めくってみるとカビが!フローリングに布団を敷く時のカビ対策

広告ロゴ
布団

 

日本といえども全部屋フローリングという家も少なくありません。家や部屋が狭かったりしてフローリングで布団を使う人も結構いるようです。しかしフローリングに直接布団敷く場合、気を付けた方がいいことがあります。それがカビ対策です。畳の部屋と違って対策が必要になります。

こちらでは、フローリングに布団を敷く時のカビ対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

フローリングに布団を敷いて寝るなら

フローリングと寝汗

寝る

フローリングに直接布団を敷いて寝たら、翌朝床が濡れている時があります。原因は寝汗です。人は一晩で約コップ一杯分の汗をかくと言われています。この汗の湿気が敷布団を通して発散します。畳と違ってフローリングには吸湿性がないため、フローリングで湿気の発散がストップしてしまいます。そして翌朝布団とフローリングの間に水滴となって溜まってしまいます。これは冷たい床と暖かい布団との温度差が出やすい冬の寒い時期によく見られます。このままにしておくと敷き布団の裏側がカビてしまいます。下に湿気がこもって寝苦しさの原因になりがちです。

湿りを感じなくても

木綿わたの敷布団の場合、湿気は布団全体にこもります。中がカビてしまう可能性もあります。また、多層式高性能ポリエステル布団は、 湿気をどんどん透すのであまり湿っぽく感じません。しかし油断をすると床下にどんどん湿気がたまってしまいますので、フローリングに直接敷いた場合、木綿布団以上に注意が必要です。

マットレスは有効?

マットレスを敷いてその上に布団を敷いて寝ると大丈夫と思われるかもしれません。ところが、これもマットレスとの間がカビることがあります。部屋の環境などにもよりますが、マットレスを布団の下に敷いただけではカビてしまうことも多いようなので要注意です。マットレスは床から離れたベッドに設置する前提で作られているので、下に湿気が溜まってしまいます。対策としてはマットレスを立てかけて、風通しを良くしてあげましょう。マットレスの上に布団を使用している場合も同様に、マットレスを干さないといけません。

すのこを敷けば安心?

敷布団の下にすのこを敷くのも効果的ですが、これだけで安心というわけではありません。すのこを敷いたからと言ってお手入れを怠ると、結局同じことになります。すのこ自体にカビが生えることもあります。毎日ちゃんと布団を上げて湿気を飛ばしましょう。

ほこりにも注意

フローリングに敷き布団で寝る場合、フローリングの上に溜まったほこりを吸ってしまいます。アレルギーを持っていなくてもその環境が続くと咳などの原因になります。お部屋は毎日拭き掃除をし、ほこりが溜まらないようにしましょう。

フローリングの部屋で布団を敷いて寝る場合

カビを生やさない為に

もしも直接敷く場合は、下にすのこや除湿シート、ゴザや置き畳を敷いて湿気が逃げる隙間を作ってあげましょう。

すのこ
すのこは日本ならではの湿気対策寝具です。ベッドタイプや収納しやすいロールタイプなど様々なものがあるのでお好みで選べます。

桐 和風すのこベット ロール式 まるめ~る シングル JH-100
オスマック
売り上げランキング: 15,221

サイズ:使用時/約幅100×奥行200×高さ2.5cm、収納時/約直径26×高さ100cmとコンパクトに収納できます。すのこ板自体に通気穴がついていることで通気性が良く、またすのこ板を支える足の大きさと数が秀逸で重みにもしっかり耐えてくれます。

除湿シート
除湿マットを敷きふとんの下、フローリングに直接敷くだけで、おふとんの中の湿度を調節してくれます。

吸湿機能を持つシリカゲルBタイプの働きにより、ふとんの湿気を吸収。さらに、嫌な臭い「汗臭」「加齢臭」の原因であるイソ吉草酸、アンモニア、酢酸、ノネナール等を除去します。お手入れはとっても簡単。商品に付属のセンサーがブルー色からピンク色に変わったら干すだけ。何度でも繰り返し使え、ふとん乾燥機も使用できます。

置き畳

フローリングに置くだけ、畳のなつかしい肌ざわりを手軽に楽しんでいただけます。八代または筑後産のい草のみを使用し生産。日本の土で育った安心のい草です。裏には連結ジョイントつき。複数枚の畳を簡単に連結できます。

いつもの手入れが大事

また、布団の敷きっぱなしは一番よくないので毎日、面倒でも布団の上げ下ろしを行いましょう。木綿布団なら天日干しをしたり、羽毛や羊毛なら風通しのいい場所で陰干ししましょう。布団の湿気を逃がす工夫が大事です。また、梅雨時や冬季は布団乾燥機を上手に活用すると良いでしょう。ちゃんとお手入れをしてあげることで、快適な睡眠環境を保つことができます。

まとめ:フローリングに布団を敷くならカビ対策しよう

フローリングに直接布団敷く場合、気を付けた方がいいことがあります。それがカビ対策です。畳の部屋と違って対策が必要になります。おさらいしておきましょう。

  • すのこを使う
  • ゴザや置き畳を使う
  • 除湿シートを使う
  • 布団の上げ下ろしは毎日行う
  • 週に一度は天日干し
  • 布団乾燥機も活用
  • 窓の結露対策をする

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。