布団のカビ予防方法と発生した場合の対処法

広告ロゴ
みて

布団やマットレスを毎日欠かさず上げて畳んでいるにもかかわらず、布団やマットレスの裏に少しずつぽつぽつと発生してくるカビにお悩みではありませんか? 一度カビが生えてしまうと、完全に除去することは簡単にはできません。また、カビが生えているふとんやマットレスで寝ると体にも悪影響を与えます。カビに関する正しい知識と布団やマットレスのカビ予防方法について学び、カビの発生を防ぎましょう。また、発生した場合の対処法について整理しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

カビ(真菌)とは何でしょうか

ショック

カビは真菌とも言います。菌糸からなる体を持つ糸状菌と呼ばれる菌類で、子実体(キノコ)を形成せず、その多くが胞子を形成します。家庭では、布団以外にも浴室やキッチンなどの水回り、結露するサッシや窓、タンスの裏など、湿度が高い場所に発生します。布団の場合、汗による水分で湿度が上がっており、睡眠中の体温でカビの生育に好適な温度になっています。また、設置してからなかなか動かさないマットレスや、押入れにしまい込んで動かさない布団など、カビの好む環境になっています。

カビが人体に与える影響について

カビは人体に悪影響を及ぼす危険性があります。アレルギー性鼻炎、喘息、アトピー性皮膚炎の原因となり得ますし、水虫は白癬菌というカビが原因です。免疫力が弱った人や高齢者、幼児は特に影響を受けやすいのです。風邪で免疫力が落ちた状態で寝込んでいる時に使う布団やマットレス、赤ちゃんが使う布団、これらにカビが生えているとカビの悪影響を受けるリスクは非常に高くなります。このような事態にならないためにも日ごろから布団やマットレスには万全のカビ予防策が必要です。

布団のカビ予防法について

布団はマットレスより軽くて扱いやすいので、移動が比較的自由に出来ます。したがって、マットレスと比較するとカビ予防策を講じやすいと言えます。

  1. 毎日布団をあげましょう:布団は一晩でかなりの量の水分を吸い込んでいます。敷きっぱなしにすると、湿度が高い状態のままとなり、カビにとって好適な環境が維持されてしまうことになります。特に梅雨の多湿な時期はカビの発生の危険が高まります。
  2. 頻繁に天日干ししましょう:晴れた日は布団を天日干しにし、水分を飛ばすようにしましょう。その際、布団叩きで叩かないようにします。叩くのは繊維を痛めるだけで、ほこりやダニを取り除く効果はありません(科学的な検証で証明されています)。ほこりやダニは干す前に掃除機で吸い取るようにします。
  3. 天日干しできない場合は通気を良くしましょう:ベランダがなく、天日干しできない場合は、椅子にかけて窓際に置き、窓を開けて通気しましょう。窓が開けられない時は、扇風機やエアコンの風を当てるようにします。
  4. 布団を置く場所に乾燥剤を設置します:収納する押入れに布団を入れる前に、乾燥剤を設置することが有効です。押入れは占めっぱなしにせず、できるだけ戸を開けて開放するのがベターです。また、乾燥機をかけることも湿気を落とすことに効果的です。

マットレスのカビ予防法について

マットレスは原則として、水洗いや天日干しができません。カビが一度発生してしまうと完全に取り除くのは難しくなってしまいます。

  1. マットレスを直接床に置かないようにします:マットレスを床に直接置くと、冬は床との温度差により結露が発生してしまいます。夏は吸収した汗の水分の逃げ口がないため湿度が高いままとなり、カビ発生の原因となってしまいます。
  2. マットレスに直接寝ないようにします:マットレス上に直接寝ると、マットレスが汗を吸収してしまいます。ですから、マットレスには必ずベットパットやシーツなどを使用し、出来るだけマットレスが汗を吸収しないようにしてください。ベットパットやシーツはこまめに洗濯をすることも重要です。
  3. ベッドの下には物を置かないようにします:収納スペースがあまりないお部屋の場合、ベット下の空間は是非活用したいところですが、ベットの下に収納ケースなどを置いてしまうと、通気性が悪くなりカビが発生する原因となります。どうしても収納ケースなどを置かなくてはならない場合は、定期的に(最低3日に1回程度)収納ケースを出して通気、換気をするようにしてください。
  4. 除湿シートを置くことも効果的です:通気、換気をマメに行うことも大事ですが、除湿用シートを敷けばさらに効果が上がります。マットレスの下に除湿シートを敷くと、湿気の発散程度が改善されます。除湿シートの中でも、あまりにも安価な物は品質に問題がある可能性がありますので、ホームセンター、寝具店、ネットなどで情報をよく精査して選ぶようにしましょう。

カビが生えてしまった場合の対処法について

安価な布団やマットレスの場合は、クリーニング代が高額になるので買い替えを考えてもよいでしょう。カビは発生から一か月程度であれば取れる確率はかなり高いのですが、それ以上経過すると薄くはなりますが、ある程度斑点状のシミが残ります。しかし、しっかりと殺菌できていれば、シミが残っても再発を防ぐことが可能です。ただし、カビが発生した部分は繊維が弱くなっていますので、破れる可能性が高くなります。クリーニングの際その限界点を見極めながら作業する必要があります。

カビが発生したごく初期の段階であれば、エタノールや塩素系の洗剤を使って自分で取り除くことも不可能ではありませんが、生地を傷めてしまう可能性もありますから、プロのクリーニング店に頼むのが安全です。

まとめ:布団のカビ予防方法と発生した場合の対処法について

  1. 布団のカビ予防法:毎日布団は上げましょう。また、頻繁に天日干しして水分を飛ばすように心がけます。また、押入れなど布団を置く場所に乾燥剤を置くと良いでしょう。
  2. マットレスのカビ予防法:マットレスを直接床に置かず、また使用する際はベッドパットやシーツを敷きます。通気、換気をマメに行い、ベッドの下にはなるべく収納ケースなどは置かないようにします。
  3. 万一カビが発生した場合は、早めにクリーニング店に相談しましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。