いびき防止グッズでいびきとさよならしよう!

ケンカするカップル

いびき防止グッズはいびきをかく人にも、そばにいる人にとってもとても役に立つ道具です。そもそもどうして人はいびきをかくのでしょうか?

人は眠っているときに当然呼吸をしています。その呼吸をする際に何らかの原因で気道が狭くなると、空気が粘膜を振動させていびきが生じると言われています。いびき防止グッズはそのような気道が狭くなるという症状を緩和したり防止したりするために開発されています。

いびきをかく人がいびき防止グッズを使うことは大切です。なぜなら、いびきはいろいろな病気の原因にもなるからです。きちんと空気を吸い込むことができていないために、脳卒中や心筋梗塞になってしまう危険があるのです。このような重大な疾患が襲ってくる前に、いびき防止グッズを用いていびきを解消することが必要なのです。

長い間いびきをかいてきた人は、いまさらいびき防止グッズに頼ってもしょうがないのではないかと思うかもしれませんが、最近では様々な研究の元でいろいろないびき防止グッズが販売されています。ですから、いびき防止グッズをためしてみる価値は大いにあると思います。

そこで今回の記事ではいびきを防止するために開発された様々ないびきグッズをご紹介してみたいと思います。いびきに悩んでおられる方は、この記事を参考に、いびき防止グッズの購入を検討してみてください。

スポンサーリンク

多種多様ないびき防止グッズ

夜景

いびき防止グッズは多種多様です。そのため、どのようないびき防止グッズを購入すれば良いのか分らない、と悩んでおられる方も多いことと思います。そこでこの記事では大きく3つの種類に分けていびき防止グッズをご紹介してみたいと思います。

いびき防止グッズその1:鼻につけるタイプ

まず初めにご紹介するのは、鼻につけるタイプのいびき防止グッズです。一番よく見かけるのはこのいびきグッズではないでしょうか?

鼻につけるタイプのいびき防止グッズは鼻の外側に張り付けて気道を確保するものと、両側の鼻の間に挟み込むような形にして気道を確保するものがあります。最近人気があるのは鼻の間に挟み込むタイプのようです。鼻の外につけるタイプは寝返りなどの影響でずれてしまうこともありますが、鼻の間に挟み込むタイプのいびき防止グッズは多少動いても外れる心配がありません。以前使ってみたいびき防止グッズが寝ている間の外れてしまったために、もう一度使うことをためらっておられるのであれば、このタイプのいびき防止グッズをぜひ試してみてください。

いびき防止グッズその2:枕タイプ

いびき防止グッズを使うとしても、鼻に張り付けたり、はさんだりするものは使いたくないと思われる方は、枕を変えることでいびきを防止することができます。最近では様々な枕が、いびき防止グッズとして開発されてきました。

例えば、枕の中にセンサーを取り付けて、いびきを感知すると左右にゆっくり動き出すものがあります。いびきをかく人は隣で寝ている人に突かれるといびきが止まったりしますよね。これは突かれることによってあごの筋肉や舌根、気道周りの筋肉が閉まり、空気が通る安くなるためです。この枕はこの原理を応用したいびき防止グッズです。

またほかには、首に巻く形の枕で、下あごの筋肉が緩まないように固定するものがあります。下あごにしっかりとフィットして下がるのを防ぎ、気道を広く保つことができます。枕をいびき防止グッズに変えてみるというのも、いびき対策として効果的な方法でしょう。

いびき防止グッズその3:腕に巻くタイプ

「いびき防止グッズなのになんで腕なの?」と思われるかもしれません。しかしいびきについてのいろいろな研究がなされた結果、このようないびき防止グッズが登場するようになりました。

このいびき防止グッズは、腕時計のように腕にはめておくだけで良いのです。いびきをかき始めると、この機会がその音を感知していびきを防止するため小さな電子波動を出してくれるのです。その信号を体がキャッチすると、体が生体反応を起こし、無意識に寝る姿勢を変えたり、唇を動かしたりします。

そうすることによっていびきをストップさせることができるのです。生体反応利用したこのいびき防止グッズは副作用もなく安全に使えるので、いびきに悩んでいる家族や友人がいたらプレゼントしてあげると良いかもしれませんね。

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)
三晴社 (2006-06-05)
売り上げランキング: 103

まとめ:いびきは防止できるので、あきらめてはいけません!

この記事ではいびき防止グッズを3つに分けてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?いびきをかく人は、無意識の時なので自分では自覚することができないことでしょう。ですから、よくわからないのに周りから「うるさい」などと言われると、精神的にも良くありません。最近ではたくさんのいびき防止グッズが販売されていますので、この記事で取り上げた情報も参考にしながら活用してみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment