寝苦しい熱帯夜を快適に過ごそう!夏の布団選びのポイント

広告ロゴ
月

 

夏の夜、窓を開けても熱風しか入ってこず、クーラーをかけないとどうしても寝付けない。そのうち寒くて目が覚める。こんな風に寝不足になる方多いと思います。そんな夏の夜も、布団を工夫することで快適な睡眠を手に入れることができます。

こちらでは、夏の布団選びのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

夏に合った布団とは

夏の布団

猫

毎年熱帯夜の長さが記録を更新します。寝苦しくて寝不足になると体調不良までもたらします。暑い夏の夜を少しでも快適に眠る為には布団選びがカギになります。なかなか寝付けない原因は、高温に高湿が加わった蒸し暑さにあります。発汗は就寝1時間以内が最も多いため、この発汗をすばやく、吸収・発散させることが大事です。

背中の汗

夏の寝苦しさの原因は、背中の湿度、つまり汗にあります。安眠のためには、敷きふとんの湿度を取り除くことが重要になります。

シーツ
シーツの素材は大事です。夏には特に麻がおすすめです。麻は、熱をしっかり伝導してくれるので、熱と湿気が溜まりません。そのため、汗をかいてもいつも肌触りがよく、高温多湿な日本の夏に適した素材です。においがつかないことも麻の特長。 麻に含まれるペクチンが汚れをはじくので、天然の抗菌効果が高いのです。麻以外にも、吸湿性と通気性に富むいぐさのシーツなどもお勧めです。吸湿性が高いですし、硬めなので体との間に隙間ができて通気性が良いので、涼しく感じられます。

夏向けの織り方

  • サッカー:凹凸生地でさらっとした肌触り
  • しじら織:べたつかずやわらか
  • 立体構造:吸水速乾、ふんわりしっかり

敷パッド
敷パッドを利用するのもおススメです。敷パッドを使用した場合としなかった場合を比較すると、使用した場合に2℃程度皮膚温が低くなるということが実証されたそう。また、体温に関しては、使用しない場合に体温が0.2℃上昇したが、使用した場合は0.1℃以上低下が見られたそうです。体温を少し下げることで、良い睡眠を得ることができます。敷パッドは冷感素材を使用したものが様々なメーカーからいろいろ出ています。送風機能付きの敷きパッドなんかも登場しています。

肌掛け布団

肌布団とは夏用の薄いふとんです。肌に心地よくフィットする「肌掛け布団」は、手軽な薄さと軽さがあり、組み合わせて使用する便利なアイテムとして重宝がられています。エアコンを使用しておやすみになる方はタオルケットじゃ薄くて寒く感じてしまうことも。ガーゼのカバーを組み合わせるのがおススメです。

タオルケット

何より「まる洗いできて乾きやすい」ことがメリット。タオルケットは綿をパイル状にし、吸湿性と放湿性を向上させたもの。独特のさわやかな肌触りを持っています。パイル糸は長いほど、吸湿性と保温性が高まり、ボリュームのあるものになります。逆に洗濯すると毛羽抜けが多く、乾きにくくなるという面もあります。最近は肌沿いの柔らかさから、5重織りに代表される多重織りのガーゼケットも増えてきました。また、タオルケットとガーゼのコンビネーションケットなどいろいろな種類のものが生まれています。

夏を乗り切る布団選び

進化した敷パッドを使おう

敷パッドを利用するのもおススメです。冷感素材を使用したものが様々なメーカーからいろいろ出ています。送風機能付きの敷きパッドなんかも登場しています。

アウトラスト®は人間が最も快適に感じる皮膚温度、体温より約4℃低い約33℃に保ってくれます。これはNASAの宇宙服の為に開発された技術で、す。また、帝人が開発したケミタックβという綿には抗菌・防臭機能があり、さらに繊維に「マイカ鉱石」を練り込むことで、強力な接触冷感を実現しました。

併せて使いたい枕パッド。

毎年人気の商品。ペアクール®に使用されているベンベルグ®は綿の種子を加工した非常に貴重な素材。しなやかで柔らかく、ベタつきにくく、熱を逃がし蒸れにくい。さらに帝人ケミタック®βECOを使用し、汗臭さの原因となる細菌の繁殖を防ぎ、臭いの発生を抑えます。

ATEX エアコンマット そよ ハーフ AX-HM1211H
アテックス
売り上げランキング: 46,087

ファンを使ってマット内に風を通して熱や湿気を排気し、表面をさらさらの状態に保ちます。使いやすいハーフサイズ。空気を排出するファン、空気を取り込むサイドWメッシュ、風を通しながら体を支えるスペーサーなどでマットの温度と湿度の上昇を抑えます。電気代は1日あたり約0.3円の省エネ設計。 
送風の3段階調節、タイマーなどの機能付き。

抱き枕

抱き枕も夏に使用したい快眠グッズです。抱き枕を使用すると背中があいて、脇や膝の間にも隙間ができるので、使用しないときよりも体感が涼しいです。カバーも涼感タイプの物を選ぶといいでしょう。

まとめ:夏の布団は工夫しよう

夏の夜になかなか寝付けない原因は、高温に高湿が加わった蒸し暑さにあります。発汗は就寝1時間以内が最も多いため、布団を工夫してこの発汗をすばやく、吸収・発散させることが大事です。おさらいしておきましょう。

  • シーツは麻がオススメ
  • 敷きパッドを活用しよう
  • 冷房を使うなら肌布団
  • タオルケットなら洗えて清潔
  • 抱き枕も効果的

この記事を参考に、寝苦しい熱帯夜も快適におやすみ下さいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。