知らない間にかいてるいびきをなんとかしたい!3つのいびき防止方法

カップル

知らず知らずの間にかいているいびき。寝てる間のことなので、自分自身では気づくことはできませんよね。

誰かと一緒に寝ていて、いびきをかいていると言われた時は、びっくりしてしまうと思います。また、大きないびきは第三者に迷惑になることもありますよね。いびきは、一体、人の体にどのような影響をもたらすのでしょうか。

大きないびきを毎日かくということは、必ずどこかに原因があります。原因を知ることでいびきを治すこともできます。

本記事では、いびきのメカニズムや原因、防止方法をご紹介します。いびきに悩んでいる方、また悩まされているご家族の方は、本記事をぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

いびきのメカニズム

ホテルのベッド

いびきは、人によりその音や音の大きさは異なります。しかし、どのようにして起こるのかそのメカニズムは共通しています。

一言で言うと、いびきは喉や鼻の奥の粘膜が振動し、音が鳴ることにより起こります。
人が起きている時は、この粘膜の周りは筋肉によって支えられて幅が広がっており、空気が通過しやすい状態になっています。ですので音は鳴りません。

しかし、何らかの原因によってこの筋肉が弱まってしてしまうと、気道が狭くなり、一定量の空気を流そうとするため逆に空気の流れが速くなります。すると空気の抵抗が大きくなり、喉や鼻の粘膜が振動するのです。これがいびきです。
そして、いびきをかくとさまざまな問題が発生します。具体的に並べると次の通りです。

いびきをかくとどうなる?

  • 一緒に寝ている家族などに迷惑がかかる。
  • 睡眠時無呼吸症候群という病気につながる可能性がある。
  • 寝ている間に分泌される脂肪を分解するホルモンが出にくくなりダイエットを妨げる。
  • 気道が狭くなることにより、酸素が不足し深い睡眠がとれなくなる

いびきをかくということは、原因があります。また、その原因によって対処方法も異なるため、まずはどうしていびきをかくのかその原因を知りましょう。

いびきの原因はこんなことにあった!

いびきの原因は数多くあります。その中でも代表的な原因は次のものになります。いびきをかいている人は、心あたりがないかチェックしてみてください。

疲れ、ストレス

人は疲れによっていびきをかきやすくなります。それは、疲労を回復するため酸素が必要になるからです。通常、睡眠時の呼吸は鼻によって行われますが、体が疲れている時は口からも酸素を吸います。大量の空気を吸うため、鼻や喉の粘膜が振動しいびきをかきます。

老化

老化によって、喉や鼻の粘膜を支えている筋肉が弱まってしまいます。そのため、上記のように気道の空気抵抗が発生し、いびきの原因となります。

お酒をよく飲む

アルコールは体を疲労させます。その疲労により、前述の疲れたときと同じように口から吸い込む空気の量が多くなり、いびきをかくことがあります。また、アルコールによって血管が広がり血液の循環に変化が起きます。これもいびきの原因と考えられています。

鼻の病気

鼻の骨が曲がっていたり、喉の奥の扁桃腺などに異常があり、気管を狭めていることが原因の場合もあります。呼吸筋肉の異常など、身体的な疾患はとても危険です。

肥満

太っていると、喉の奥にも脂肪はつきます。そのため喉の奥が肥大し、空気の通りが悪くなりいびきをかくことがあります。また、舌にも脂肪はつきます。睡眠中、舌は喉の奥にいくため気管をふさいでしまい、これもいびきをかく原因となってしまうのです。

原因によって、いびきを防止する方法は異なりますが、今夜からでも試すことができる簡単ないびきの防止方法をご紹介します。

いびきを防止!3つのポイントとは?

いびきをかく場合、寝ている時の体の状態が大きく関係しています。身体的なものや、寝る時の姿勢、また寝具なども見直しましょう。いびきを防止するポイントは次の3つです。

  • 身体の改善
  • 寝る姿勢に気をつけよう
  • ベッドや枕を見直そう

さて次に、上記3つのポイントの内容を詳しくみてきましょう。

身体の改善

通常鼻の中は湿っています。ですが、乾燥により鼻の中が乾くといびきをかく場合があります。

寝る前に加湿器をかけておくと、部屋の乾燥を防ぐことができ効果的です。また、鼻の中にスプレーをする点鼻薬などもおすすめです。鼻の気管はいびきに大きく関係しているので、鼻の気管を広げると良いともいわています。薬局などにて鼻腔を広げるテープが販売されていますので、利用していみるのも一つの方法ですね。

寝る姿勢に気をつけよう

仰向けで寝ると、自然に舌が喉の奥へ落ち込んでしまいます。

そのため、いびきをかきやすい人は、横向きや半分うつぶせの状態で寝ると良いと言われています。抱き枕などをかかえて寝る癖をつけると体が自然と横向きになるため、いびきの改善になります。

ベッドや枕を見直そう

いびき防止には硬いマットレスやお布団がおすすめです。

前述で述べたように、人は仰向けで寝ると喉の気管を圧迫するため呼吸が乱れ、いびきをかきやすくなります。そのため、寝返りがうちやすいよう、硬いマットレスやお布団を使用すると良いと言われています。また、高さが高い枕を使うと喉が圧迫されてしまいます。これもいびきをかく原因となりますので、低めの枕を選ぶことをおすすめします。

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)
三晴社 (2006-06-05)
売り上げランキング: 163

まとめ:簡単ないびき防止方法で快適な睡眠を

今回は、いびきを防止する3つの方法をご紹介しました。ポイントとなる項目をもう一度おさらいしましょう。

  • 身体の改善
  • 寝る姿勢に気をつけよう
  • ベッドや枕を見直そう

疲れやストレス・老化・お酒をのむことが原因の場合は、一時的なものであったり、治療の必要のない可能性が高いです。危険なのは、鼻の病気、肥満、その他、脳や内臓などの病気が原因の場合です。もしかしたらと思う方は専門医に詳しく相談してみましょう。
いびきを防止し、快適に睡眠をとることができるよう本記事が少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment