布団はダニの棲家!?ジメジメ梅雨の前に防ダニ対策を!

広告ロゴ
雨

まもなくやってくる梅雨。この時期はダニの繁殖期でもあることをご存知ですか? ジメジメが大好きなダニは、布団をはじめ、家のいたるところに存在しています。 家の中にいるダニの9割は0・3ミリほどのチリダニで、人を刺すことはありませんが、アレルギー症状の原因になります。

そこで今回は、梅雨直前、ダニを徹底排除する方法をご紹介。今年の梅雨はジメジメにもダニにも負けず、快適に過ごしましょう!

スポンサーリンク

家の中はダニだらけ!?

驚く

ジメジメが大好きなダニ。梅雨時期は産卵期でもあるため、家のいたるところに卵を産むとされています。では、家のどんなところにダニは潜んでいるのでしょう。そして気になるその数は? 家の中のダニワースト3は以下の通りです。

  • 布団(1㎡あたり)…10万匹
  • カーペット…2000匹
  • ソファ…1300匹

さらに卵がふ化する秋には300倍の数になっていくのです…。
こんな恐ろしい数字を見てしまった以上、今すぐダニ退治をしないわけにはいきませんよね。では、具体的な対策をみていきましょう。

ダニは人間が出す老廃物が大好き!

布団をはじめ、寝具類にダニが多いその理由は、ダニは人間から出るフケや垢などの老廃物が大好物だからです。そのため、布団の中でもフケや垢がたまりやすい頭の部分と足に近い部分にダニは多く居ついています。

まず、すべき対策は、こまめな洗濯です。布団だけでなく、枕カバーやシーツなどにもダニはいます。シーツ類は最低でも1週間に1度は洗濯をすることがダニ退治につながります。ダニ退治の基本は、なにより清潔を保つことが大切なのです。

また、なるべく殺虫剤は使わずにダニ退治をしましょう。殺ダニ剤の効き目が強ければ強いほど毒性も高くなります。基本的には殺ダニ剤を使わずにダニ対策を練ることをおすすめします。

布団のダニ対策は天日干しが基本

シーツや枕カバーのように簡単には洗えない布団。ダニ対策はよく晴れた日に天日干しをするのが基本です。時間は午前10時から午後3時くらいのなるべく湿度が低い時間帯に行いましょう。

布団を干した時、ついやってしまう布団たたきですが、実はこれはNG。叩くことでダニの死骸や糞を室内で飛びやすい状態にしてしまうのです。飛び散ったこれらはアレルギーの原因になってしまうため、布団は叩かず、ダニは掃除機で吸い取るのがベターです。

取り込んだ布団は、すぐにしまわず、部屋に放置し、冷えてから押入れに入れましょう。暖かいままをすぐにしまうと、ダニが繁殖しやすくなってしまいます。

効果的な掃除機のかけ方

布団ダニの退治で有効なのは掃除機です。天日干しした日以外でも、普段から掃除機をかけることでダニを効果的に退治することができます。掃除機で1㎡当たり約30秒間、タテとヨコにゆっくりと丁寧にかけていきます。裏側も同様にかけることをお忘れなく。ダニの大半は布団の中にいるので多くは吸い込めませんが、アレルギーの原因になるのはフンと死骸は吸い込むことができます。

敷布団に掃除機をかける場合は、ダニの大好物である髪の毛やフケが落ちている、頭の部分から50cmの範囲までを入念にかけましょう。掃除機には、布団専用のアタッチメントが付いている製品もあるので、それらを利用すると便利です。最近では布団専用のクリーナーも販売され、ヒット商品となっています。

布団の中に潜むダニは布団乾燥機で撃退!

布団の中に潜むダニを退治するには、布団乾燥機がおすすめです。ダニは50度の温度で死滅するため、高温で湿気を飛ばす乾燥機が有効というわけです。ただし、温風が届かない四隅にダニが逃げこんでしまう可能性もあります。全体に熱を行き渡らせるよう注意しましょう。

布団の中には、ダニの虫体以外にもダニが出した糞や人間が出した汚れがたくさんたまっています。これを改善する一番のダニ退治方法は、布団を丸洗いすることです。こうすることでダニはもとより、ダニの餌となる人間のフケや垢も除去できますから、ダニの繁殖も抑えることができます。

布団に多い、汗に含まれる汚れは水溶性なので、水で洗うときれいになります。敷布団は2年に1回、掛け布団は3年に1回ぐらいの割合で専門業者に水洗いしてもらうと、清潔な状態で使用することができます。

まとめ:ダニは清潔が大っ嫌い! 寝具もこまめに洗濯を

いかがでしたか?こうしてみると、清潔を保つことでダニは退治できることがわかりますね。また、ベッド場合、マットレスにダニが居つくことが多いため、マットは通気性の良いものを選びましょう。毎日、押入れに布団をしまう人は、布団が湿気を放出してからしまうようにしましょう。起きてすぐにしまうと、寝ている間に布団が吸い込んだ湿気が押入れにこもってしまい、ダニの繁殖の原因になります。少し面倒ではありますが、見えない敵を倒すため。しっかり布団を管理しましょう!

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。