いびきを伴う病気である睡眠時無呼吸症候群の原因と解消方法

医者

いびきを伴う病気はたくさんあります。放置しておくなら命にかかわる病気もありますので注意が必要です。この記事では、最近問題になっている睡眠時無呼吸症候群についてご紹介してみたいと思います。

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に息が止まってしまう病気です。いびきを伴うことで知られている病気ですが、長い期間治療しないで放置しておくなら命にかかわることもある危険な病気です。寝ている間に呼吸が止まってしまうため、息が苦しくなって夜中に何度も目を覚ましてしまうため、質の良い睡眠を摂ることができなくなってしまいます。

朝起きたときに頭痛がする、疲れているという場合はこの病気を患っている可能性があるでしょう。また、隣で寝ている人に「いびきがひどい」「いびきが途中で止まる」などと指摘されるなら、睡眠時無呼吸症候群を疑う目気です。

ではこの病気の原因にはどのようなことが挙げられるのでしょうか?またこの病気を改善するためにはどのようなことを行なえば良いのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因と改善方法

満月の夜

ではいびきや睡眠時無呼吸症候群にはどのような原因があるのでしょうか?ご紹介致します。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因その1:肥満

いびきやそれに伴う睡眠時無呼吸症候群には肥満が大きく関係していると言われています。肥満になると舌の付け根部分にも脂肪が付いてしまうため、気道を狭くしてしまいます。そのためにいびきをかくようになり、ひどい場合には睡眠時無呼吸症候群になってしまうのです。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因その2:アルコール

アルコールによってこの病気になってしまうことがあります。アルコールを飲むと筋肉が緩んでしまいます。そのためのどがふさがりやすくなってしまい、いびきや睡眠時無呼吸症候群になってしまうことがあります。アルコールによるいびきや睡眠時無呼吸症候群は、肥満ではない人も注意する必要があるでしょう。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因その3:寝る姿勢

寝る姿勢もこの病気に大きな関係があります。仰向けで寝る癖が付いている人は、どうしてもいびきをかく確立や睡眠時無呼吸症候群になる確率が高くなります。毎晩の寝方を変えるだけでも大幅に症状が改善される場合が少なくありません。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因その4:口呼吸

口呼吸が癖になってしまっているために、この病気になる場合もあります。口呼吸が癖になっているためにいびきや睡眠時無呼吸症候群になっているのであれば、それは鼻に何か問題があるのかもしれません。鼻呼吸ができるようになるなら、この病気を効果的に改善することが出来るでしょう。

ここまでで、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因となる事柄についてとりあげてみました。では、いびきや睡眠時無呼吸症候群を改善するためにどのようなことが行なえるでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の解消方法その1:減量

肥満が原因でこの病気になっているのであれば、まずは減量することが大切です。適度な運動を行なって肥満を解消しましょう。また、口の中の運動をすることも効果的です。歯の周りで舌を回す運動をしてみましょう。ゆっくり50回ほど行なうなら効果的です。20回できないようであれば、かなりあごや下の筋肉が弱っているということです。毎日行うようにしましょう。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の解消方法その2:アルコールの制限

アルコール類をまったく飲まなくするのは難しいかもしれませんが、寝る直前までお酒を飲んでいるなら、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因となるでしょう。ある程度アルコール類を制限することが必要です。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の解消方法その3:解消に役立つグッズを使用する

いびきや睡眠時無呼吸症候群を効果的に解消することができるグッズがたくさん販売されていますので、活用してみると良いでしょう。寝ている間に姿勢を変えるように促すものや、鼻呼吸を促すものなどがあります。そのようなグッズを使うようにするなら、効果的にこれらの病気を解消することができるでしょう。

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)
三晴社 (2006-06-05)
売り上げランキング: 90

まとめ:いびきや睡眠時無呼吸症候群を長期間放置しないようにしましょう

この記事ではいびきの伴う病気である睡眠時無呼吸症候群の原因と解消方法についてご紹介致しました。参考にしていただけたでしょうか?

いびきや睡眠時無呼吸症候群は、長期間放置しておくなら命にかかわることがあります。早めに良い対策方法をとるようにすることが大切です。これらの病気の疑いがあるのであれば、病院へ行って診察してもらうと良いでしょう。また自分でできることもあります。この記事でご紹介した点を参考に、効果的にこれらの病気を解消してみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment