汚れた布団を洗濯する方法

広告ロゴ
洗濯

布団に飲み物をこぼしてしまうなどして布団を汚してしまうことは生活の中であり得ることです。この時に布団を汚れたままにしておいてはカビなどの原因となってしまうので選択が必要です。とはいえ、布団という大きなものはどのようにして選択をすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

布団を洗濯しなきゃならないときは

布団

布団にジュースなどをこぼしてしまったり、あるいは、小さなお子さんがおねしょをしてしまったりして布団を洗濯しなければならない時もあります。薄い掛け布団などであれば洗濯機で洗えば済みますが、厚手の掛け布団や敷布団などの場合には、どうやって洗濯をすればよいものか少し悩んでしまいます。布団は一体どのようにして洗濯すれば良いのでしょうか。

布団をクリーニングに出す事のメリットとデメリット

まず、確実な方法として布団をクリーニングに出すという方法が考えられます。
業者の方にクリーニングをしてもらえば布団は確実にきれいになって返って来るでしょう。

洗濯したい布団が高級なものであるのならば迷わずクリーニングに出すことがおすすめできます。後述しますように、布団は自宅の洗濯機やコインランドリーなどでも選択をすることは可能ですが、布団が傷んでしまう可能性があるなどの問題点があります。

クリーニングを専門に取り扱う業者さんであれば、どのような布団でも適切な方法で洗濯
をしてくれるため(あるいは取り扱うことができないものは引き受けないなどの適切な対応によって)傷んでしまう可能性は格段に低くなります。

質の良い布団、高価な布団などの場合には布団はクリーニングに出すことがおすすめできます。傷みが少なく、確実にきれいにして返してくれることが期待できるのがクリーニングの大きなメリットです。

一方で布団をクリーニングに出した場合、費用が高くなってしまいます。掛け布団と敷き布団をセットでクリーニングに出した場合には、費用として少なくとも1万円弱程度の費用がかかってしまうことは覚悟しなければなりません。

もちろん、洗濯を専門としている業者さんですのである程度の費用がかかるのは当然といえます。ただ、2014年4月以降、消費税も高くなり、可能な限り出費を抑えたいというのはどなたでも思われることなのではないかと思われます。布団の洗濯のためとはいえ、1万円程度の出費は通常は家計にとって「痛い」出費となるでしょう。

このようにして布団の洗濯をクリーニング業者に依頼する場合には、費用が高くついてしまうという点がデメリットとなります。

自分で布団を洗濯する方法

布団をクリーニングにだして洗濯をすることは、高級な布団など傷めることを極力避けたいものに限られることがおすすめできると言えます。

では、通常の布団はどのようにして洗濯すれば良いのでしょうか。

布団をご自身で洗濯される場合には、洗濯ネットを利用します。布団をたたみ、洗濯ネットに布団を入れます。その後は「普通に」洗濯機を回せば良いというだけです。布団であるからといって特別な洗濯方法が必要なわけではなく、洗濯ネットに布団を入れて洗うというだけです。

ただ、布団のサイズによってはご自宅の洗濯機には入らないものもあるかもしれません。その場合には、コインランドリーを利用します。コインランドリーであれば、かなり大きめの洗濯機がありますので、大抵の布団であれば選択をすることが可能です。

また、洗濯自体はご自宅の洗濯機で行って乾燥機をコインランドリーのものを使うという方法もおすすめできます。

コインランドリーの乾燥機はとても大きいので、布団などでも十分に乾燥機で回すことができます。

このようにしてご自宅・あるいはコインランドリーで布団を洗濯することは十分に可能です。

ただし、いくつか注意したいポイントとしては、いわゆるWサイズの布団は、サイズ的に洗濯機で洗うことは困難ですので、このサイズの布団を洗濯したい時にはやはりクリーニング業者さんに任せたほうが良いと言えます。

また、コインランドリーは、夜等の場合、次々に使いたい方がいますのであまり大きな布団を洗ったり乾かしていると周囲の方の迷惑になってしまう可能性がありますので、日中の空いている時間帯にランドリーを利用されることが良いと言えます。

秀英産業  大物洗い用ネット
秀英産業
売り上げランキング: 95,868

まとめ:布団の洗濯についてのまとめ

以上、本文で述べました布団の洗濯方法についてポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 高級な布団、あまり痛めたくない布団の場合には、クリーニング店にクリーニングに出すことがおすすめできます。ご自身で洗濯をされるとどうしても布団を傷める可能性があるためです
  • ご自身で布団を洗濯される場合には、洗濯ネットに布団を入れて洗うことになります。ご自宅の洗濯機や乾燥機ではおさまらないサイズの布団であればコインランドリーで洗濯されると良いと言えます
  • サイズが大きすぎる布団を無理にご自宅やコインランドリーで洗うことは避けましょう。また、コインランドリーで布団を洗濯される場合には昼間の時間帯などすいている時間帯に利用されることがマナーです

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。