した治療方法

ここまで述べましたように、肥満によるいびきは運動療法と食事療法を中心として肥満解消の結果としていびきも解消されるという方向性で解消していくことが基本的な姿勢ということができると言えます。

ただ、これとは異なるアプローチもあります。つまり、いびきの解消に特化するという方法です。近年では睡眠時無呼吸症候群の危険性が認識されるにつれて、肥満によるいびき(あるいは睡眠時無呼吸症候群)の治療に専門特化した専門医が増えてきています。

そこで、肥満体質で睡眠時無呼吸症候群の可能性がある方は、直接いびき治療の専門医による治療を受けていびき改善を目指すという方法も考えられます。この方がいびきを治すためにはより直接的ということもできます。

いびき治療の専門医は、肥満体質の方の場合には睡眠時無呼吸症候群の可能性を検討し、CAPA療法と呼ばれる、鼻から酸素を送り込む治療法や特殊なマウスピースを使用した治療などを行い、いびきの改善を目指します。また、いびきの治療の過程を通して肥満改善のための生活指導を受けることも期待できます。

このように、肥満の改善によっていびきを治すというアプローチとは逆に、いびきに対する専門的な治療を通していびき・肥満の改善を目指すという方法もあります。

ただ、いびき専門の治療院は東京や大阪、名古屋などの大都市では比較的見つけやすいのですが、地方ではいびき専門医はあまり数は多くありません。電話帳やインターネットなどで検索して探し、通院可能な距離に専門医がいれば相談をされることがおすすめできます。

プロテインダイエットミックス30P
明治
売り上げランキング: 17

まとめ:いびきを治す2つのアプローチ

以上、本文で述べましたいびきと肥満についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • いびきは睡眠中に空気の通り道が狭くなることで生じます。肥満の場合には空気の通り道が狭くなりやすいためいびきが起きやすくなります
  • 肥満によるいびきを治すためには、1つとして肥満を改善して結果としていびきも改善するという方法が考えられます。この場合には、運動療法や食事療法を通して、肥満を改善することが中心となります
  • 他方で、いびき専門の治療を受けるという方法もあります。特に、肥満体質で睡眠時無呼吸症候群の可能性がある場合にはいびき治療の専門医に相談することがおすすめです

このように肥満によるいびきを治すためには、肥満の改善からアプローチする方法といびきの改善からアプローチする方法とがあるということができます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment