天日干しではダニは死にません!何とかしたい布団のダニ対策

広告ロゴ
雲

 

布団のダニって怖いです。ダニは小さくて見えないですが、布団の中には1㎡あたり10万匹潜んでいるとも言えます。そんなダニはアレルギーのもと。最近増えているアトピーには最大の敵とも言えます。

こちらでは、布団のダニ対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

ダニと布団

ダニの生育条件

見て

家にいるダニの80%を占め、主なダニアレルギーの原因となっているのはチリダニです。このチリダニが生育・繁殖する条件は、気温25~30℃、湿度60~80%と言われています。日本においては、気温・湿度ともに急上昇する梅雨のシーズンにダニが一斉に繁殖。その後、秋から冬にかけてダニの死がい・フンが増加していきます。 さらに、地球温暖化の影響や機密性の高い建築様式、生活スタイルの西洋化などにより、非常にダニの生育しやすい環境になっています。

布団はダニの巣

人は寝ている間にコップ一杯の汗をかきます。汗をかくと下着や衣類は洗濯しますが、布団は毎日洗濯しません。しかし人の体温と適当な湿り気はダニやカビの繁殖を促します。ふとんには人のアカやフケを好むチリダニ科のダニや、湿気で発生するカビを餌にするホコリダニ科のダニが繁殖しやすいそう。また、ダニは繁殖の為に隠れられる場所を好むので、布団はダニにとって格好の隠れ家と言えます。

ダニの影響

布団のダニを放っておくと、病気になります。アレルギーの原因としては、スギ花粉、ハウスダスト、卵や牛乳などが思い浮かびますが、実はアレルギー原因のトップは「ダニ」であることがわかっています。ダニは、生きているダニだけではなく、死がいやフンもアレルギーの原因となります。ただ殺すだけではなく、本格的な対策が必要となるのです。特に布団の中ですごす時間の長い赤ちゃんや寝たきりのお年寄りには気を付けてあげないといけません。

天日干しの効果

真夏日に布団を天日干しすると、布団の表面は50度近くになります。しかしダニは表面から裏側へと逃げていくだけで、死滅することはないそう。とは言え、ダニは湿度50%以下では繁殖できません。天日干しで湿度が低くなるので、ダニの増殖を防ぐことができるのです。

布団のダニ退治

布団のお手入れ

布団カバーとシーツは必ず使う
布団の汚れを防ぐためにも、布団カバー、シーツを使いましょう。汚れ防止になるだけでなく汗を吸い取ってくれます。清潔に保つうえで最も大事なところです。また、布団が傷みにくくなり長持ちにつながります。カバーとシーツの素材は、吸湿性が高い綿製品がオススメです。

週1回は洗濯を
カバー、シーツは週に1回は洗いましょう。ほかの衣類と一緒ではなく、カバーとシーツだけで洗うのがポイントです。洗剤や水が十分に行き渡りやすいので、汚れだけでなく、付着したダニやダニの糞などのアレルゲンを洗い流す効果も期待できます。また、柔軟剤を使いすぎると、繊維の吸湿性、吸水性が劣ってしまうこともあります。柔軟剤は適量を守るようにしましょう。

干す時間帯
干す時間帯は、天気の良い日の10時~2時くらいが最適です。3時を過ぎると布団も湿気てしまいます。ひっくり返して両面干しましょう。両面掛け布団は片面1時間ずつで計2時間、敷布団は片面2時間ずつ、計4時間程度干すのが理想です。週1回は干したいものです。布団が干せない場合は、布団乾燥機を利用しましょう。

干した布団をたたかない
干した布団は、布団叩きなどで叩かないでください。羽毛や羊毛布団は側生地が傷んでしまいますし、綿の布団の場合も、中綿がちぎれてしまいます。 また、ダニの死骸が中に潜り込んでしまう原因になります。

掃除機をかけてダニ退治
布団を干すだけでは不十分。ダニを退治するには、布団干しの後や、乾燥機で乾かした後に掃除機をかけてダニの死骸や糞を吸い取るのが有効です。布団のダニ退治専用の掃除機ノズルや、布団用の掃除機も販売されているので、利用しましょう。

布団のダニを完全に退治するには

ダニは洗濯して天日干し、掃除機で吸い取るとフルコースでお手入れしても完全には死滅させることができないそうです。結局は熱でやっつけるしかないそう。それには布団乾燥機を使うのがベストです。もしくは、コインランドリーの高温乾燥機を使えば、確実に退治させることができます。

布団乾燥機の選び方

布団乾燥機は以下のポイントにこだわって選びましょう。やはり旧式よりニューモデルの方が乾燥時間も早く、電気代にも違いが出てくるようです。マットの大きさも実はポイントで、今一番人気のものはマット、ホースがないタイプ。その分3倍の値段になります。また、洗濯物や靴の乾燥機能付きだと値段に反映されます。お財布と必要な機能を相談して選びましょう。

  • 電気代
  • ホースの長さ
  • マットの大きさ
  • 乾燥時間
  • 扱える布団の種類
  • 洗濯物乾燥機能

まとめ:布団のダニ対策をしよう

布団の中には大量のダニがいます。ダニはアレルギーの原因になり、健康を害します。おさらいしておきましょう。

効果的なダニ対策

  • カバー、シーツをまめに洗濯する
  • 布団を天日干しする
  • 布団乾燥機を使う
  • 布団に掃除機をかける

シーズン終わりにはクリーニングもおススメです。この記事を参考に、清潔な布団で良い睡眠を手に入れてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。