不眠症の薬の副作用と正しい利用方法を理解するための4つのポイント

笑顔

不眠症の薬の副作用と正しい利用方法を理解することは、あなたの睡眠の質を改善する上で非常に重要なことです。

不眠症の薬には、睡眠薬と睡眠改善薬がありますが、それぞれ過った利用方法を続けていると、日中の異常な眠気や、より不眠症の症状を悪化させるなど、強い副作用が働く場合があります。

そのため、不眠症の薬を利用する際には、正しい利用方法について理解し、また不眠症の薬を利用する前に、睡眠の質を改善したり、サプリメントの利用を検討してみることが大切になります。

そこで、本記事では、不眠症の薬の副作用と正しい利用方法についてご紹介していきます。是非不眠症の症状で悩んでいる方や、不眠症の薬の利用を検討している方は、本記事を参考にして頂き、不眠症の改善方法を理解していって下さい。

スポンサーリンク

不眠症の薬の危険性とは?

不眠症の薬には、医師から処方される「睡眠薬」と、市販で購入することのできる「睡眠改善薬」の2種類があります。

それぞれ、睡眠に働く仕組みが異なり、間違った利用をすることで生じる副作用も異なります。不眠症の薬の危険性について理解するためには、この2種類の不眠症の薬の副作用について理解することが大切です。

では、次の項でそれぞれの不眠症の薬の副作用について見ていきましょう。

睡眠薬の副作用

現在の睡眠薬は、「精神安定剤の睡眠作用の効果を強めた薬」です。

現在は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬というものが主流になっており、これは従来の睡眠薬と比較して副作用の症状を軽減するように開発されたものです。

しかし、依然として副作用の症状はあることに変わりはないため、利用する際には十分に注意することが必要になります。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用には、次のものがあります。

  • 持越効果:睡眠薬の催眠作用が翌日まで持越される。日中においても、異常な眠気や脱力感、めまい、頭重、倦怠感などの症状が続く。
  • 記憶障害:睡眠薬を服用した直後の記憶がなくなる場合がある。特に、指示された異常の用量を摂取した場合や、アルコールを一緒に摂取した場合に症状がひどくなる
  • 筋弛緩作用:睡眠薬の作用によって全身の力が抜け、その状態が起きている時にもおこる場合がある。足の踏ん張りや支えがきかず、夜中や早朝の転倒の原因になることがある。
  • 依存症:睡眠薬の成分に対する抗体が体の中におき、効果を得るためにより多くの摂取量が必要となってくる。摂取量が多くなる程、体が睡眠薬に依存していき、辞めることが困難になってくる

睡眠薬は、始め方もそうですが、止め方も非常に重要です。急に摂取を止めてしまうと、
反跳性不眠という離断症状が出て、よりひどい不眠症状に悩まされてしまうことになります。

また、妊婦の方や授乳期間中にある女性は、子供にも影響を与える危険性があるため、期間中の睡眠薬の服用は避けることが必要です。

睡眠改善薬の副作用

睡眠改善薬は、「睡眠を根本的に改善する薬ではありません。

市販で販売されている睡眠改善薬は、風邪薬などの抗ヒスタミン薬の催眠作用を利用して眠気を促しています。そのため、眠りにつくことはできますが、深くて質の高い睡眠をとるための補助はしてくれません。

また、睡眠改善薬は長期的服用を考慮して開発されたものではないため、継続的に利用した場合、次のような副作用が生じる場合があります。

  • 些細なことでカッとしやすくなる
  • 日中に異常な眠気が襲ってくる
  • 夢を見ている時間が多くなる:眠りが浅くなるため
  • 起床時の頭痛を引き起こす:眠りが浅く、質の高い睡眠がとれていないため

睡眠改善薬を利用する際には、上記のような副作用を生じさせないためにも、長期的及び継続的な利用を避けることが大切です。

不眠症の薬の正しい利用方法

不眠症の薬を利用する際には、「正しい利用方法を理解し、健康に影響を与えない範囲での服用に留めること」が重要になります。

また、副作用の可能性のある不眠症の薬を利用する前に、「睡眠の質を上げること」や、「眠りに効くサプリメントの利用」を検討してみることも大切です。

以下で、それぞれの項目について見ていきましょう。

不眠症の薬その1:睡眠薬の正しい利用方法

ベンゾジアゼピン系睡眠薬を正しく利用するためには、「睡眠薬の効果時間を理解し、医師から指示してもらった用法用量を必ず守って服用すること」が重要です。

不眠症の薬としての睡眠薬には、主に次の3つの効果があります。

  • 催眠作用:脳の睡眠中枢の働きが強まり、自然な眠気がおこる
  • 筋弛緩作用:全身の骨格筋が弛緩状態となり、リラックスした状態になる
  • 抗不安作用:心身の緊張状態を解きほぐすことで、ストレスや不安から解放される

そのため、利用する際には次の点を遵守することが大切です。

  • 内服する時間を守る:睡眠薬は種類によって効果が持続する時間が異なる。そのため、内服する時間を間違えると翌日まで効果が持越される場合がある
  • 睡眠薬の服用期間中は車の運転はしない:睡眠薬の副作用として、日中に急な眠気に襲われることがある。その際に車の運転をしていると事故が起きる可能性がある。
  • 速効性のある睡眠薬は寝室でとる:速効性の睡眠薬は、内服後すぐに急激な眠気や、記憶障害が生じる場合がある。そのため、寝室で後は寝るだけという状態にして内服することが必要。
  • 夜中や朝に起床した時、立ち上がる時に転倒に気をつける:睡眠薬の筋弛緩作用によって、足のふんばりが効かずに転倒する場合がある。

また、睡眠薬の種類と効果時間については、次の通りです。

  • 超短時間作用型(効果時間:3時間程度):
    ハルシオン、アモバン
  • 短時間作用型(効果時間:6時間程度):
    レンドルミン、デパス、リスミー、エバッミール、ロラメット
  • 中時間作用型(効果時間:12時間程度):
    ベンザリン、ネルボン、ニトラゼパム、ロヒプノール、ユーロジン、エリミン
  • 長時間作用型(効果時間:24時間以上):
    ソメリン、インスミン

上記の点に注意しながら、睡眠薬を利用する際には、専門の医師に指示をもらいながら、用法用量を必ず守ることが大切です。不眠症などの睡眠障害の治療を行うことのできる病院を探す方法については、睡眠障害や不眠症が疑われる場合の専門の病院の探し方の記事で詳しく紹介しておりますので、是非参考にしてみて下さい。

不眠症の薬その2:睡眠改善薬の正しい利用方法

睡眠改善薬を利用する際には、「どうしても眠れない夜に緊急的に使用するなど、一時的な利用に留めること」が大切です。

睡眠改善薬は、長期的及び継続的利用を前提に開発されておりません。そのため、継続的な利用はより強い副作用が生じる場合があるのです。

また、睡眠改善薬の抗ヒスタミン剤は、他の一般薬にも多く含まれています。抗ヒスタミン剤と睡眠改善薬を合わせて飲むと、「作用増強」となり、強い副作用が生じる場合があるため、注意が必要です。

抗ヒスタミン剤を含む一般薬には、次のものがあります。

  • 風邪薬
  • 鼻炎薬
  • 乗り物酔い薬
  • アレルギー用薬
  • 解熱鎮痛薬

上記の薬と併用しないように気をつけながら、睡眠改善薬はどうしても眠れない夜の緊急用に利用することが大切です。

不眠症の薬を利用する前に1:睡眠の質を上げる

不眠症の薬には、副作用の危険性があります。そのため、不眠症の薬を利用する前に、まず「睡眠の質を上げる工夫を行い、自然に睡眠が取れるようにすること」が大切です。

質の高い睡眠をとるためには、次の行動を実践することが必要です。

  • 就寝前にリラックスしてウトウトとした状態になる
  • 睡眠中に熟睡を維持できるように、睡眠環境を整えておく
  • 体内リズムを整え、夜の時間に自然な眠気を促す
  • あなたに必要な睡眠時間を把握する

上記の行動を実践することで、あなたは質の高い睡眠を得られるようになります。具体的な方法については、睡眠の質を劇的に改善するための誰でも実行できる4つのステップの記事にて詳しく紹介しておりますので是非参考にしてみて下さい。

また、上記の方法を実践しても、不眠症の症状が改善されない場合には、眠りに効くサプリメントの利用を検討してみましょう。

不眠症の薬を利用する前に2:サプリメントを利用する

眠りに効くサプリメントを利用することで、「副作用の心配なく、眠りに効果的な成分を得ること」ができます。

眠りに効くサプリメントには、精神的な不安を解消するものや、自然な眠気を促すものなど、様々な種類のものがあります。サプリメントを選ぶ際には、あなたの睡眠状態に合っているサプリメントを選ぶことが大切です。

サプリメントの選び方については、あなたの睡眠の質を改善する成分と効果的なサプリメントの選び方の記事で詳しく紹介しておりますので是非参考にしてお選び下さい。

「睡眠の質を上げる工夫を行うこと」と「サプリメントの利用」を実践しても睡眠が改善されない場合に、睡眠薬の利用を検討するようにしましょう。

また、不眠症に薬を利用して改善を試みる場合には、必ず専門の医師にかかり、専門的な指示のものとに用法用量を決めていくことが大切です。

究極の眠れるCD
究極の眠れるCD
posted with amazlet at 13.09.13
メンタル・フィジック・シリーズ
デラ (2002-07-22)
売り上げランキング: 1,292

まとめ:危険性を理解し、正しい方法を守ること

ここまでで、不眠症の薬の副作用と正しい利用方法についてご紹介してきました。最後にもう一度、不眠症の薬を正しく利用するための手順について確認していきましょう。

  • 睡眠の質を改善する工夫を行う
  • 睡眠に効くサプリメントを利用する
  • 単発的な不眠には、睡眠改善薬を緊急的に利用して対応する
  • 継続的な不眠の場合、専門の医師にかかり、用法用量を守りながら睡眠薬を服用する

睡眠薬には副作用があります。そのため、まずは睡眠薬を使用せずに不眠症を改善できるように工夫していきましょう。そして、睡眠薬を利用する際には、副作用について十分に理解し、医師の指示を遵守しながら服用するようにしましょう。

不眠症の症状を改善することで、あなたはより充実した毎日を送ることができるようになります。不眠症に悩まされている方や、夜眠れずに辛い方は、是非本記事をご活用頂き、あなたの不眠症を解決する方法を見つけていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment