軽い布団と重い布団の比較検証

広告ロゴ
腕組み

布団はさまざまな種類のものがあります。さまざまな種類の布団を分類する一つの視点として「軽い布団」と「重い布団」という観点から分類することができます。軽い布団と重い布団に分けた場合、それぞれどのような特徴やメリット、デメリットが見えてくるのでしょうか。本稿では軽い布団と重い布団を比べた場合の特徴やメリット、デメリットについてまとめてみたいと思います。お布団選びのご参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

軽い布団・重い布団

寝る

布団は毎日使うものですので、その寝心地・使い心地は良いに越したことはありませんね。
布団は人類とともにあると言っても過言ではなく、大昔から私たち人間は布団を利用してきています。そして、長年の経験からさまざまな布団の種類を開発してきています。

布団の種類は実にさまざまですが、布団の分類に関する一つの視点として「軽い布団」「重い布団」という分類をすることができます。これは主として掛け布団ですが、掛け布団について使用する際に体に対して軽い感触を与えるか、あるいは重みを与えるかによる分類です。

軽い布団としては、もっとも典型的なものとしては羽毛布団をあげることができます。一方、重い布団としては木綿の布団などを挙げることができます。

軽い布団と重い布団を比較した場合、それぞれどのような特徴やメリット、あるいはデメリットなどがあるのでしょうか。

健康効果では軽い布団に軍配

まず、健康効果を考えた場合には、重い布団よりも軽い布団の方に軍配が上がると言えます。これは睡眠中の寝返りなどが影響します。

重い布団の場合、その重さから睡眠中に寝返りを打つことが難しくなります。寝返りは睡眠中に体を動かすことで血液の停滞状態を解消するものですので、睡眠中に寝返りを打つことは睡眠中の血行を良くします。重い布団を利用してしまうとこの寝返りを打つことが難しくなってしまいます。

一方で軽い布団の場合には重さによる抑圧がありませんので、睡眠中に寝返りをうつことで血流を良くすることにつながります。

このように睡眠中に寝返りを打って血液の流れをよくすることができるという点を考慮した場合には、健康という点からは重い布団よりも軽い布団の方に軍配が上がるということができます。

寝心地では重い布団がやや優勢?

次に寝心地、つまり心地よく眠ることができるかどうかという点から考えた場合には、軽い布団と重い布団とでは引き分け、あるいは軽い布団よりも重い布団の方にやや軍配が上がるということができます。

ご経験がある方も少なくないかと思われますが、ホテルなどに泊まった際にあまりに軽い布団でかえって眠ることができなくなったという経験がある方がおられるのではないでしょうか。

これは単に軽い布団に慣れていないということもあり得ますが、軽い布団の場合、圧覚(押されるような感覚)が少ないということが原因です。体の皮膚感覚においてある程度の圧迫感があると、抱き抱えられているような安心感が生じます。これが精神的なリラックスにつながり眠りやすくなります。しかし、軽い布団の場合、圧迫感がないために精神的なリラックスを得にくく、眠りにくいという方も少なくありません。

もちろん、普段から軽い布団に慣れている方などは、圧迫感がないからといって眠れないということはありませんが、一般的には重い布団の方がリラックスすることができる方が多いようです。

このように寝心地の点では軽い布団よりも重い布団の方がやや優勢な評価ができるということができます。

結局は軽い布団と重い布団のどちらが良いのか

では、結局、軽い布団と重い布団のどちらが良いのかということですが、これは、最終的には個々人によってさまざまということになります。つまりお好み次第です。

ただ、軽すぎる掛け布団では特にデメリットはありませんが重すぎる掛け布団の場合には、
血流が悪くなりやすいという明白なデメリットが予測されます。

そのため、掛け布団は軽いものを選ばれるにあたっては特に注意すべき点はないものの重い布団を選ばれる際には過度に重いものは避けたほうが良いということができるでしょう。

まとめ:軽い布団と重い布団の比較のまとめ

以上、本文で述べました軽い布団・重い布団の比較をまとめますと以下のように言うことができます。

  • 軽い布団は重い布団に比べて健康効果の点からはおすすめできるということができます。軽い布団の場合には、睡眠中に寝返りを容易にうつことが出来るので睡眠中に血液が停滞することを避けることが出来るためです
  • 重い布団の方が軽い布団に比べて、一般的には眠りやすい、安眠できるという方が多い傾向があります。重い布団の場合、適度な圧力感があるので精神的なリラックスを得やすいためです
  • 軽い布団と重い布団のいずれが良いかは最終的には個々人の「お好み」ということにはなります。ただ、あまりに重い布団は睡眠中の血行不良の原因となりえますので、過度に重いものは避けたほうが良いということはできます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。