布団を安いもので揃えたい時のポイント

広告ロゴ
おやすみ女

布団は相応に費用をかけてなるべく良いもので休みたいというのが誰もが思うことです。しかし、さまざまな事情から布団の購入を安いもので済ませたい場合もあるかと思われます。そのような場合に安い布団を買いそろえるにはどのような点に着目することがポイントとなるのでしょうか。本稿では安い布団をそろえるための方法と安い布団を利用する場合の注意点について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

安い布団を探したい時

探す女

布団は長年使用することができるものですが、やや高い買い物となってしまいがちです。いわば、「初期費用投資が高くなりがち」なのが布団の特徴ということができます。布団は長年使うことからすれば、やや高めのものを購入されることも「あり」と言えるでしょう。

しかし、さまざまな理由から支出を減らしたい、布団にはあまりお金をかけたくないという場合もあるかと思います。安い布団を探すためにはどのような方法があるのでしょうか。

まずはホームセンターとリサイクルショップ

安い布団を探す方法としては、まずは、ホームセンターやリサイクルショップを見て回ることがおすすめできます。

最近では、布団はインターネットなどでも数多くの品物を購入することができます。また、布団というと通信販売(通販)もおなじみです。インターネットや通販の布団は非常にユニークなもの、健康などに配慮したものなど良質なものが多い反面、価格は高いものとなります。(ただし、ネットオークションなら安いものもあります)

安い布団を探されるのであれば、まずはホームセンターやリサイクルショップを探して足を運ばれることが良いと言えるでしょう。

リサイクルショップの布団はいわゆる中古品の場合が多いので、中古品の布団に抵抗がある方にはおすすめはできませんが、この点を気にされないのであれば非常に安い値段で布団を購入することが可能です。

ホームセンターであれば、敷布団と掛け布団、枕といった最低限度のものだけをそろえるのであれば、おおむね5000円程度あれば必要なものをそろえることが可能です。

友人・知人から使わなくなった布団を譲ってもらう

友人・知人から使っていない布団類を譲ってもらうということも安く布団を手に入れるためにはおすすめできる手法です。友人・知人から譲ってもらう場合、特におすすめすることができるのはマットレスを譲ってもらうということです。

マットレスは、ホームセンターで買いそろえてしまうとどうしても1万円程度はしてしまいます。リサイクルショップでは比較的安いものの、マットレスは布団を買いそろえる場合には大きな出費となってしまいます。

とはいえ、マットレスがないと、特にフローリングの場合には大変体に負担がかかり、腰痛等の原因となります。

そこで、マットレスについては友人・知人から譲ってもらうことで布団にかかる費用を安く抑えることが可能となります。

譲る方としても、掛け布団や敷布団を譲ることには抵抗があっても、マットレスであればそれほど抵抗がないことが多いと言えます。また、使っていないマットレスは処分に困っているということもあると言えます。

布団を安く買いそろえるのであれば、マットレスについては友人・知人にあまっているものはないかを相談することが効果的と言えます。

安い布団のデメリット

安い布団を購入することは様々な事情から出費を抑えたい場合にとても有効な手段ということができます。ただ、安い布団にはいくつかのデメリットもあります。

まず、安い布団は耐久性が低く比較的早期に「寿命」が来てしまうことがあります。例えば、敷布団であればわたが飛び出てしまうなどして使用できなくなる可能性があります
このため安い布団を利用することがかえって再度の購入などの出費をもたらしてしまう可能性があります。

また、安い布団の場合、どうしても素材がそれほど良くないものとなってしまうので、いわゆる「せんべい布団」などと言われるように、薄いものとなりがちです。その結果、眠ってもなかなか疲れが取れず、腰痛を引き起こしてしまう可能性があるなど健康へ悪影響が出る可能性があります。

さまざまな事情から支出を抑えなければならない場合、確かに布団は支出を抑えるためにはとても効果的ですが、「安物買いの銭うしない」とはならないように注意することが必要です。

Disney トイ・ストーリー お昼寝 ふとん 7点 セット ブルー
お昼寝布団セット
売り上げランキング: 2,316

まとめ:安い布団購入のポイントと注意点

以上、本文で述べました安い布団購入のポイントや注意点などをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 安く布団をそろえるのであれば、まずは、ホームセンターやリサイクルショップを見て回ることがポイントです。特に、リサイクルショップで買いそろえればかなり安い布団を買いそろえることが可能です
  • 友人・知人から不要な布団を譲ってもらうことも安く布団をそろえるためには効果的です。特にマットレスは安いものが見つけにくいので、譲ってもらうことで支出を減らすことにつながります
  • 安い布団の場合、疲れが取れなかったり、腰を痛めてしまうなどのデメリットがあります。安い布団を買ったばかりに「銭うしない」とならないようには十分に配慮することが大切と言えます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。