布団で腰痛は治るかも?評判の良いマットレスはこれだ!

広告ロゴ
見てね

日本では約80%の人たちが、長い人生の間で腰痛に苦しむことがある、といわれていることをご存じでしょうか。長時間のデスクワーク、肉体労働など、腰痛を生む原因や、腰痛を悪化させる原因が世の中に結構多いですよね。長時間行っていると、知らず知らずに腰を支える筋肉や椎間板に疲労が溜まり、慢性的な痛みにつながってしまうのです。

外で働いていない人たちでも腰痛の恐れはあります。 たとえば主婦の場合、家事で前かがみの姿勢になることが多いと言われています。料理や洗濯、そして掃除等の家事をやっていても、 長く同じ姿勢をとり続けることはなさそうに思えるかもしれませんが、意外にも、少しずつ腰に負担をかける動きが含まれています。 主婦の場合でも、いつの間にか腰痛になってしまうケースが多発しています。

スポンサーリンク

腰痛が楽になる!マットレス選びの3つのポイント

*寝たときに身体にフィットすること

寝たときに身体にフィットする布団は、身体の形にあわせて体圧を分散してくれます。すると、腰や肩といった特定の場所にばかり体重がかかることがなくなります。

*身体が沈み込みすぎない適度なサポート力があること

身体が沈み込みすぎると正しい睡眠姿勢がキープできず、かえって腰痛を悪化させることがあります。適度に身体をサポートしてくれる布団を選びましょう。

*通気性・保温性にすぐれていること

布団に使われる素材によっては、ムレたりして快適な睡眠を妨げることがあります。オールシーズン快適に使うためにも通気性と保温性は重視しましょう。

高反発マットレスが腰痛にいい?

ネットを調べてみると、布団を変えたことで腰痛を改善できたということをよく見ます。腰痛を改善させるための布団では高反発マットレスと低反発マットレスの2種類があるので、どちらにすればいいか迷ってしまいそうですね。「高反発」「低反発」のどちらも腰に負担がかからずに、腰痛に効果があるといわれています。まずは「高反発」「低反発」の特徴をあげてみましょう。

高反発マットレスの特徴は、硬すぎず、柔らかすぎず、弾力性があることです。高反発マットレスは弾力性があるというと、かえって体にフィットしないのでは?と思っていましたが、ネットを見てみるとそうでもないようです。硬すぎず、柔らかすぎずということで、ちょうどよい寝心地になるように設計されているようですね。

腰痛の場合は、寝る時の姿勢も重要なのですが、寝ている時の姿勢は自分でコントロールしにくいです。どうしても体圧分散できる寝具が大切になってきます。体圧分散できれば、体全体の重みを散らすことができますし、痛みのある腰や身体の他の部分に負担がかかることがなくなります。

高反発マットレスは、高い弾力性と復元力があるので、身体がそのままマットレスに沈み込んでしまうことがなく、押し上げてくれます。腰や肩や首などに体重がかからないように、寝る姿勢を保ってくれるのがよいですね。通気性も気になるところですが、吸湿性に優れた素材のタイプもありますので、快適に寝ることができるマットレスといえそうです。

低反発マットレスは、文字通り反発が少ないマットレスです。手のひらを押し当ててみると、手の形のまま跡が残っています。低反発の柔らかい素材を始めて使った人は、最初は違和感をおぼえるようです。どんな人の身体にも合うようにしているので、身体の重い部分があると、そこは深く沈んでいくようです。

人間の腰の部分は重いので、低反発マットレスだと、どうしても沈み込んでいくようです。そこで、腰痛を悪化させてしまうことがあるようです。低反発マットレスは、身体にフィットするので、通気性が悪いということも言われているようです。梅雨時や夏場は寝苦しくなるかもしれません。

とはいえ、身体の重い部分が沈み込んでいくということは、身体のラインにあわせてフィットすることでもあります。身体にピッタリとくっついて気持ちがいいようで、それで腰痛が改善されたという話もネットにはあります。ネットを見ていると、高反発マットレスか低反発マットレスの正反対の特徴を持った両方が腰痛を改善できるとあります。結局、どちらもメリットはあるので、後は自分の好みで選んだ方が良いかも知れません。

腰痛の方に人気のあるマットレス

様々な口コミの中から、比較的買いやすい値段で、腰痛の方の評価の高かったマットレスをご紹介します。

雲のやすらぎ
*楽天ランキングで業界騒然の連続第1位を獲得
*アンケートで約98%の人が「寝心地がいい」と回答
*厚さ17cmの極厚ふんわりボリューム

トゥルースリーパー
*日本中でご愛用者200万人突破
*NASAが宇宙飛行士向けに開発した低反発素材を使用
*正規販売元では、60日間の長期返金保証

ブレスエアー
*国内外で注目の新素材「ブレスエアー」を使用
*カンタンに洗えてすぐ乾く。しかも制菌加工済み
*高速鉄道の座席にも採用されるおどろきの耐久性

まとめ

いかがですか。腰痛は日常生活だけでもじわじわと誰でもなりやすい痛みです。普段から姿勢を気をつける等、予防した方が良いでしょう。腰痛の方には比較的高反発のマットレスの方が効果は高いようですが、あくまでも個人の好みがありますから、実際に実物を見てから購入された方が良いでしょう。身体のフィット感、サポート力、通気性等も大切です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。