起きた瞬間から腰が痛いのは危険!腰痛を起こさない布団の選び方

広告ロゴ
寝る

 

最近は年齢に関係なく腰痛持ちの人が増えていると言います。腰痛の原因は様々ですが、朝起きて腰が痛いというのは布団に原因があるかもしれません。今お使いの布団はあなたに合ったものでしょうか。

こちらでは、腰痛を起こさない布団の選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

布団と腰痛の関係

腰痛の原因は

腰痛の原因は様々ですが、姿勢の悪さや筋肉への負担が重なり、堪えきれなくなって起こります。悪い姿勢を長時間続けていると、背骨や骨盤が歪んで筋肉が緊張し血液の流れが悪くなります。人間の背骨はゆるやかなS字カーブとなっていますが、このS字カーブを寝たときにも正しい姿勢で保持することが大切です。それにはどんな布団を選んだらいいのでしょうか。

固い布団が腰痛にいい?

昔から「固いふとんが健康に良い」と信じられてきました。S字カーブを保持するという点では正しいといえます。しかし、実は良質な睡眠を得るには、敷布団の硬さは柔らかすぎず硬すぎないものがベスト。人の筋肉の硬さくらいがちょうど良いのだそうです。通常人の体重は胸と腰で8割近い体重がかかります。また、睡眠時には腰や肩といった部分に体重の多くが集中することが分かっています。硬すぎる布団は肩や腰の一部に体重のほとんどが集中し、それを防ぐため必要以上の寝返りを打つことになります。その結果眠りを浅くし、背骨やその周りの筋肉が疲労し、腰痛の原因となります。

柔らかすぎる布団もダメ

柔らかすぎる布団を使用すると身体の支持が不安定になります。すると姿勢を保持する必要性が生じ、無意識でいつもどこかに力が入り、筋肉への負担が大きくなります。柔らかくて身体が沈み込んでしまうと、最も重みがかかる尻部や胸部が余計に沈み込み、寝返りがしづらく血流悪化の原因となります。そのため腰痛を引き起こしたりします。

適度な硬さの布団を

人は一晩に平均20回くらい寝返りをすると言われます。寝返りをうつことによって体重が局所に集中し、血液の流れが悪くなることを防いでいます。しかし寝返りを多くすれば健康というわけではありません。固い敷布団の上に眠るといった体圧分散性が悪いばあいは、頻繁に体を入れ替えるために寝返りが非常に増えます。その一方で、まったく寝返りをしないというのは不自然です。低反発マットレスは使っていると全身を包み込んでしまい動きが取りづらく、寝返りを妨げます。寝返りできるちょうど良い反発が必要なのです。

腰痛にならない布団の選び方

オススメの布団選び

体圧を全身に分散させることができること、身体をまっすぐにキープする硬さと、血液の流れに影響が出ない程度の柔らかさがあることと、寝ている時の姿勢がまっすぐにキープでき、腰やお尻のあたりをきちんと支えることのできる弾力性があることが大事です。コイルスプリングを使用したマットレスのように、点で身体を支える構造となっているものが良いでしょう。ただし、人の体重や体格、腰のカーブ等は人それぞれなので、一人一人の身体に合わせたものを、実際に自分の身体で試しながら探していく必要があります。選ぶ際は必ず実際に横になって確認してください。可能なら、1時間くらいお試しできるとベストです。

人気の敷布団

予算は少なめだけど、納得できるきちんとした敷き布団が欲しい!そんな方にもお勧めできる自信作です。日本製、三層構造、サンドイッチ製法、綿100%200本ブロード。しかも、今回は中わたに抗菌防臭防ダニわたのマイティトップを使用した高品質敷き布団です。

浅田真央選手愛用で有名な商品。復元性が高いため、体の動きに対してマットレスパッドがスムーズに反応・反発するために楽に寝返りがうてます。カバーが両面仕様なので、夏は蒸れにくく、冬は暖かく、一年中快適に使うことができます。通気性の良い素材で、じめじめしないので、干す必要がなく、厚みがあるため、一枚でも和室やフローリングに使用できます。

西川 ムアツ 布団 (色柄込み) シングル 80mm タイプ 【シーツ付】
こだわり安眠館
売り上げランキング: 4,705

面ではなく点で支えるため、皮膚に近い毛細血管を圧迫せず、血行を妨げにくいのがポイント。ムアツふとんは身体の体重圧を凸凹構造が分散させるため、身体が沈みこみすぎず安定した寝姿勢を保つことができます。空気孔や凹部分の空気の対流により湿気を発散させるので、使った後もたたんで部屋の中に立てかけて置くだけでもOK。

まとめ:腰痛にいい布団を選ぼう

腰痛には固い布団がいいというのは間違った認識のようです。では腰痛にいい布団はどんなものでしょうか。おさらいしておきましょう。

  • 体圧を全身に分散させることができる
  • 血液の流れに影響が出ない程度の柔らかさがある
  • 腰やお尻のあたりをきちんと支えることのできる弾力性がある

この記事を参考に、自分に合った敷布団で腰痛のない眠りを手に入れてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。