布団をゴミとして捨てる時の5つの注意

広告ロゴ
見て

転勤などで引っ越しをする際に、捨てようかそのまま持っていこうかと悩むのが荷物としてはかさ張る布団ではないでしょうか。
意を決して捨てると思っても、実際には布団を捨てる機会なんてそう何度もあるわけではなくどうやって捨てたらいいのかわからないのではないでしょうか。燃えるゴミと出すと聞いたこともあるし、市に申請しなければゴミとして持っていってくれないなども耳にしたことがある・・、一体どれが正解なのでしょうか。

本記事では、そんな布団をゴミとして捨てる際の5つの注意をご紹介していきます。

スポンサーリンク

布団を捨てる時の注意

布団

では、布団をゴミとして処理する場合どんな注意が必要なのでしょうか。

  1. 布団の生地に注意
  2. 捨てる場所に注意
  3. 捨てないエコ
  4. 打ち直しというエコ
  5. 5年以上の布団は捨てた方がよい?

意外と手間がかかるようなイメージの布団ですが、この5つさえ注意していればよいと思えば簡単に捨てることができそうな感じがしてきませんか?この機会におしいれや物置に眠っている布団を捨てることをオススメします。断捨離をすることで心までスッキリするはずですよ。

1:布団の生地に注意

布団のゴミ捨てで注意したいのが、粗大ゴミ扱いになるのか資源ゴミになるのかです。ご近所の目もあるし、失敗もできないですよね。おおまかですが、生地のゴミ分けをご案内します。

粗大ゴミ扱いになるのが、化学繊維などでできた布団です。燃やさないゴミとして区別される自治体もあります。次に綿製の布団ですが、これは資源ゴミとしてリサイクルにまわすところがあるそうです。

みなさんが住んでいる場所の市町村HPなどをしっかり確認し、布団をゴミとして出してくださいね。

2:捨てる場所に注意

布団をゴミとして出す際に案外やってしまいがちなのが、ゴミステーションを布団で埋めてしまうことです。現在、ゴミステーションは団地や街の景観を損なうとして、小さくコンパクト化されているところが多いです。また、大量のゴミがたまらないようその自治区の人しか捨ててはいけないなどのルールが盛りだくさんです。

捨てたい布団が多い時や、大きい時は捨てる前に市町村の役所に電話をし、どこに捨てればよいかなどを相談してみましょう。粗大ゴミとして捨てるより、自分で処分場にもっていったほうが安くあがるという可能性もありますよ。

3:捨てないエコ

布団を捨てなければいけなくなった原因をつきとめましょう。子供が成人し、実家に帰ってくることが少なくなり押し入れのこやしになっている、そこまで目立つ汚れではないが客人には出せない布団で奥にしまい込んでしまった、など布団が使われなくなった理由は様々あると思います。

それらは上手くいけばリサイクルに出してお金ももらえるかもしれません。なるべく布団をゴミにしないようにカビなどができないよう清潔に保ってくださいね。

4:打ち直しというエコ

みなさんはふとん打ち直し屋というのは聞いた事がありますか?ふとんを買ったころのようにしてくれるところをいいます。布団屋と名打ったところなら行ってくれるはずですが、現在ではコストも時間もかかるので、行っていない店もあるそうです。布団を持っていく前に一度問い合わせてみてくださいね。

この打ち直しは、綿製の布団なら、綿を打ち直して、綿を足し、新しい布団に作り直すことができるんです。また、掛け布団を敷き布団にしたり、さらに座布団に作り直したりする昔ながらのリサイクル屋さんです。

5:5年以上の布団は捨てたほうがよい?

また、捨てるか捨てないかで悩んでいる方がいたらこれを目安にしてください。

  • においやシミ、カビがある
  • 5年以上使用して、一度も丸洗いしていない
  • 最近、かゆみや発疹などがでる

もしこの中で1つでも当てはまったら、心よく捨ててもなにも問題はありません。どうしても長く使っていると雑菌やダニが増殖し、においの原因やアレルギーの元になります。男性や汗をかきやすい方は、3年ほどであたらしい布団に換えてもよいかもしれません。

海外途上国へ物資支援として

まだ綺麗だけど収納場所も使う人もいない、そんな捨てるのはもったいない布団を余らせていたら是非こちらに寄付してみてはいかがですか?

ワールドギフト/あなたの不用品・寄付物資でできること

アジアやアフリカ等に住む衣服も好きに選べないような人々に支援を行っている団体です。買っては捨て、の時代はもうやめにしましょう。買ってきれいに使う、必要がなくなったらきれいなまま人に譲る、こんなエコを続けていけたらよいですね。

tower  ポリ袋エコホルダー タワー ホワイト
山崎実業
売り上げランキング: 164

まとめ

布団をゴミに出す際の注意点やエコな捨て方などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?自分が捨てたいと思ったものが意外なところでリサイクルされて、利用されていたらゴミを捨てるという罪悪感も少しはなくなるのではないでしょうか。

みなさんの要らなくなった布団はゴミとして出すべきか、またリサイクルとして出すべきなのか寄付できるものなのかを、もう一度だけゆっくり考えてみてもよいかもしれませんね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。