広告ロゴ
考える女

家庭内で使っているもので処分に困ってしまうものがあります。布団もそのような処分に困ってしまうものの一つと言えるでしょう。布団はどのご家庭でも使っているものですが、その処分方法について意外と知らない場合は少なくありません。布団は一体どのようにして処分すれば良いのでしょうか。

また、処分は「捨てる」という方法以外には方法はないのでしょうか。

本稿では布団の処分の方法について捨てるという方法と寄付という方法についてまとめています。

スポンサーリンク

処分方法に困ってしまいがちな布団

悩む女性

布団は毎日使う、どこのご家庭にもある生活必需品です。ただ、布団は生活必需品ではあるものの、古くなった等のためにいざ処分しようとするときには、処分方法がわからず困ってしまいがちな家具と言えます。

布団はサイズが大きいので、一般の衣料品と同じように処分していいものかどうかという点がなかなかわかりにくいものです。特に大学入学などで新しい街で一人暮らしを始めた方が布団処分する際などには、その処分方法がわからないということも少なくありません。

布団は一体どのようにして処分すれば良いのでしょうか。

布団の処分は燃えるゴミか粗大ゴミ(大型ゴミ)のどちらか

まず、日常生活から生じるゴミ(一般廃棄物)の処理の権限と責任は市区町村が負っています。布団なども一般廃棄物ですので、市区町村の権限と責任で処分がされることになっています。そのため、布団を「捨てる」という形で処分される場合には、市区町村の定めたルールに従って処分することとなります。

ほとんどの市区町村では、布団は燃えるゴミか粗大ゴミ(大型ゴミ)に分類されます。燃えるゴミに該当すれば、「燃えるゴミの日」にゴミ置き場に置いておくことで一般廃棄物処理委託業者の方が持って行ってくれます。つまり、布団の処分には費用はかかりません。

一方で布団が粗大ゴミに該当してしまうと、コンビニエンスストア等で金券を買ったり、電話で粗大ゴミを出す旨を連絡するなどしなければなりません。布団が粗大ゴミに該当してしまう場合には処分に費用や手間がかかることとなります

布団が燃えるゴミにあたるかそれとも粗大ゴミになるのかの基準は?

このように、布団が燃えるゴミであれば特に費用等はかからず、通常のゴミとして捨てれば良いということになります。一方で、粗大ゴミなら処分にお金が掛かってしまうことになります。

では、手持ちの布団が燃えるゴミか粗大ゴミかの区別はどのようにして行うことになるのでしょうか。これは布団ごとに異なりますので一概には言うことはできず、それぞれの市区町村によって基準が定められています

例えば、ある市では、60センチ未満、10キロ未満に束ねることができる場合には燃えるゴミになるという基準となっています。このようにそれぞれの市区町村のゴミの出し方の手引きをみて、燃えるゴミにおさまるかそれとも粗大ゴミとして処分しなければならないかは分かることになります。

布団の処分にあたっては市区町村のゴミの出し方の手引きを参考にして燃えるゴミか粗大ゴミかが分かれることになります。なお、ゴミの出し方の手引きは現在ではほぼ全ての市区町村でインターネットでも閲覧することが可能となっています。

寄付による布団の処分

布団の処分方法として、捨てるという方法以外に、各種団体に寄付をするという処分方法もあります。例えば、東京都などではホームレスを支援する団体の方に対して使わなくなった布団を寄付するという方法で布団を処分することが可能です。

寄付によれば、仮に粗大ゴミにあたってしまっても、処分に費用がかかりません。また、ご自身が使わなくなったものを他の方に有効に活用してもらうことが可能です。寄付の先はホームレスの方、東日本大震災で被災された方(あるいは災害の際の備蓄)、海外の貧しい国の方などさまざまです。

さらに、ご自身の使用された布団を見知らぬ方が使用することに抵抗があるという方は、資源として利用することを前提に布団の処分を請け負う団体もあります。(例えば、布団を解体して中の綿などを利用するなど)

寄付による布団の処分は、粗大ゴミとなってしまっても費用がかからないという点に加えて、限られた資源を有効活用するという意味でも意義のある処分方法ということができますので、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

まとめ:布団の処分についてのまとめ

以上、本文で述べました布団の処分方法についてポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 布団を捨てるという形で処分する場合には、燃えるゴミか粗大ゴミとして処理されます
  • 布団が燃えるゴミにあたる場合には通常のゴミとして出せば問題ありません。一方で粗大ゴミに該当してしまう場合には金券を購入したり連絡をしなければならないなど少し費用や手間がかかってしまいます
  • 布団は、一定の団体に寄付をするという方法で処分することも可能です。例えば、ホームレスの方支援、東日本大震災の被災者の方支援、海外支援などで布団が利用されます。このような支援団体に寄付することで布団を処分すれば処分費用はかかりません

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。