布団からダニを確実に駆除するための3つの方法

広告ロゴ
バイバイ

気密性の高くなった現代の住宅には、じゅうたんにはじまりカーテン、ぬいぐるみ、ソファー、そして畳に至るまでありとあらゆるところにダニが生息しています。その中でも一番ダニが多いとされるのが寝具類。なんと、シングルサイズの布団1枚には、約30万匹のダニが生息していると言われています。

布団にダニがいると、不衛生で、時に刺されてかゆい思いをするだけではなく、アレルギー性のぜんそくになることもあるのです。それを防ぐには、布団からダニを徹底的に駆除する必要があります。

本記事では、ダニとアレルギーの関係性、そしてぜんそくの原因ともなるダニの死骸や糞を取り除くための方法から、生きているダニそのものを確実に布団から駆除するための3つの方法までをご案内します。日頃からダニの存在は気になっていたけれど布団干しくらいしかしたことがなかったという方は、本記事をぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ダニを駆除するために知っておきたいこと

見て

人を刺すのはツメダニ、アレルギーの原因となるのはコナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニです。これらのダニは私たち人間が落とした髪の毛や垢などをエサにして、1年中増え続けています。

なかでもダニが繁殖しやすいのが6月から7月で、8月から9月にはダニの死骸が増えます。このダニの死骸や糞を含んだホコリを吸い込むことで、ぜんそくの発作が起こる場合があります。これが秋にぜんそくの発作が起こりやすい原因の一つです。

ダニの死骸や糞を取り除くために、布団1枚の両面にそれぞれ1分ずつの時間をかけて、丁寧に掃除機をかけるようにしましょう。

布団についたダニの糞や死骸は簡単に取り除けるけれど…

先ほどご紹介した掃除機を使用する方法では、布団からダニの死骸や糞は取り除けても、生きているダニそのものを駆除することはできません。

みなさんがやっているであろう布団干しも、生きているダニは干している布団の熱くなった表面から裏側へと逃げ込んでしまうため、やはりダニを退治することはできないのです。

さらに、布団そのものを丸洗いした場合でも、ダニの死骸や糞は取り除けても、生きているダニは洗剤の中ですら生き延びて、その全てを退治することはできないのだそうです。ダニの生殖力は恐ろしいですね。

それでは、一体どうやって生きているダニを布団から駆除すればいいのでしょう。以下では、そのための3つの対処方法についてご案内します。

布団からダニを駆除するための3つの方法

布団から生きているダニを駆除するための3つの方法とは、次の通りです。

  • コインランドリーの乾燥機で温風乾燥する
  • 暗くした部屋で布団乾燥機にかける
  • 部屋の湿度を60%以下にする

では次に、上記の3つの方法について詳しくご案内します。

コインランドリーの乾燥機で温風乾燥する

コインランドリーには乾燥用のドラムがあり、その大きい方のドラムを使えば布団を乾燥させることができます。温風乾燥と自然乾燥のいずれかを選択する場合には、温風乾燥を選んでください。布団干しの場合と異なり、コインランドリーの乾燥機は布団の表面から内側まで熱が行き渡るため、確実に生きているダニを布団から駆除することができます。乾燥させた布団には1分間掃除機がけを行い、ダニの死骸を取り除いておきましょう。

暗くした部屋で布団乾燥機にかける

ご自宅で布団乾燥機を使うとき、部屋は明るいままですか?部屋を暗くすると、ダニが布団の表面に出てくるために、ダニの駆除がしやすくなります。その布団の上に布団乾燥機のマットを置き、最後に上から掛け布団をかけて中の熱を逃さないようにしてから布団乾燥機をかけてください。コインランドリーのときと同様に、乾燥後の布団に掃除機をかけるのを忘れないようにしましょう。

部屋の湿度を60%以下にする

ダニは室温25℃、湿度70%~75%の環境で最も繁殖します。特に夏場は室温を下げるよりは湿度を下げるほうが効果があるため、湿度計と除湿機を部屋に置き、部屋の湿度が常に60%以下になるようにしましょう。

HITACHI ふとん乾燥機 HFK-SD10-P HFK-SD10-P
日立
売り上げランキング: 424

まとめ:布団からダニを駆除するにはこまめなお手入れが必要です

本記事では、アレルギーの原因となるダニの種類やぜんそくとの関係性、ダニの死骸や糞を取り除く方法、そして生きているダニを布団から駆除するための3つの方法をご案内してきました。もう一度その3つの方法をおさらいしましょう。

  • コインランドリーの乾燥機で温風乾燥する
  • 暗くした部屋で布団乾燥機にかける
  • 部屋の湿度を60%以下にする

私たち人間が絶えず髪の毛や垢といったダニのエサとなるものを落としている上に、気密性の高い現代の住宅で暮らしているとくれば、ダニの生息しやすい条件が揃っているとも言えます。不衛生なだけではなく、湿しんやぜんそくの原因となるダニが最も多く繁殖し、また最も私たちに影響を与えるのは寝具です。この寝具をこまめにお手入れしてダニを徹底的に取り除くことで、快適で安心して眠りにつくことができる環境を手に入れたいものですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。