犬と同じ布団で寝てはいけない理由と犬用ベッドの選び方

広告ロゴ
ちわわ

 

犬って飼い始めると可愛くてずっとそばにいたくなりますよね。日中お仕事などで一緒に入れないなら夜ぐらいは一緒に、と同じ布団で寝ている方も多いのでは。しかし、実は犬とは同じ布団で寝てはいけないようです。

こちらでは、犬と同じ布団で寝てはいけない理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

犬と一緒に寝てはいけない?!

犬の飼い方

飼い主と

犬は集団生活をするため飼い主のそばが安心すると言われます。飼い主のそばがいいのなら、寝るときも一緒のほうがいい気がします。しかし基本的には犬と飼い主は一緒に寝ない方がよいそう。これには以下の理由が挙げられます。

  • 衛生的な問題
  • 主従関係を保つため
  • 犬の精神的自立を促すため

衛生的な問題

まず一番の心配は衛生面です。室内犬だから衛生面で問題がないとは一概に言えません。外で飼っている犬に比べれば清潔ですが、犬は毎日シャンプーしていません。シャンプーは月に1~2回が適切です。また、散歩で草むらに入った時にダニやノミなどをもらってくるかもしれません。そして犬の毛はよく抜け落ちますし、フケだって落ちるでしょう。もともと布団はダニが繁殖しやすいもの。間違いなく布団はダニが発生しやすい環境になってしまいます。

主従関係を保つため

犬社会では、リーダーと部下は近くで寝ることはあっても、寄り添って一緒に寝るというのはほとんどありません。同じ階級の仲間だけが体を温めあって眠るのです。リーダーは威厳を保つために、寝るときは少し距離を置いて寝るのだそう。ということは、犬と一緒に寝ると飼い主をリーダーではなく、同じ階級の仲間だと思うようになる可能性があります。犬のしつけには飼い主がリーダーになる必要があります。これは犬のしつけの基本中の基本であり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。野生で集団生活をしていた犬は、リーダーのいう事をきかなければ群れから追い出されてしまいます。犬のしつけでは、こういった犬の習性を利用しリーダーである飼い主のいう事をきくようにするのです。主従関係を保つためにも同じ部屋で寝るのは良いのですが、一緒に寝るのは避けたがいいようです。

犬の精神的自立を促すため

犬も病気をすることもあります。また、どこかに預けなければいけない事情が生じることもあります。病院やホテル、美容院では必ずゲージにいれられます。寝るときに飼い主とベッドで寝ていると、ゲージに入れられたら犬にかなりのストレスがかかります。不安で眠ることもできず吠え続けたりすると、犬にとってかわいそうなことになります。

愛犬にも素敵なお布団を

犬用ベッドの選び方

犬にも安心できる居場所を作ってあげることが大事です。愛犬が気持ちよさそうに寝ている姿を見ると飼い主も安心ですよね。愛犬に合ったベッドを選んであげましょう。最近発熱する素材や、ひんやりする素材などもあったりします。季節によって変えてあげても良いでしょう。


愛犬の寝方で形を選びましょう。赤ちゃんの時と、成犬になってからだと変わることもあります。昼寝と夜寝るときの寝姿も違ったりします。何度も買い直さなくても良いようにしっかり観察してから購入したいものです。

  • 丸くなる:ラウンドタイプ
  • 大の字タイプ:スクエアタイプ
  • あごをのせる:縁のあるタイプ
  • 潜り込むのが好き:袋タイプ

固さ
フカフカのクッションが好きな子と固い床が好きな子がいます。

  • ふわふわが好き:中綿たっぷりフカフカのもの
  • ソファが好き:中材がウレタンのもの
  • 床やマットが好き:固綿やプラスチックなど固いもの

大きさ
可愛さだけで小さいものを選ぶと窮屈でかわいそう。また大きすぎるとベッドとの認識がなくておしっこしてしまったりすることもあるようです。適切な大きさを選びましょう。

オススメの犬用ベッド

ペットプロ マイライフベッドSS PPMB-1
Pet Pro (ペットプロ) (2011-08-22)
売り上げランキング: 203

ベーシックなベッド。あごのせ派にオススメ。夏場はクーラーなどの冷えや床冷え防止に、冬は底部分にヒーターを入れられるポケットがついているので、季節を問わずオールシーズンお使いいただけます。

マシュマロクッション ショコラ
ボストーク
売り上げランキング: 5,697

フカフカ好き、丸まって寝る子にオススメです。人間用の枕やマットに使用される低反発ウレタンチップを使用。マシュマロみたいな感触でワンちゃんも大喜び。専用カバーは取り外し可能で、洗い替えも様々な色があって楽しめます。

あったか犬用ベッド。芝生のようなお庭付き。庭部分は取り外し可能で手洗いで洗濯ができます。サークルの中に入れてもとってもかわいい。

アイリスオーヤマ リバーシブルペットブランケット オレンジ RPM-60
アイリスオーヤマ
売り上げランキング: 10,065

まとめ:愛犬には犬用の布団を用意しよう

犬と飼い主は一緒の布団で寝ることは避けた方が良いです。一緒に寝ることで生じる問題があります。おさらいしておきましょう。

一緒に寝ない方がいい理由

  • 衛生的な問題
  • 主従関係を保つため
  • 犬の精神的自立を促すため

犬用ベッド選びのポイント

  • 固さ
  • 大きさ

この記事を参考に、愛犬にも素敵なベッドを用意してあげてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。