ジメジメした日本の気候に最適!オススメのすのこベッドと布団

広告ロゴ
雨

 

日本の気候はジメジメ。梅雨は長く、湿度は高いです。布団をなかなか干せない方も多いでしょうが、布団は結構カビが生えやすいです。特に汗っかきを自覚している方にはすのこベッドがおススメです。

こちらでは、オススメのすのこベッドと布団をご紹介します。

スポンサーリンク

日本の気候にオススメのすのこベッド

すのこベッドとは

すのこ

すのこベッドとは、ベッドフレームがすのこ状になっていて通気性の良いベッドのこと。湿気に悩まされる日本特有のじめじめした気候が生み出した健康寝具です。寝ている間に布団が吸収した汗や湿気が、すのこの間からベッド下に逃げていくのでカビにくく、快適に利用できる優れものです。

すのこの種類

すのこの種類は様々。昔ながらの桐は防虫効果に優れ、断熱性、調湿性にも優れています。最近は樹脂製は軽い、清潔、お手入れ簡単と人気です。

素材

  • パイン材
  • 樹脂

形状は、すのこを立てればふとん干しになるスタンド式が人気です。ロールタイプは使わない時は丸めて押し入れにも入れられて収納に便利。

形状

  • スタンド式
  • 3つ折れ、4つ折れ
  • ロール式

すのこのメリット、デメリット

メリット
メリットは通気性の良さです。カビ、不眠の原因になる湿気を解消して、布団の中を快適な湿度に保つことができます。すのこは空気の通り道がたくさんあるので、マットレスにたまった湿気が逃げやすい環境です。これはカビ予防だけでなく、睡眠にとっても非常に大切なこと。湿っぽい寝床は不眠の原因になるからです。私たちの体は眠りに入る時、寝汗をかいて内臓の温度を冷やそうとします。この寝汗による湿気がマットレスにたまると、体温がスムーズに下がらず、寝つきが悪くなります。

デメリット
デメリットは、きしみ音が気になりやすいことと、壊れやすいところ。敷き布団で寝る場合きしみ音が出やすいです。敷き布団はクッションが薄いので、体重による荷重がすのこへダイレクトに伝わります。荷重が大きいときしみ音が出やすい上に、体のカーブに合わせてすのこが凹むこともあるそう。同じ場所に荷重をかけ続けると、すのこが割れることもあります。小さい子供には上で飛び跳ねないよう言い聞かせましょう。大人でもベッドの上に立ったり、踏み台代わりに乗るのは避けた方が良さそうです。

すのこベッドと布団の選び方

すのこベッドの選び方

ベッド本体
商品選びできしみ、音のしにくさを重視するなら値段を基準にしましょう。また、安すぎる商品は木材が薄くて壊れやすいです。板の厚みが9ミリのものが多いですが、もう少し厚みのあるものがいいです。冬は使わない、夏だけという方なら収納の面でロールタイプなどがおススメです。

桐 和風すのこベット ロール式 まるめ~る シングル JH-100
オスマック
売り上げランキング: 13,529

サイズ:使用時/約幅100×奥行200×高さ2.5cm、収納時/約直径26×高さ100cmとコンパクトに収納できます。すのこ板自体に通気穴がついていることで通気性が良く、またすのこ板を支える足の大きさと数が秀逸で重みにもしっかり耐えてくれます。

すのこぎっしり31枚/・通気性抜群の湿気に強い天然桐すのこベッド。ワンタッチで楽々、部屋を広く使える折りたたみ式 です。安心の耐荷重約100kg 。安全ストッパー付き。

布団の選び方
すのこベッドを買ったときに悩みの種になるのが、マットレスを置いて寝るか、敷き布団を敷いて寝るか、という問題です。基本的には好みで選んで問題ないのですが、硬めの寝心地が好きだったり、どうしても和布団で寝たい!という人は敷き布団で、柔らかめの寝心地が好きだったり、こまめに布団の上げ下げができない方はマットレスを使うのがおすすめです。
マットレスはボンネルコイルかポケットコイルの厚みのあるマットレスを選びましょう。敷き布団を敷くなら、上に重ねるタイプの低反発マットレスを一緒に使うと快適です。低反発マットレスが体の重みを吸収するので、寝返り時の揺れやきしみを減らせます。

すのこベッドのカビ対策

しかし、お手入れをしないとすのこにもカビは生えます。すのこベッドにカビを生えさせないためには、何といっても布団を干すことが大事です。布団の中の空気を入れ替え、湿気を飛ばしましょう。干すときは天日干しで、3時には取り込みましょう。

まとめ:布団のカビ対策にすのこを使おう

すのこベッドとは、ベッドフレームがすのこ状になっていて通気性の良いベッドのこと。湿気に悩まされる日本特有のじめじめした気候が生み出した健康寝具です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。