夏はひんやり冬はぽかぽか!布団にエコな敷きパッドを使おう

広告ロゴ
夜

 

熱帯夜の連続記録が毎年更新されます。そして冬はいつまでも寒い。こんな暑くて寒い睡眠には困る状況を打破してくれるものがあります。それは敷きパッドです。かつてはただの汗取り程度の機能しかなかったものがかなりの進化を遂げています。使わないのは勿体ない。

こちらでは、エコな布団カバー「敷きパッド」についてご紹介します。

スポンサーリンク

布団と温度調節

敷きパッドとは

コットン

敷きパッドとは、取扱店によってベッドパッド、パッドシーツなどと呼ばれます。一般的にはベッドパッドより薄く、シーツの上にかぶせて使います。敷パッドは四隅がゴムで取り外しやすく、洗濯しやすいのが人気の理由です。

こんなときにおすすめ

  • ベッドパッドのクッション性が足りない時
  • シーツの肌触りが合わない時
  • 夏に汗取りで使用したい時
  • 寒さ対策として使用したい時
  • 敷布団のカバーとして使用したい時

夏こそ敷パッド

暑い夏の夜を少しでも快適に眠る為には、布団選びがカギになります。なかなか寝付けない原因は、高温に高湿が加わった蒸し暑さにあります。背中の湿度、つまり汗が問題です。発汗は就寝1時間以内が最も多いため、この発汗をすばやく、吸収・発散させることが大事です。こんな時敷パッドを利用するのがおススメです。大量の汗をさっと吸い込んでくれます。シーツは取り外しがちょっと面倒で洗濯もさぼりがち。

敷パッドは四隅がゴムだし取り外しやすくまめに洗濯しやすいのが良いですね。また、汗取りだけではなくひんやり機能の付いたものが多く出てきました。冷感素材を使用したものが主流になっているようです。実際、敷パッドを使用した場合としなかった場合を比較すると、使用した場合に2℃程度皮膚温が低くなるということが実証されたそう。また、体温に関しては、使用しない場合に体温が0.2℃上昇したが、使用した場合は0.1℃以上低下が見られたそうです。体温を少し下げることで、良い睡眠を得ることができます。

夏向けの織り方

ジェル状のものがどうも冷たすぎるという方は織り方に注目しても良いでしょう。ぺたっと背中に張り付かない織り方のものを選ぶと快適です。

  • サッカー:凹凸生地でさらっとした肌触り
  • しじら織:べたつかずやわらか
  • 立体構造:吸水速乾、ふんわりしっかり

冬だって敷きパッド

冬の布団の冷たさは不眠の原因にもなります。冷え性の方は布団に入ってもいつまでも体が温まってこないなんてこともあるでしょう。そんな時あったか敷きパッドがあればホカホカ。布団に入った時のヒヤッとした感じをなくしてくれます。冬用敷きパッドの素材として使われるマイヤーなどは,生地の表面が起毛されており,きめ細かい繊維が暖かい空気を包んで熱をのがさないので,高い保温性を維持します。また中綿に遠赤わたや吸湿発熱わた「トップサーモ」などをしようしたり、底部にアルミシートを採用したりと、かなり新しい技術が取り入れられています。

進化した敷パッドを使おう

人気のひんやり敷きパッド

アウトラスト®は人間が最も快適に感じる皮膚温度、体温より約4℃低い約33℃に保ってくれます。これはNASAの宇宙服の為に開発された技術。また、帝人が開発したケミタックβという綿には抗菌・防臭機能があり、さらに繊維に「マイカ鉱石」を練り込むことで、強力な接触冷感を実現しました。

毎年人気の商品。ペアクール®に使用されているベンベルグ®は綿の種子を加工した非常に貴重な素材。しなやかで柔らかく、ベタつきにくく、熱を逃がし蒸れにくいです。さらに帝人ケミタック®βECOを使用し、汗臭さの原因となる細菌の繁殖を防ぎ、臭いの発生を抑えます。

ATEX エアコンマット そよ ハーフAX-HM1201H
アテックス
売り上げランキング: 45,168

ファンを使ってマット内に風を通して熱や湿気を排気し、表面をさらさらの状態に保ちます。使いやすいハーフサイズ。空気を排出するファン、空気を取り込むサイドWメッシュ、風を通しながら体を支えるスペーサーなどでマットの温度と湿度の上昇を抑えます。電気代は1日あたり約0.3円の省エネ設計。 
送風の3段階調節、タイマーなどの機能付き。

冬にオススメの敷きパッド

超極細繊維が気持ちいいフランネルマイヤー素材を使用。ボリュームある起毛が肌ざわりも ふんわりやさしく包み込みます。毛抜けしにくいマイヤー織です。また中綿には旭化成の吸湿発熱わたのトップサーモわたを使用。寝ている間の汗を吸湿して暖かな熱に変えるので、とてもポカポカです。寒い季節でも快適にお使い頂けます。

マイヤー織というループ状に絡ませた織り方で起毛部分に空気層ができ、程よい保温性があります。さらに蓄熱保温効果プラス・ヒーターを使用した、あたたかな風合い。体から出る熱を利用することで保温性を高めます。

まとめ:布団に敷きパッドを使おう

最近、敷きパッドというものがメジャーになってきました。もはやただの汗取りではありません。おさらいしておきましょう。

敷きパッドの働き

  • ベッドパッドのクッション性を補う
  • シーツの肌触りが合わない時に手軽に変えられる
  • 夏の汗取り機能
  • 寒さ対策
  • 敷布団のカバー

何より洗濯しやすいのが魅力です。この記事を参考に、快適な睡眠を手に入れてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。